最終話

4:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 20:59:33 ID:wCxLOavU0

最終話

6:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:01:21 ID:wCxLOavU0

(メメ# ω )「・・・ぅ・・・ぐ・・・・・・」

( A メ)「・・・・・・っ・・・」

ミミ♯メメ; ωФ彡 「はぁ・・・ がふっ・・・っ!」

8:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:02:20 ID:wCxLOavU0

ミミ♯メメ; ωФ彡「はぁ・・・ はぁ・・・・・・」

ミミメメ;ФωФ彡「ふ・・・ ふはは・・・」

ミミメメ;ФωФ彡「ふははは・・・!」

ミミメメ;ФωФ彡「勝った・・・勝ったぞ・・・!」

(メメ# ω )

( A メ)

9:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:03:11 ID:wCxLOavU0

ミミメメ;ФωФ彡「お前達は、よくやった。敬意を表する・・・」

ミミメメ;ФωФ彡「よもやニンゲンの身でありながら、我をここまで追いつめるとは・・・」

ミミメメ;ФωФ彡「ここまで我の力に近づいたのは、ロトの勇者をも超えて、貴様らが初めてであろう」

ミミメメ;ФωФ彡「素直に驚嘆に値する・・・! ・・・・・・だが!!」

(メメ# ω )

( A メ)

11:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:04:32 ID:wCxLOavU0

ミミメメ;ФωФ彡「もう貴様等には、反撃をする力は残っていまい・・・そして・・・」

ミミメメ;ФωФ彡「最後に立っているのは、竜王・・・!この戦いに勝利したのは・・・我!!」

ミミメメ;ФωФ彡  「        この竜王である・・・・・・!!!!        」

(メメ# ω )

( A メ)

12:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:05:47 ID:wCxLOavU0

ブーン達は、もてる限りのすべてを尽くした。

困憊しきったその身を、動かす事すらままならない。

悔恨の涙すら、沸き起こる程の余力もなかった。

竜王を倒す牙は、失われた。

13:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:07:05 ID:wCxLOavU0

それでも、出来る事がある。 たった一つだけ、出来る事がある。

(メメ# ω )         ( A メ)

それは――――――“ 想う ”事だった。

14:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:08:53 ID:wCxLOavU0

この世界の、平和を想う。

高らかに鳥が歌い、暖かく草木に満ちあふれたこの世界を。

人々が平和への賛美歌のもと、笑顔で暮らしてゆける世界を。

自分の大切が人が、そよ風と陽だまりの中で、安らかに夢をみる世界を。

(メ# ω )

自分たちは、ここまで竜王の力に接近した。
後一歩まで、追いつめることができた。

ならば、自分たちを超える者が現れてもおかしくはない。

( A メ)

最後までアレフガルドの平和を願い続ける事のみが、
死力を尽くしきった今の戦士達に許された、最後の抵抗だった。

16:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:10:31 ID:wCxLOavU0

(メメ ω )

ドクオ

よくやったお

( A メ)

ああ

ブーン おまえもな

18:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:11:37 ID:wCxLOavU0

言葉は交わさない。

そんな力も、残ってはいない。

だが、語らずとも、通じるものが、そこにある。

確かに彼らはいっとき、一心同体だったのだ。

21:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:12:38 ID:wCxLOavU0

伝説を紡ぐ事は、叶わなかった。

自分たちは、 “勇者” にはなれなかった。

竜王を討ち果たせなかった事は、無念だ。

口惜しさで、体が震える程に。

しかし、互いに全力を尽くしきった事だけは、死の際まで誇りにする事ができる。

それだけは、誰にも否定させない。

23:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:13:35 ID:wCxLOavU0

運命(さだめ)で結ばれた彼らは、二人でひとつ。

(メメ ω )                ( A メ)

最期まで、共にあったのだ。

25:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:14:46 ID:wCxLOavU0

ミミメメ;ФωФ彡「もはや、我の傘下に加われなどという無粋な事は言わぬ・・・」

ミミ♯メФωФ彡「我に残る最高の力でもってして、一思いに殺してくれる・・・・・・!」

炎熱の息吹を吹かんと、竜王が、大きく息を吸込む。

( A メ)(・・・・・・くそ・・・)

