第9話


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 20:46:45.56 ID:dBFBfQv00

第9話

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 20:48:31.41 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「はふー・・・ ズズー」

(‘(゚∀゚∩「どうだい、味は?」

( ^ω^)「おいしいですお。胃が落ち着きますお」

朝食として、芋と米をたっぷりの水で煮たものを食べる。

タカオカ亭の味とは比較するべくも無いが、病人食でもあり、
また日頃食べている野草などに比べれば数段美味い。

優しい、落ち着いた味わいだ。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 20:51:23.46 ID:dBFBfQv00

(‘(゚∀゚∩「大分良くなったね、脈間隔も安定してるし、顔色もいい。
これなら、もう退院できるよ。動いても問題ないよ」

( ^ω^)「おかげさまで、この通りですお」

(‘(゚∀゚∩「ブーン君、あまり無茶はしないようにね」

(‘(゚∀゚∩「いくら君が腕のたつ冒険者でも、未知の恐ろしさを秘めた魔物はいくらでもいる」

(‘(゚∀゚∩「相手の素性が解らなければ、逃げるのもまた方法の一つだよ」

( ^ω^)「肝に銘じますお」

(‘(゚∀゚∩「じゃあお大事にね!」

( ^ω^)「ありがとうございましたお」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 20:54:12.64 ID:dBFBfQv00

ブーンは退院した。

礼に、金銭と、旅先でとった薬草や動物の毛皮を渡した。
特に薬草は、珍種で質のいいものだったらしく、喜ばれた。

外に出ると、いっそう温泉の匂いを強く感じる。

( ^ω^)「はぁ・・・いい香りだお」

( ^ω^)「まずは・・・宿屋だお」

ブーンは、宿の確保をする事にした。

村人に宿屋の場所を尋ね、そこへ向かう。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 20:56:29.56 ID:dBFBfQv00

小さな、のどかな村だった。

近くの森の、鳥の囁き。

村の人々の、質素で落ち着いた身なり。

老人をいたわる、若者たち。

香る温泉の芳香。

ラダトームのように大きくなく、ガライのような喧噪こそ無いが、
心が安らぐ土地であった。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 20:59:17.56 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「ここかお」

宿屋をみつけ、入る。

受付の女性に声をかけられる。

从’ー’从「はーい!お客さん、旅人?お一人ですねぇ」

( ^ω^)「そうですお」

从’ー’从「何泊されます?」

( ^ω^)「うーん・・・まだ解らないけど、ひょっとしたら長い宿泊になるかもしれないお」

( ^ω^)(ロトの勇者の情報を集めるのに、どれだけかかるか解らないお)

从’ー’从「わっかりましたぁ~~。では、この名簿に押印か名前を」

( ^ω^)カキ・・・カ・・・キ・・・

从’ー’从「お客さん、長い宿泊になりますと、先に前金でいくらか代金を頂く事になってます」

从’ー’从「ので、とりあえず、5泊分の料金を・・・」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:02:07.11 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「おっおっ。いくらだお?」

从’ー’从「60Gになりますぅ~」

言われた料金を支払う。

そろそろ、路銀も節約しなければ。

ガライでの大食が、ここにきて響いてきた。
・・・それでも、タカオカ亭では、かなり安くオマケしてもらっていたのだが。

だが、あの味わいを前にして、小食にとどめる事などできない。

あれでよかったのだと、ブーンは自分をなかば強引に納得させた。

後で、道具屋にいって旅先で手にいれた不要なものを売ってしまおう。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:04:13.44 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「それにしても、やっぱりラダトームより宿賃が高いお」

( ^ω^)「まぁ・・・あそこは人の多い町だし、流れの旅人も多いから」

( ^ω^)「少ない宿賃でもやっていけるのだけど」

( ^ω^)「ここは観光地だし、割高なのかお」

从’ー’从「お客様、ご存知とは思いますが、この村は温泉が大変有名ですぅ」

从’ー’从「ぜひぜひ、浸かっていってくださいねぇ」

( ^ω^)「もちろんだお!ありがとうございますお」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:07:30.09 ID:dBFBfQv00

(‘A`)「ただいま」

从’ー’从「あっ!ドクオ様!」

( ^ω^)「ドクオ!」

( ^ω^)「やっぱりドクオもこの宿に泊まっていたのかお」

(‘A`)「ああ」

(‘A`)「体の具合はどうかな?」

ブーンは体を振り、元気なそぶりを見せた。

( ^ω^)「おかげさまで、この通りだお」

(‘A`)「それは、良かった」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:10:18.99 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「これもドクオ・・・

