第2話


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:13:34.80 ID:SIsG4nrx0

第2話

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:15:35.38 ID:SIsG4nrx0

(ノ^ω^),, バシャバシャ・・

(;;^ω^)「っぷぁ!気持ちいいお!」

ブーンは、川のほとりで肌を洗っていた。

ここは、ガライの町近くの、森。
そこで水を浴びていた。

清新な空気が、ひやりと顔に心地よかった。

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:18:41.16 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「ここんとこずっと汗かきっぱなしだったからお」

( ^ω^)「それに、返り血や、自分の血も・・・うげぇ」

( ^ω^)「スッキリするお」

冷たい川の水で喉を潤す。
水筒にも汲み、充分に補充した。

もちろん、水浴びしている時でも、注意が散漫にならないよう気をつける。
常に、手を伸ばせば届く距離に武器をおく。

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:21:08.79 ID:SIsG4nrx0

ブーンはガライの町を目指している。
もう、明日か明後日には到着できるだろう。

水浴びで汗や血を洗い流した後、食料を探す事にした。

もうラダトームで買った携帯食料は、尽きていた。
これからガライに着くまでは、野生のものを獲るしかない。

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:24:07.33 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「はらへったお・・・」

( ^ω^)「野ウサギでもいれば、ご馳走になるんだけどなぁ」

ウサギ ピョコ

( ^ω^)「!!」

(*^ω^)「っとぉ、言ってるそばから!!こぉれはラッキーだお!!」

( ^ω^)「捕まえるお!!」タッ

ウサギ ピョピョン!

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:28:24.74 ID:SIsG4nrx0

( ;^ω^)「はぁはぁ、まてお。すばしこい元気な奴だお!」

ウサギ ピョンピョンピョピョン

( ^ω^)「はぁはぁ、 ・・・お?」ガサッ

少し開けた場所に出た。
するとそこには。

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:30:55.47 ID:SIsG4nrx0

(;’A`)「・・・ち・・・」

ゴースト「フォオオオ」

( ^ω^)(あ・・・あれ、は・・・?)

いつか見た、黒いローブをまとった青年だった。
どうやら、数体の魔物に取り囲まれているようだ。

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:33:27.08 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「おい、大丈夫かお!?」

(‘A`)「! アンタは・・・」

( ^ω^)「助太刀するおッ!!はぁっ」ダッ

ゴー「フルゥオオ!?」

(♯^ω^)つ「せいっ!!」ザシュッ

ゴー「オオオ・・・」

(‘A`)「むっ」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:36:54.56 ID:SIsG4nrx0

ゴー「オオオオオン」ブワッ

( ;^ω^)「!!」

(‘A`)《・・・ギラッ!》

閃光、爆熱。魔物の体が、炎に包まれる。

ゴー「クワァオオ・・・」

( ^ω^)「おー・・・」

魔物は、全滅した。魔物の死骸は、ブスブスと消滅していった。

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:38:59.94 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「フー・・・」

( ^ω^)「大丈夫かお。といっても、アンタに助太刀は入らなかったかお?」

(‘A`)「いや、俺の魔力も尽きそうになっていた。助かったよ、礼を言う」

( ^ω^)「これで、以前の借りを返したお!」

(‘A`)「ん?借り?初対面じゃ?」

( ;^ω^)「いやいや!何度か会ってるお!2回目は命を救って頂きましたお!」

(‘A`)「なんだったかな・・・忘れたよ」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:41:13.21 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「まぁいいお・・・ それにしても、さっきの術は、いつ見ても凄いお」

(‘A`)「呪文か・・・まあな」

( ^ω^)「呪文・・・以前聞いた事があるけど、よくわからなかったお。あれはなんなんだお?」

(‘A`)「魔法さ。自然界の精霊の力を借りて、神秘の力を発現させる」

( ^ω^)「あんなものがあるなんて、知らなかったお」

(‘A`)「まぁ、そうだろう。基本的には、一般の人間には知られていない秘術だからな」

( ^ω^)「ブーンには、使えないんだおね?」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:43:39.00 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「並の人間がパッパと使える代物じゃない。呪文を唱えて発現させる代償として、
相応の魔力を支払わねばならない。魔力をもたない人間には無理だ」

( ^ω^)「そうらしいお、前も聞いたお。ガッカリだお」

(‘A`)「アンタ、こんなところにそんな格好ってことは、竜王討伐の旅ってことか」

( ^ω^)「そうだお。ドクオもそうだお?」

(‘A`)「あ?ああ・・・俺も・・・って何で俺の名を知ってる?」

( ;^ω^)「だから前会ったときに聞いたんだってば」

(‘A`)「そうか・・・ そうだったな」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:49:13.08 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「それより、何かいい匂いがしないか?」

( ^ω^)「え?   ・・・あっ、ホントだお」

(‘A`)「何か、肉の焼けるような・・・」

( ^ω^)「あっ・・・ これは・・・」

ウサギ ジュー・・・

(*^ω^)「さっきのウサギだお!ドクオの魔法の余波で、一緒に焼けたんだお!」

(‘A`)「ウサギ」

( ^ω^)「このウサギを追って来たら、ドクオのところに来たんだお」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:51:53.05 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「そうか・・・じゃあ、コイツは命の恩人って訳か」

( ^ω^)「恩人ついでに、お腹の恩人にもなってもらうお。調理して、食べようお」

(‘A`)「肉か、久々だ」

二人は、安全そうな場所に陣取り、火をおこす。

ブーンは手慣れた手つきで、ウサギを解体していく。
ナイフで皮をはぎ、肉を捌き、骨を分ける。

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:54:26.72 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「へえ、上手いもんだな」

