第3話

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:29:55.56 ID:SIsG4nrx0

第3話

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:31:37.97 ID:SIsG4nrx0

(*^ω^)

ブーンは、心躍らせていた。

ここは、港町ガライ。
その昔、さすらいの吟遊詩人ガライがこの町を作った事から、その名をガライの町とする。

勇者ロトの子孫を追い、ラダトームからの旅をしてきたブーンは、ようやくこの町に辿り着いた。

道中、死ぬような目に何度も遭遇し、すり減った精神と傷ついた体――――――それを、癒せる。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:32:53.29 ID:SIsG4nrx0

喧噪、活気あふれるその町で、ブーンは一息をつく。

( ^ω^)(人がいるっていいもんだお)

( ^ω^)(今までの旅は、ほとんど一人で、寂しかったんだお)

( ^ω^)(こうやって人々の賑わい、雑踏の中にいると、それだけで安心するお)

ここは比較的小さな町だが、さわやかな潮風が香る。
沿岸にあるこの町は、漁業によって栄え、それなりに活気に満ちていた。
いや、小さい町だからこそ、今まで竜王軍によって侵攻を受けなかったとも言える。

この町で、旅の疲れを取ろう。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:34:37.85 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「・・・さて、まずは何をするかお」

やるべき事はたくさんある。

食料や必要品の補充、買い込み作業。

ロトの勇者の情報の聞き込み。

調子の悪い道具の補修や衣類の洗濯。

怪我の治りを良くするための、消毒や包帯。

装備の充実をはかるなど・・・

しかし。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:36:35.87 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)<グウゥウゥウウ–……

( ^ω^)「あ」

( ^ω^)「・・・・・・」

( ^ω^)「・・・まずは、」

(*^ω^)「飯だお」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:39:03.57 ID:SIsG4nrx0

腹が減っては戦ができぬ。
まずは、先ほどから鳴り止まぬ空腹をどうにかする事にした。

そして、腹を満たしたら、寝よう。
宿屋で思い切り爆睡しよう。

旅の疲れを、癒すのだ。

ブーンはふらりと歩き、良さそうな食堂を探す。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:40:50.70 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「むむむ・・・ このお店から、とっても良い匂いがするお!」

これといった店をみつけ、入る。

『磯料理、タカオカ亭』

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:42:39.79 ID:SIsG4nrx0

港町であるこの町は、漁業が盛んな事で有名だ。
さぞかし美味い、磯の名物料理のある事だろう。

金はある。ラダトームで支給された支度金、
それに先ほど、旅の中で手に入れた品々を、いくらか金に換えていた。

モンスターや動物に襲われても、その死骸から使えそうな物をはぎ取り
それを有用に活用するのも、旅では重要な方法だ。

( ^ω^)「ごめんくださいお」

从 ゚∀从「いらっしゃい」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:44:43.13 ID:SIsG4nrx0

店内は、寂しい外装とはうって変わって、華やかな印象を受ける。
砂の入った瓶、壁は色をつけた貝殻で装飾されている。
カウンターに、珊瑚が飾ってあった。

時間が飯時を外しているせいか、客は少なかった。
というより、入って来たブーン一人だけだった。

( ^ω^)「まずは、このお店で、一番オススメのものをおねがいしますお!
あ!いや、もう一皿、違うものを」

从 ゚∀从「あいよーわかったぃ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:48:22.54 ID:SIsG4nrx0

女主人か。見た目はかなり若く見えた。
みずみずしく豊満で、健康的な体つきに、すこし目を奪われた。

主人は、料理をつくりはじめた。

( ^ω^)「・・・ふー やっとまともな食事ができるお」

从 ゚∀从「にいさん、旅人かい?この辺じゃあ、見ない顔だねぇ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:50:17.47 ID:SIsG4nrx0

