第8話


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:07:54.62 ID:t51kUWhL0

第8話

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:10:12.99 ID:t51kUWhL0

( ^ω^)「くちゃ、くちゃ、くちゃ」

( ^ω^)「くちゃ、くちゃ・・・」ピク

( ^ω^)(ゴクン)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:11:16.32 ID:t51kUWhL0

ザザッ・・・!

( ^ω^)

おおさそり「シャアアア」

( ^ω^)「魔物かお」

おおさそり「シャハァアア・・・」

( ^ω^)「先手必勝、だお!」タッ

(♯^ω^)「むうおおおっ」シャヒュッ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:12:43.38 ID:t51kUWhL0

ブーンは、魔物の肌に、鉄製の斧を振り下ろす。

しかし。

おおさそり「シャッ!」ガツッ

( ;^ω^)「おお?!」

ブーンの放った斬撃は、魔物の硬い皮膚に、滑るようにはじかれる。

( ;^ω^)「むむっ・・・」

おおさそり「シャファッ」

魔物は、その前足の大きな鋏(はさみ)を、振り回す。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:13:58.07 ID:t51kUWhL0

≡(( ^ω^)≡ 「ふっ!」 シュババッ

ブーンは、巧みなフットワークで、それをかわす。

だが、鋏をかわした瞬間、魔物のしっぽが、
ブーンの顔面めがけ、すごいスピードで繰り出される。

( ;゜ω゜))「むおっ?!」ヒュッ

上体を横に反らし、間一髪でそれを避ける。

いや。かすった。
しっぽの針が、ブーンの頬の皮膚一枚をシッと斬る。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:14:58.11 ID:t51kUWhL0

しかし、敵のしっぽはそのまま、横になぎ払われた。

(( ; ω ))「ぐおほっ・・・!!」ドズンッ

横っ腹に、凄まじい衝撃が入る。
ブーンは、横方向に吹っ飛び、二転三転した。

しかし、すぐにキッと起き上がり、敵の位置を確認する。

頬から血が、つつ、と垂れる。

おおさそり「シャアアア」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:16:34.14 ID:t51kUWhL0

( ;^ω^)「・・・ぅ、ゲホ・・・っ」

( ;^ω^)「やってくれたお・・・」

( ^ω^)「・・・はああああッッ!!」

ブーンは再び、斧の一撃を放った。

おおさそり「シィイイイイ!」ガキッ

その攻撃は、魔物の鋏に捕まれる。

だが。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:20:13.51 ID:t51kUWhL0

( ^ω^)「・・・れで・・・いいお」

( ♯^ω^)「・・・・・・ふんぬォオオオオオお!!!!」

おおさそり「!!?」

ブーンは鋏に捕まれた斧を、敵の重量のある巨体ごと持ち上げる。

( ♯^ω^)「でぁいやあっ!!」

そのまま、背負うように投げ飛ばした。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:23:11.82 ID:t51kUWhL0

おおさそり「シイシャアアアア!」ドザァン!

魔物は地面に叩き付けられ、仰向けになる。
脚をバタバタと動かす。

( ^ω^)「・・・これで、いいお」

ブーンは、魔物のその柔らかそうな腹部に、渾身の斧撃を叩き込む。

ドグチャッと、切り潰すような音が聞こえる。

魔物の体液が、噴水のようにほとばしった。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:25:13.85 ID:t51kUWhL0

( ^ω^)つ「・・・っと」ズ・・・

( ^ω^)「うげ・・・グロテスク・・・」ヌロォ

( ^ω^)「・・・こいつは、食えなさそうだお」

ブーンは、斧をピッと振り、斧身についた体液をふり切った。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:28:05.70 ID:t51kUWhL0

( ^ω^)

ブーンは、旅の戦いの中で成長している。

魔物と闘う時は、まず敵の弱点を見つける事。
常に冷静に、相手の力量を探る。

いかに効率よく、敵を打破できるかを思考する。
ただの力押しでは駄目なのだ。

どういう状況で、どんな敵にならば、自分の攻撃が有効か。

戦局を読み、考えながら動く。

それを少しずつ、理解しはじめていた。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:31:13.04 ID:t51kUWhL0

( ^ω^)「ジョルジュ・・・ブーンは、やっとこ自分一人の力で旅ができるようなれたかお?」

( ^ω^)「それにしても・・・」

( ^ω^)「さっきまで噛んでた貝柱・・・飲み込んでしまったお」

( ^ω^)「まだ味があったのに・・・こいつのせいだお」

ブーンはちらと魔物の死骸を一瞥する。

しかし、酷い臭いと凄惨な光景を前に、ブーンの旺盛な食欲はかろうじて減退した。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:33:50.62 ID:t51kUWhL0