(メメ ω )(ギコ――――――お前のもとへ・・・いくお・・・・・・)

27:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:15:58 ID:wCxLOavU0

「待てッッ!!!!」

ミミメメ;ФωФ彡「!!?!?」

(‘A;メ)「・・・っっ?!」

(メ;゜ω゜)「・・・・・お・・・・・・」

33:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:17:33 ID:wCxLOavU0

(メ#´∀`)

後方に、一人の男が立っていた。 その男もまた、ボロボロの出で立ちで。 その手に、剣を携えて。

ミミメメ;ФωФ彡「な――――――ば――――――っっ」

ミミメメ;ФωФ彡「き、貴様・・・・・・ッッ」

ミミメメ;ФωФ彡「馬鹿なああああぁッッ・・・・・・!!?」

(‘A;メ)「あ・・・  あれ・・・は・・・!?」

(メ;゜ω゜)(・・・ろ・・・ロトの勇者・・・モナー・・・・・・ ここに来て・・・ そ・・・)

(メ;゜ω゜)「  “蘇生”  ・・・したのか・・・お・・・・・・!!」

37:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:19:16 ID:wCxLOavU0

((メ#´∀`)「竜王・・・! 貴様を・・・! 討つ・・・モナ!!」

ミミメメ;ФωФ彡「ぐううううおおおおおおおおおッッっ!!!?」

ロトの勇者、モナーの再来。

そして、竜王に向かって駆け出し始める。

(‘A;メ)「おお・・・・・・ッ」

(メ#゜ω゜)「モナー・・・・・・!!」

掛け替えのない好機が、再び訪れた。

ドクオの目に、光が戻る。

ブーンの体に、血が戻る。

40:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:20:49 ID:wCxLOavU0

((メ# ∀ )「ぐっ・・・・・・!!」フラ

しかし、勇者もまた満身創痍だった。

駆けながらとっさに緩み、一瞬の隙が生じる。

ミミメメ;ФωФ彡「!!」

ミミメメ;ФωФ彡「今・・・!! ゴハアアアア――――――!!」

(‘A;メ)「あ・・・ 危・・・ない!!」

(メ#゜ω゜)「!・・・くおぉ――――――」

モナーの間隙をついて、竜王が炎熱の息吹を吐こうとする――――――!!

43:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:22:06 ID:wCxLOavU0

( A#メ)「く・・・・・・」

( A#メ) 《――――――くおおおおおッッ、ギラアアアアアアアアアアッッ》

ドクオは、最後の力を振り絞り、呪文を唱えた。

((ミミ♯メメ;::::: ωФ彡)) 「ぐぅ・・・!!?」 ズズン!!

魔法の光熱が、竜王の意識を削ぐ。

46:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:23:27 ID:wCxLOavU0

(メ#゜ω゜)「おおぉ――――――」

((メ#゜ω゜)づ 「おおおおおおおあああああああああああおッッ!!」

ブーンが、砕けた剣の破片を、渾身の力で投擲(とうてき)する。

ミミ♯メメ;Фω+彡))),, 「グウウゥウウウゥッッ!?」 ドカッ!!