女主人が、具材を刻みながら話しかける。
トントンサクサクと、小気味良い音が響く。

( ^ω^)「そうだお。ラダトームからきましたお」

从 ゚∀从「へえ、ラダトームねぇ。あすこは、大きい都なんだろう。一度、いってみたいねぇ」

( ^ω^)「規模は大きいですお。人も多いし。でも、人口密度で言えば、この町の方が」

从 ゚∀从「ふぅん」

( ^ω^)「確かに大きいけど、ラダトームの人間はいつも暗い顔をしているお。
魔物の襲撃に脅かされて・・・ でも、この町の人はみんな、元気で明るいおね」

从 ゚∀从「ははっ、そうだろう。この町の奴らぁ、楽観的で、前向きさ」

从 ゚∀从「なにせ、町の創設者が遊び歩いてた、吟遊詩人なんだ。そういう気風なんだろうねぇ」

( ^ω^)「楽しくなる町ですお」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:53:22.09 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「そういやこの間、ラダトームが魔物に襲われたって話を聞いたが ・・・大丈夫だったのかい?」

( ^ω^)「・・・・・・村人の、何人もが死にましたお」

从 ゚∀从「はぁ、そうかぁ・・・お気の毒にな」

从 ゚∀从「ったく、いつになったら世界の景気はよくなるのかねぇー・・・ っと」ジャー

( ^ω^)(・・・・・・)

从 ゚∀从「ほい、できたよ」

ブーンの前に、皿が置かれる。

(*^ω^)「おおっ!これは美味しそうだお!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:56:50.26 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「これは、なんだお?」

从 ゚∀从「蟹と貝の羊乳焼き塩胡椒、それに鱈とニンニクの辛味スープだよ」

ふうわりとした新鮮な磯の香りと、香ばしいニンニクの香りが、食欲をそそる。
ブーンの腹が、またグゥと鳴った。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 19:59:05.71 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「今日は良い鱈が入ったからね。コイツはいけるよ」

(*^ω^)「うっはぁ・・・ いただきますお!」

( ^ω^)「ハフハム!モグ・・・」

( ;゜ω゜)「・・・ぅううううまいおおおお!? こっ・・・これはやめられないとまらないお!」ガツガツ ズルズル

从; ゚∀从「おーおー、すごい勢いで食うな」

(*^ω^)「め、めちゃくちゃ美味しいですお! も、もう一人前違うもの下さいお!」ムシャムシャ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:01:32.21 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「いやぁ、いい食いっぷりだねぇ、よっぽど腹が空いてたんだな」

( ^ω^)「このお店にして、よかったですお!ブーンの目に、いや鼻に狂いはなかったですお!」

从 ゚∀从「そうまでいってくれると嬉しいねえ、腕にヨリをかけた甲斐があるってもんさ。
よっしゃよっしゃ、もう一品、サービスしたるわ」

(*^ω^)「あ、ありがとうございますお!」バクバク

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:03:36.49 ID:SIsG4nrx0

自然の中では味わえない、丁寧に調理された料理。
胃の腑にまで、じんわりと感動がしみ込む。

今まで味気のない木の実や野草ばかりだった。

獣をとって食べた事もあったが、やはり旅の途中。
十分な調味料もないので、味気のある調味などはできない。

ブーンは、久方ぶりの「料理」を、心ゆくまで堪能した。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:11:35.99 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「ふー・・・ 食べたお。 満足だお・・・」

从 ゚∀从「結局、5人前も食べよった・・・ なかなか食うねえアンタ」

( ^ω^)「すばらしい料理でしたお。ラダトームにも、こんなに凄いお店は無いお」

从 ゚∀从「そうだろそうだろ。ウチのは新鮮な材料をたっぷり使ってるんだ。栄養も満点さ!」

从 ゚∀从「なにせ、あのロトの勇者のお墨付きだからな」

( ^ω^)「!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:12:53.45 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「ロトの勇者が・・・ここに立ち寄ったんですかお?」

从 ゚∀从「ああ、そうだよ。しばらくこの店に通ってくれてね」

从 ゚∀从「いい男だったのに・・・ 竜王軍に捕まっちまうなんてねぇ」

( ^ω^)「ロトの勇者が・・・ここへ・・・」

( ^ω^)「そのときの話を、聞かせてくれませんかお?」

从 ゚∀从「へ?ああ、いいよ」

偶然入ったこの店で、ロトの勇者の手がかりを得られたのは、幸運だった。
やはりこの店にして良かったと、ブーンは思った。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:24:21.96 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「4年くらい前かなぁ。
まだ俺のおっかさんが生きてて、一緒にこの店を切り盛りしてた頃にさ」