そしてまた、ブーンは乾いた大地を歩き出す。

ビュウと風が吹き枯れた草や葉が舞っていった。

( ^ω^)

次の目的地は、マイラ。

ブーンはガライを発ち、温泉地、マイラを目指して移動している。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:36:38.23 ID:t51kUWhL0

从 ゚∀从『ホントにもう、いっちまうんだね・・・』

( ^ω^)『ええ、いってきますお、ハインさん』

( ^ω^)『ハインさんにも、この町の方々にも・・・大変お世話になりましたお』

( ^ω^)『これから、次に勇者が向かったという、マイラに行ってみますお』

从 ゚∀从『うーん、名残惜しいね。もうちょっといればいいのに』

(´・_ゝ・`)『そうだね・・・もっとゆっくりしていっても、いいんじゃないか?』

( ^ω^)『おかげさまでもう、修行に余念なく専念できましたお』

( ^ω^)『大分、力もついたし・・・そろそろ、次のステップに行かなければ』

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:39:12.83 ID:t51kUWhL0

从 ゚∀从『そうかい。まぁ、気が向いたらいつでも帰って来なよ。
村の人たちも、アンタが来るのを楽しみに待ってるからね』

( ^ω^)『ありがとうございますお』

*(‘‘)*『ぶーんにいちゃん・・・またきてあそんでね。りゅうおうたおすの、がんばって!』

( ^ω^)『ヘリカルちゃん、頑張ってくるお。応援しててくれお』

(´・_ゝ・`)『わたしらも、あなたの旅を陰ながら応援しますよ。どうか、くれぐれもお気をつけて』

从 ゚∀从『そうだよ。命あってのものだねってことを、忘れんじゃないよ』

『そうだそうだ!』 『ブーンさん、がんばって!』 『竜王なんか、ぶっとばしてくれ!!』

( ^ω^)『みなさん・・・ はいですお!』

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:42:15.40 ID:t51kUWhL0

从 ゚∀从『あ、そうだ。これ、もってきな』

( ^ω^)『これは・・・なんですかお?』

从 ゚∀从『ホタテの貝柱を天日で干して、乾燥させたものさ。栄養もあるし・・・』

从 ゚∀从『旨味も凝縮してるから、水に入れて出汁をとっても美味いよ』

从 ゚∀从『乾物だから軽いし、携帯食料には、もってこいと思ってね』

( *^ω^)『ありがとうございますお!』

『ブーンさん、これも持っていきなよ』 『この薬草、袋に入れておくわね』 『ブーンさん!』

( *^ω^)『わわ・・・これは、申し訳ないですお』

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:49:05.59 ID:t51kUWhL0

从 ゚∀从『じゃあ、いってらっしゃい、ブーン』

(´・_ゝ・`)『御武運を、ブーンさん』

从 ゚∀从『・・・死ぬんじゃないよ。元気でな』

( ^ω^)『みなさん・・・ 今まで、本当にお世話になりましたお』

( ^ω^)『いって、きますお』

ブーンは、ガライの村の大勢の人間に見送られ、村を離れた。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:50:07.11 ID:t51kUWhL0

( ^ω^)「・・・本当に、いい村だったお」

( ^ω^)「いつか・・・使命を終えたら・・・」

( ^ω^)「あの村で、暮らしたいお」

( ^ω^)「・・・・・・そして・・・」

まってるよ。アンタの従業員枠は、開けておくからさ。

ここは、アンタの第二の故郷だよ。

( ^ω^)

( ^ω^)「・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:52:14.59 ID:t51kUWhL0

ブーンは、竜王を倒す。

その目標の上に、さらにもうひとつ目標ができた。

夢ができた。

その夢の成就の為にも、なし得なければ。
自分に課した、試練――――――。

あの人の言葉は、孤独で、無味無情なブーンの旅に・・・“味”を加えた。

ブーンは、竜王討伐達成とはまた別の、人生の希望を手に入れたのだ。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:55:18.64 ID:t51kUWhL0

( ^ω^)

灰色の空を見つめ、空想する。

いつかあの村で、あの村で――――――。

( ^ω^)「・・・いくかお」

頬から流れる血を、グイと拭う。
先ほどの戦闘で擦りむいた足に、包帯を巻いた。

これでいい。

再び、乾いた大地を歩き出す。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/20(木) 23:58:47.91 ID:t51kUWhL0

そろそろ、マイラが見えるはず。

いや、見えた。

前方――――遠方にうっすらと見える、集落のようなものを発見。
恐らく、あれがマイラだろう。

( ^ω^)「あれかお・・・」

( ^ω^)「温泉の名所、マイラ!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:01:00.92 ID:dBFBfQv00