それが、竜王の眼に突き刺さり、隙をつくる。

47:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:24:31 ID:wCxLOavU0

(メ#´∀`) 「今モナ!!」

ミミ♯メメФωФ彡「グギャゴオオアアアアアアアアアアアアアアア!!」

モナーは、跳ぶ。

そして、竜王目掛けて、剣を振り下ろした。

それは、先にブーン達が与えた傷を、上書きするかのように。

49:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:25:17 ID:wCxLOavU0

50:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:26:36 ID:wCxLOavU0

/ ,’ 3 「やぁ、ナベさん、こんにちは。仕事はどうかね」

从’ー’从「あ、あらまきさん、こんにちわ!これから、お洗濯なんでお水を組んでくるんです」

从’ー’从「ふえぇ、お洗濯お洗濯・・・」

/ ,’ 3   「!!」  从’ー’从

从’ー’从「あ――――――」

从’ー’从「あ・・・あらまきさ・・・・・・」

/ ,’ 3 「こ・・・」

/ ,’ 3 「・・・・・・これは・・・!?」

52:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:27:21 ID:wCxLOavU0

(´・ω・`)「はい、次の方。診察室へどうぞ」

看護婦「せ・・・せんせい・・・・・・」

(´・ω・`)「・・・? 次の方?」

看護婦「先生・・・外を・・・・・・!!」

(´・ω・`)「いったい、どうしたって・・・

(´・ω・`)

(´・ω・`)「これは――――――」

53:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:28:15 ID:wCxLOavU0

( ´_ゝ`)「なぁ・・・オトジャ」

(´<_` )「ああ・・・」

( ´_ゝ`)「いつぶりだろうな・・・こんな空は」

(´<_` )「ああ・・・本当に・・・いつぶりかな・・・」

( ´_ゝ`)「もしかして・・・もしかしたら・・・」

( ´_ゝ`)「あいつらが・・・やってくれたのかな」

(´<_` )「・・・・・・」

( ´_ゝ`)

(´<_` )

54:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:29:08 ID:wCxLOavU0

( 、 トソン

( 、 トソン 「ごほっ、コホ・・・」

(゚、゚トソン

寝床に付した老人が、窓辺に視線を投げる。

(゚、゚トソン

(゚、゚トソン

( 、 トソン ス…

(-、-トソン

55:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:29:50 ID:wCxLOavU0

(*゚∀゚)「お・・・おかあさん!おかああさああん!!」

(#゚;;-゚)「つー、どうしたの?」

(*゚∀゚)「そ、外をみて! 外にきてよっ!!」

(#゚;;-゚)「え・・・?」

(#゚;;-゚)「あ・・・」

(#゚;;-゚)「この感じ・・・まさか・・・・・・?」

(*゚∀゚) 「すごいすごい!お空がこんなに・・・・・・!」

(*゚∀゚) 「――――――ドクオお師匠・・・・・・!!」

56:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:30:39 ID:wCxLOavU0

ξ゚⊿゚)ξ「!!」

ローラ姫の付けている片割れのブローチが、輝きを失なってゆく。

ξ゚⊿゚)ξ「これは――――――」

「お、王様!!あれを・・・!?」

( ;´W`)「おお・・・こ、これは・・・!?」

( ;´W`)「ローラ、来なさい! 外を、空をみるのじゃ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン――――――・・・・・・!!」

58:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:31:31 ID:wCxLOavU0

(´・_ゝ・`)「あ・・・・・・」

*(‘‘)*「すごい、すごい!!なにこれ、なにこれー!!?」

*(‘‘)*「ハインおねえちゃん、外きてきてー!!」

(´・_ゝ・`)

(´;_ゝ;`) ポロッ

(´;_ゝ;`) ボロボロ…

(´;_ゝ;`)「あ――――――か・・・神・・・様・・・」

60:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:32:20 ID:wCxLOavU0

*(‘‘)*「ほらはやくはやく!!」

从 ゚∀从「なんだいなんだい、いったいどうしたってんだい・・・・・・」

从 ゚∀从「あ・・・」

从 ゚∀从

从 ゚∀从  「ブーン――――――」

62:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:33:11 ID:wCxLOavU0

63:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:34:17 ID:wCxLOavU0

ミミメメ ω 彡

竜王は、倒れた。 ロトの勇者、モナーの剣の前に。

65:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:35:27 ID:wCxLOavU0

(メ;´∀`)「や・・・やった・・・」

(メ;´∀`)「やった・・・ついにやったモナ!!」

(メメ^ω^)

(‘A`メ)

(メ;´∀`)「ついに竜王を・・・・・・竜王を、倒したんだモナ!!」

(メメ^ω^)

(‘A`メ)

(メ*´∀`)「君たちのおかげだモナ!!君たちが先に竜王を・・・・・・」

(メ ´∀`)「――――――ハッ!!?」

69:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:37:03 ID:wCxLOavU0

(メ;´∀`)「こ、この二人――――――・・・・・・!!」

(メメ^ω^)