从 ゚∀从「あのロトの勇者さんがきて、しばらくこの町に留まってたんだ」

从 ゚∀从「で、この店にも馴染んでもらえてね。
5、6日に一回はきて、アンタみたいに思い切り食っていったよ」

( ^ω^)「すると、この町にはかなり滞在してたんだお」

( ^ω^)「いったい、何の為に、この町に・・・?」

从 ゚∀从「なんでも、修行だっていってたな」

( ^ω^)「修行・・・?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:27:41.04 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「この町のかなり南の方に、岩山の洞窟があるんだ。
そこで、勇者さん修行してたんだ。魔物を相手にさ」

从 ゚∀从「そこは、凶悪な魔物で溢れてる。熟練の兵士でも、生きて帰るのは困難さ」

从 ゚∀从「この町と、その岩山の洞窟を往復。しかも、結構なスピードでだよ」

从 ゚∀从「で、その洞窟からボロボロになって帰って来て、」

从 ゚∀从「ウチの店で腹いっぱい食ったら、宿屋に泊まって思い切り寝るんだ」

从 ゚∀从「その繰り返しを、ずっとしてたんだ。すげえよなぁ」

( ^ω^)「・・・・・・」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:28:46.84 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「当時は、その勇者さんが、ロトの勇者だって話は誰も信じなくてさ」

从 ゚∀从「でも、そうやって頑張ってる姿を、町の人々は応援してた」

从 ゚∀从「実際、この町の近くに魔物がせめて来た事があって、
その時も、勇者さんが退けてくれたんだ」

从 ゚∀从「あいつなら、本当にやれるんじゃないかって、みんな期待してたんだ」

从 ゚∀从「あとあとの風の噂で、その人がロトの勇者だったってことは、この町にも伝わったんだけど・・・」

从 ゚∀从「その時はすで、勇者さんが竜王の野郎に捕まったって噂も聞いててさ」

从 ゚∀从「やっぱりロトの勇者でも駄目なのかぁ、って落ち込んだりもしたなぁ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:31:00.17 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「なるほど・・・」

( ^ω^)「その修行の後は、何処にいったんだお?」

从 ゚∀从「その後は、確かマイラにいくって言ってたっけな」

从 ゚∀从「村のみんなで見送るとき、ウチのカーチャンも泣いちゃって泣いちゃって。
なんかファンだとか、いってたしなぁ。ハハハ」

从 ゚∀从「ま、そんな感じだな。大体知ってる事は、こんぐらいだよ」

( ^ω^)「いや、ありがとうお、聞けて良かったお」

( ^ω^)「参考になったお」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:37:31.23 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「てか、そんな話きいてどーすんだ?アンタも勇者のファン?なわけないか」

( ^ω^)「お・・・ブーンは」

从 ゚∀从「もしかして、アンタも竜王倒す旅・・・って訳かい?」

( ^ω^)「そうだお」

从 ゚∀从「おー・・・ そりゃ勇敢な事だけどね」

从 ゚∀从「やめときなよ。あの勇者でさえ、竜王には勝てなかったんだ」

从 ゚∀从「アンタふとっちょで、とろそうだし・・・ 死んじまうのがオチだよ」

( ^ω^)「ブーンは動けるデブですお!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:38:42.54 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「まぁ、アンタの人生だ、好きにしたらいいさ」

从 ゚∀从「ただ、アンタが良ければ、この町で暮らすのも悪くないと思うぜ?」

从 ゚∀从「美味い魚と、人情のあるトコだよここは」

( ^ω^)「・・・本当にここはいい町ですお」

从 ゚∀从「だろ。アタシも気に入ってんだ」

从 ゚∀从「この町で生きて、この町で死ぬ。それが、この世界で生きる最高の幸せさ」

( ^ω^)「・・・・・・」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:40:47.84 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「この町は、本当にいい町だお」

( ^ω^)「でも・・・いつ魔物に教われるかも知れない恐怖も秘めながら暮らす」

( ^ω^)「現に、他のいくつもの町が滅ぼされてきているお」

( ^ω^)「この町の人だって、いままで全員無事だった訳じゃないはずだお」

从 ゚∀从「・・・・・・」

( ^ω^)「・・・きっと、本当の幸せは」

( ^ω^)「竜王を倒して、平和な世界を手に入れる事だお」

( ^ω^)「誰も心に不安のない、晴れやかな青空の世界だお」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:43:16.09 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从(!)