それは遠くにぼやけて見える・・・いや、視界が霞んでいる気がする。

( ^ω^)「そろそろ・・・だお」

風が、妙にざわついてる様に感じる。

冷気でひりつくようで、しかしまどろみにも誘うような肌ざわり。

( ^ω^)「そろそろ・・・ん」

( ;^ω^)「ん・・・」クラ

体の異変を感じる。頭がぼーっとする。

何か、おかしい。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:03:45.48 ID:dBFBfQv00

( ;^ω^)「な・・・なんだお・・・」

( ;^ω^)「おかしいお・・・頭が・・・体が・・・」

吐き気を催す。
たまらず、唾液と胃液の混じりあったものを吐き出す。

( ;^ω^)「こ・・・れは」

( ;^ω^)「うぐ・・・」

( ; ω )「・・・・・・」ドサッ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:07:03.70 ID:dBFBfQv00

ブーンは倒れる。倒れても、倒れたと気づくのに時間がかかる。

意識が、朦朧としていた。

(  ω )「・・・・・・お」

(  ω )「・・・・・・」

(  ω )

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:09:47.36 ID:dBFBfQv00

川 ゚ -゚)「ふむ。こいつか」

((((      ( ^ω^)      ))))

クーは、紫色に煌めく水晶に手をかざして、
その中に映る男を、見る。

川 ゚ -゚)「こいつが・・・竜王様の命を狙う敏腕の者の一人か・・・」

川 ゚ -゚)「斧・・・屈強な体術戦士か・・・」

川 ゚ -゚)「・・・む?何か、倒れたぞ」

川 ゚ -゚)「・・・・・・」

川 ゚ -゚)「まぁいい、次は」

クーが手をユラリとかざすと、水晶の中の景色もグルリと変わる。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:12:20.04 ID:dBFBfQv00

そこに映し出される、新たな男。

((((      (‘A`)      ))))

川 ゚ -゚)(!)

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「・・・フフ」

川 ゚ -゚)「    ・・・・・・ドクオ・・・    」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:15:29.76 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「・・・・・・」

目覚めると、部屋にいた。

どこかの民家の様だ。
その家の、寝床のような所に、ブーンは寝ている。

( ^ω^)(・・・?)

いったいここはどこか。何故、自分はここにいる。

記憶がおぼつかない。
頭痛がし、うまくものを考えられない。

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:18:41.23 ID:dBFBfQv00

(‘(゚∀゚∩ 「あれ、起きたかい」

一人の男性に話しかけられる。
自分の他に部屋に人がいたのか。ハッとして、声のする方を向く。

( ^ω^)「あ、あなたは・・・ここは」

( ^ω^)「どこですかお?」

(‘(゚∀゚∩「僕の家。病院なんだよ」

(‘(゚∀゚∩「ここは、マイラの村なんだよ」

( ^ω^)「・・・マイラ?」

(‘(゚∀゚∩「そうだよ!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:21:26.95 ID:dBFBfQv00

どういう顛末でここに自分がいるのか、ブーンは聞いた。

(‘(゚∀゚∩「君は、村の近くの平地で倒れてたんだよ」

(‘(゚∀゚∩「たまたまその近くを通りかかった人に拾われて」

(‘(゚∀゚∩「この村に運ばれたんだよ」

( ;^ω^)「倒れてた・・・どうしてだお」

( ;^ω^)「今も、少し体の具合が悪いお。病気かお?」

(‘(゚∀゚∩「うん。 君、旅人だね。倒れる直前に、魔物かなにかに襲われなかったかい?」

( ^ω^)「魔物・・・そうだお。闘ったお。さそりみたいなやつと」

(‘(゚∀゚∩「ふむ・・・おおさそりだね」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:24:29.41 ID:dBFBfQv00

(‘(゚∀゚∩「やっぱり。そのせいだよ」

(‘(゚∀゚∩「その魔物はね、しっぽに毒を持つんだ」

(‘(゚∀゚∩「君はそのしっぽに触れて、毒を受けたんだ。
幸い、体内に入った毒がごく微量だった為、大事には至らなかったようだよ」

(‘(゚∀゚∩「君が運び込まれてから、解毒薬も飲ませたし」

(‘A`)「お前を発見してから、一応すぐに俺の魔力で回復したしな」

(‘(゚∀゚∩「多分、そのまま安静にしてれば、すぐになおるよ!」

( ^ω^)「・・・そうかお・・・」

( ^ω^)

( ;゜ω゜)「ドクオ!?」

(‘A`)「よう。久しぶりだな」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:27:45.43 ID:dBFBfQv00

家具に隠れてよく見えない位置にいた。

それは、あの黒衣の魔術師、ドクオであった。

( *^ω^)「ドクオ!君がブーンを助けてくれたのかお!」

(‘A`)「ああ」

そういえば、以前ドクオは、マイラに向かうと言っていた。
あれからずいぶん経つが、まだこの村に滞在していたのか。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:29:28.61 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「でも、ブーンは確かマイラから割と離れたところで倒れたはずだお」