(‘A`メ)

(メ;´∀`) 「    死んでいる・・・モナ・・・・・・!!    」

(メメ^ω^)

(‘A`メ)

73:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:37:58 ID:wCxLOavU0

(メメ^ω^)                (‘A`メ)

76:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:38:52 ID:wCxLOavU0

ゴゴゴゴゴゴゴ――――――。

(((メ;´∀`))「!! いかんモナ・・・」

(((メ;´∀`))「本格的な、城の崩壊が始まる・・・・・・!!」

(((メメ^ω^))

(((‘A`メ))

(((メ;´∀`)) (・・・・・・!!)

82:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:40:26 ID:wCxLOavU0

モナーは、かろうじて竜王の城から脱出した。

そして城から距離をとった断崖に佇む。

城が半壊していく様子と、空を眺めながら。

いつまでも、いつまでも。

いつまでも、見続けていた。

84:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 21:41:19 ID:wCxLOavU0

: |:
j_ 人l、
!i j、ノ¨{⌒}|:: 。
。: /^’| ̄ト=イト、j、!!i
, :/{ニ7丁 ̄入仁!:.,,!i
。: ト}人{⌒}TT{⌒}j个:、,ii
rイΛ:八_ノl冂lゝノ:{::!:{Λ。
!i。/:/’:/:::丿/て(工{:ヾ\::`ヽ、
….._       i/ノ::´ノ/:ノ:丿}`つ):ハヾ`ヽ、_\- ‐- …___
:. :..` ⌒ヽ…_::_”´ ””´`⌒:⌒゙ ”= ‐-((,,..=”⌒::⌒ ´ ゙̄”::ー – 、… _ ̄
、 :: :: :. :. .゙:. : ..`⌒::ー ‐ ‐- - -=ニ´ -‐_,,.. -‐ = ニ ”:: ー- 、… __ ⌒
: `::ー =ニ..⌒ ‐、_::- -..ニ ⌒゙”::ー =、::” ⌒:)`ヽ -ー ””  ̄..⌒゙ ヽ、_ __
::.::.::.:.. :: : ヽ ‐:、 )…,. -=、’:⌒ー:、く(´ ::.  ‘ …. )::ニ ⌒ヽ_,,. – ‐‐::‐-
.:”⌒丶、 ::_ ,,…、ー 、’ .:  :.‐=、 …..`ヾ、…. .: .:`⌒::ー 、´      _ ….. __
::.:.:.:. : : ’,_ :.:. ` 、 `ヽ   ,. ‘:´ ’`ヽ’´:. :`ヽ   :  ’; .._´`:⌒´__……. _ `
`:, ::.:. : .  丶. _ : ; .: .: .: . :   : :. :’ ⌒、ヽ’:´::.‐ =‐‐ – 、丶. “´ .: ∧_∧ :: __….
::. 丶; :.:. : .   ´ 丶ー- 、 ー 、.. -‐:: =、( く .: .:. _ … __ : : 丶    (     ) ´ _,,…
::.:.  ゙:, :.:.:. :. : . . .. .. `丶 `丶..__ :`丶).:’´ : , :’ ⌒ ヽ :. ;;;  (:{::!爻:!:{) ::”´ . : : : .. ..
::,,..=、’:ー:、.. ::.:.:. :. .. .    … :: .. .:丶  ⌒:.”´.:,.. =  ..:.:`” ‐ ノ::::::│:::::ノ  r、――‐
::.  ::.:.:.:ヽ;._ `ヽ―–、__ ‘”´:::.:: . // .: .:  .:.:.´    ::.: __,. ― 7(_)_) \゙r― ‐
::.:.  ::.:. .. `”:…_`丶、.._  ̄’¬‐–‘′.:.: .::   :: ,. -_ァ”´ /  r’
:::.:.:.:..:…::.:. :..  ::. `´  ::`…: .: :.:`丶.: .:._,,. ‐”フ'”´r”――l´

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。