从 ゚∀从(コイツ・・・勇者さんと同じ事を・・・)

从 ゚∀从「んー・・・ まぁそれができればそうなんだけどさ」

( ^ω^)「だお。そのために、どこまでやれるか解らないけど、」

( ^ω^)「自分の出来る事を、するお。命を賭して」

―――――――――

(,,゚Д゚)

―――――――――

( ^ω^)(・・・ギコが、そうだったように)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:46:10.83 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「・・・そうかい、なら、頑張りな。アタシも応援すっからさ!」

( ^ω^)「ありがとうだお!」

从 ゚∀从「あはは」

( ^ω^)「なら、お願いしたいお。何日に一度かおいしいご飯を、食べにくるお。
栄養のつくものを、おねがいしますお」

从 ゚∀从「・・・ん?何日に一度・・・ってまさか」

( ^ω^)「・・・・・・」

( ^ω^)「それじゃ、もう行きますお。お話きかせて頂いて、ありがとうございましたお」

从 ゚∀从「あ、ああ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:47:56.11 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)「それじゃあ、勘定おねがいするお」

从 ゚∀从「いいよ」

( ^ω^)「え?」

从 ゚∀从「次にくるまで、ツケとくよ」

从 ゚∀从「アンタが、生きて帰ってくりゃあね」

( ^ω^)「・・・!」

( ^ω^)「ありがとうだお!」

从 ゚∀从「フフッ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:49:16.59 ID:SIsG4nrx0

从 ゚∀从「そういや、名前きいてなかったね。アンタ、名前は?」

( ^ω^)「ブーンですお。あなたは?」

从 ゚∀从「アタシはハイン。ま、ヨロシク頼むよ」

( ^ω^)「ハインさん、きっと食べにくるお!まっててお!」

从 ゚∀从「ああ、それじゃ、いってらっしゃい」

从 ゚∀从「気をつけてな」

( ^ω^)「お!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:51:13.28 ID:SIsG4nrx0

ブーンは店を出た。これからの指針が見えてきた。

今まで、竜王のもとへ到達すればいいと思っていた。
しかし、それでは駄目だ。

これまでの旅では魔物から逃げて来た。
どうすれば遭遇しないかを、常に考えて来た。

多分、普通の旅ならそれでいいのだろう。
危険を避ける事は、旅にとっては重要だ。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:52:59.71 ID:SIsG4nrx0

しかし、ブーンの旅は違う。
ブーンの目的は、竜王を倒す事。

あの魔の島へ到達し、竜王を倒さねばならないのだ。
奴を倒す事で初めて、真の平和を取り戻せる。

それには、自分自身が、強くあらねばならない。

何者よりも、強くなくてはいけない。

強くなる為には、逃げてはならない。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:54:20.69 ID:SIsG4nrx0

ロトの勇者はそれに気づき、岩山の洞窟で修行をしたのだ。

自分は、ロトの勇者の跡を辿っている。

ならば、沿おう。彼の軌跡に。

自分も身を投じよう。厳しくも辛い、修練の日々に。

( ^ω^)

ブーンは決意する。強くなる。誰よりも、何者よりも。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:57:09.38 ID:SIsG4nrx0

友との誓いを、揺るぎなきものにする為に。

店では決して見せる事の無かった彼女の、本当の笑顔を取り戻す為に。

( ^ω^)「・・・ちょっと、食い過ぎたかお」

店の外は、もう暗くなっていた。

ブーンは宿を探す。

冷たい潮風が、少し目にしみた。

to be continue…!!

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日) 20:58:51.72 ID:SIsG4nrx0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV6

こんぼう
かわのふく

今回登場した敵

なし 

第3話」への1件のフィードバック

  1. Reply

    匿名

    めっちゃおもろい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。