( ^ω^)「よく、見つけられたお」

(‘A`)「人里離れた荒野で、魔物を相手に修行・・・と、ちょっとした研究をな」

( ^ω^)「研究?」

(‘A`)「ああ。それより、無事で良かったな」

( ^ω^)「そうだお!ドクオには、2度も命を救われたお!」

(‘A`)「そんなに恩を感じられても、困るな。
どちらも、たまたま通りすがったところにお前がいただけなんだから」

( ^ω^))「それでも!ありがとうだ・・・お。??」クラッ

(‘(゚∀゚∩「ブーン君、しばらく寝て安静にするんだよ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:32:17.47 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「は・・・はいですお。」

(‘(゚∀゚∩「まだ毒が抜けきってないんだよ。とにかく、水をいっぱい飲んで、
体から水分を出して、悪い毒を出すんだよ」

(‘(゚∀゚∩「そうすれば、おそらく明日くらいには良くなってると思うよ」

( ^ω^)「そうですかお・・・先生、ありがとうございますお」

(‘A`)「じゃあ、俺はそろそろ行く。ブーン、ゆっくり休め。
長旅の疲れもあるだろうからな」

( ^ω^)「ドクオ。本当に、礼を言うお」

(‘A`)「もういいさ。じゃあ、体調が良くなれば、また会おう」

ドクオは部屋から出て行った。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:35:49.16 ID:dBFBfQv00

(‘(゚∀゚∩「じゃあ、君もここで静かに寝てるんだよ。
あとで、薬と水と食事をもってくるからね」

( ^ω^)「はいですお」

ナオルヨ医師も、退室する。

ブーンだけが残り、シンとなった。

外の強い風で、木窓がガタガタと鳴る。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:38:38.64 ID:dBFBfQv00

部屋の調合された薬品や薬草の香りに混じり、
微かに温泉の臭いもする。

ブーンは温泉というものに入った事はなかったが、
その癒されるような香りを嗅げば、それが薬湯の匂いなのだと理解できた。

体の調子が良くなれば、湯につかろう。

ドクオと一緒に。

そう、彼には命を何度も救ってもらった。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:40:46.62 ID:dBFBfQv00

もちろん、ドクオだけではない。
他の、色々な人間に助けられ、支えられ今まで旅をしてこれたのだ。

(´・_ゝ・`)
从 ゚∀从

( ゚∀゚)

(‘A`)            (,,゚Д゚) (*゚ー゚)

己の強さ一本のみで、冒険を続けて来られたなどとは、
口が裂けても言えない。

( ^ω^)

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:43:44.57 ID:dBFBfQv00

そう。それが旅だ。いや、人生なのだ。

自分のみでは生きられない。
いつも誰かに寄りすがる事で、かろうじてその命を永らえている。

駄目な時もある。救われず、報われない時もある。

( ^ω^)(・・・・・・)

――――――――――――――――

母  (,,゚Д゚)  (*゚ー゚)

――――――――――――――――

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:46:51.35 ID:dBFBfQv00

自分も、ドクオも。今は亡き母親も、ギコもしぃも。誰もかれも。

密接に絡まりあって、生きている。命と命の螺旋状を紡いでゆく。

それが、“生きる”という事だ。

( ^ω^)

それを、忘れてはならない。
我力のみで生きることなど、できない。

いかに強くなれど、その心には慢心を許さず。

それでこそ、世界を救おうとせん歴戦の勇士たりえるのだから。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:49:12.31 ID:dBFBfQv00

“( ^ω^)『ジョルジュ・・・ブーンは、やっとこ自分一人の力で旅ができるようなれたかお?』”

( ^ω^)「・・・恥ずかしい事をいったもんだお」

( ^ω^)「ギコ」

( ^ω^)「大丈夫だお」

( ^ω^)「ブーンは強くなるお。精神(ココロ)も、肉体(カラダ)も」

( ^ω^)「・・・みてて、くれお」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:51:21.71 ID:dBFBfQv00

そう一人ごちた瞬間、毒気のせいか、目眩がした。

外から、何やら心安らぐ音色が聞こえる。

そしてそのまま、ひとときの眠りに落ちる。

to be continue…!!

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 00:54:47.61 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV13

てつのおの
くさりかたびら
てつのたて

今回登場した敵

おおさそり:大型のさそりの魔物。その体表は硬い殻で覆われ、高い防御力を誇る。
その尾には強い毒をもち、じかに刺されれば死亡はまぬがれない。
(今回ブーンは触れた程度だったので、絶命には至らなかったようだ) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。