( ^ω^)「料理をつくるのが得意だったんだお。いつも、山で動物をとっては料理してたお」

(‘A`)「ほぅ」

( ^ω^)「ドクオも旅を続けるなら、こういう技術は必要なんじゃないかお?」

(‘A`)「ああ、そうだな。でも、俺はそういうのは苦手だ」

( ^ω^)「苦手でも、覚えると便利だお」

(‘A`)ノ「いや・・・ほれ」

( ^ω^)「! ・・・それ、その右手・・・義手かお?」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:57:03.08 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「・・・・・・ああ。昔、ちょっとあってな」

( ^ω^)「そうなのかお」

(‘A`)「だから、あまり機敏に手を動かしたりするのは得意じゃないんだ」

( ^ω^)「ふうむ・・・」

ブーンは、肉を鍋に入れ、袋から香草や塩などを取り出し、入れた。
煮え立つ程に、いい香りがする。

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 00:59:24.97 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「ここんとこ、ろくなモン食ってなかったから、嬉しいお」

(‘A`)「俺もだ」

( ^ω^)「・・・そうだお。コレからドクオは、どういう方向に旅をするんだお?」

(‘A`)「うむ。先ずは、俺はマイラの町に用があるんだ。そこへいく」

( ^ω^)「マイラに、何が?」

(‘A`)「ある書を探していてな。それが、おそらくマイラにある。
俺の見立てだと、それが竜王を倒す鍵になるはずだ」

( ^ω^)「そいつぁすげえお!」

(‘A`)「肉、まだ煮えない?」

鍋 グツグツ…

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:02:11.76 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「もうそろそろ、いいお。食えるお」

(‘A`)「あーいいにおい」

(*^ω^)「・・・ほほ!熱っ!うまっ!」ハフッハフハフッ

(‘A`)「これは美味いな。いい味だ。体の芯から温まりそうだ」ズ・・・

( ^ω^)「肉も柔らかいお。ヴァジスの香草入れたのがいいアクセントだお、良かったお」

(‘A`)「おかわり」

久々の良餐に、二人は舌鼓をうった。

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:04:35.37 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「・・・そうだお。ドクオ、これから一緒に旅しないかお?」

(‘A`)「・・・いっしょに?」

( ^ω^)「そうだお!ブーンの足りない部分をドクオが、ドクオが足りない部分をブーンはもってるお!」

( ^ω^)「二人で旅すれば、互いの欠点を補えるお!」

(‘A`)「・・・・・・」ズズー・・・

( ^ω^)「どうだお?ドクオ」

(‘A`)「いや・・・それは遠慮する」

( ^ω^)「・・・お」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:06:59.87 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「おれは、自分の身を守る事で必死だ。これからは、想像を絶する過酷な旅になる」

(‘A`)「他人の命まで、背負えない」ズズー・・・ モグ

( ^ω^)「・・・いや、ふたりでなら危険も

(‘A`)「それに・・・俺の本当の旅の目的は、竜王討伐じゃない。
前にも言ったかもしれんが、竜王を倒すのはあくまでオマケだ」

(‘A`)「世界を救うとか、そんな高尚な目的で旅をしてないんだよ。
だから、おまえみたいに、平和の為に、なんていう奴と一緒にいたら、俺は足手まといになる」

( ^ω^)「・・・目的って、なんだお?」

(‘A`)「・・・・・・会いたい奴がいるんだ」

( ^ω^)「会いたい奴・・・?」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:10:07.43 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「それは・・・どんな人だお?」

(‘A`)「・・・さ、もういいだろ。俺はそろそろいく。飯、ありがとう。美味かったよ」

( ^ω^)「おお・・・」

(‘A`)「また何かの縁で会えればいいな。それじゃあな。ブーンも元気でな」

( ^ω^)「ああ・・・わかったお。ドクオも気をつけてやれお」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:12:55.27 ID:SIsG4nrx0

(‘A`)「・・・ブーン」

( ^ω^)「お」

(‘A`)「死ぬなよ」

( ^ω^)

ドクオは身支度をし、去っていった。

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:15:46.66 ID:SIsG4nrx0

ブーンは、食事の後片付けをした。

ウサギの皮は、捨てずにとっておいた。
旅先で売れるかもしれないし、これをあしらえて防寒具にしてもよい。いくらでも使い道はある。

旅で重要な事は、必要になりそうな物は、なんでも使う事。
それが、生き残る秘訣だ。

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:19:04.20 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「・・・ふぅ・・・」

肉を食べ、英気も養った。

友ができた。歩む道は違えど、二人は仲間になった。

ブーンの旅は、一人である。 しかし、この大地のどこかに、心で繋がる友がいる。

ともすれば押しつぶされそうな孤独の恐怖を、少しだけ和らげる事ができた。

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:24:05.33 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)(ドクオ・・・か)

( ^ω^)(死なせたくない男だお。 彼の旅の成功を、ブーンも祈るお)

空を仰いだ。相変わらず、薄暗い曇天が広がる。

しかし、いつもと違って見えた気がした。

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:25:15.26 ID:SIsG4nrx0

もう少しで、町が見えるはずだ。

もう少しで、町が見えるはずだ。

( ^ω^)

ブーンは、再びガライに歩を進める。

その足取りは、以前より軽く。

to be continue…!!

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 01:26:45.31 ID:SIsG4nrx0
( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV4

こんぼう
かわのふく

新しく登場した敵

なし 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。