从’ー’从「ドクオ様!お召し物の洗濯は終わっておりますぅ」

从’ー’从「それと、ご希望のお食事も、いつでもおだしできます」

从’ー’从「何かご用命があれば~、なんなりとお申し付けください!」

从’ー’从「と、うちの旦那様がいっておりましたぁ」

( ;^ω^)「ドクオ、超VIP待遇だお。何かあったのかお?」

(‘A`)「・・・さぁね」

ブーンの手続きを済ませた後、二人は外にでる。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:13:05.58 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「ドクオは、この後どうするんだお」

(‘A`)「俺は、とある人物の家へ用がある。そこへ寄る」

( ^ω^)「そうかお・・・じゃあブーンは・・・」

この村で、ロトの勇者についての、情報を集めよう。

そこで、また後ほど会う約束を取り交わし、二人は別れた。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:15:26.22 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)

道具屋にいって、手に余る品を売り、換金する。
路銀がいくらか潤う。

今の自分の装備にも、不安を覚える。
武具屋へ行き、品定めをする事にした。

小さな武具屋だった。

武具屋には、自分の他にも客がいた。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:18:08.86 ID:dBFBfQv00

( ・∀・)「ふーむ・・・ この店にも、伝説のつるぎは、置いていないようだな。
やはり、店屋では手に入らないのだろうか・・・」

( ^ω^)「・・・?」

( ^ω^)「伝説の武器?なんですお?それ」

( ・∀・)「・・・なんだ君は。薄汚い格好をして。君も冒険者かい?」

( ^ω^)(薄汚い・・・)「ええ、まぁ・・・」

( ・∀・)「この地に舞い降りた伝説のロトの勇者が
持っていたと言われる、伝説の武器さ」

( ・∀・)「人手にわたったと聞いていたが・・・
やはりこんなへんぴな村にある訳は無いな。来て損をした」

( ^ω^)「・・・あなたも冒険者ですかお?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:21:05.10 ID:dBFBfQv00

( ・∀・)「ふ。まぁ、そうだ」キラン

( ^ω^)(キザな奴だお)「・・・あなたも、竜王討伐の旅ですかお」

( ・∀・)「いや、俺は違う」

( ^ω^)「お」

( ・∀・)「・・・君は、竜王を退治するつもりかい?その為の旅を?」

( ^ω^)「そうだお」

( ・∀・)「無謀だね。正気の沙汰じゃない」

( ^ω^)「!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:23:28.64 ID:dBFBfQv00

( ・∀・)「あの伝説の勇者の血の者でさえ、失脚に終わったんだ」

( ・∀・)「君や俺みたいな凡百の人間が、そんな大それた事をなし得るものか」

( ・∀・)「まったく、命知らずの多い事やら」

( ^ω^)「・・・そんなことないお」

( ・∀・)「ん?」

( ^ω^)「例えロトの勇者が駄目でも・・・いつかきっと」

( ^ω^)「いつかきっと、竜王を倒す者が出てくるはずだお」

( ^ω^)「それが自分じゃないとしても・・・」

( ・∀・)「ふぅん」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:26:08.13 ID:dBFBfQv00

( ・∀・)「なぁ君。なぜ、ロトの勇者は捕われているか」

( ・∀・)「その命を絶たれず、未だ幽閉され続けている。
その、理由を知っているかい?」

( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「わからないお」

( ・∀・)「諸説あるが・・・どうもこういう話らしい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:29:02.05 ID:dBFBfQv00

( ・∀・)「伝説のロトの勇者の一族は、この世界の調律者・・・
“精霊ルビス”の加護の下にある」

( ・∀・)「そしてその加護のもと、彼らはその命が、
邪悪によって断たれる、断たれようとしたとき・・・」

( ・∀・)「奇跡の力が発現し、再びこの大地のどこかで
蘇生するという言い伝えがあるんだ」

( ;^ω^)「蘇生・・・?」

( ;^ω^)「そんな馬鹿なお」

( ・∀・)「そう。馬鹿な話だ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:33:20.15 ID:dBFBfQv00

( ・∀・)「だが、竜王はそれを恐れた」

( ・∀・)「そんな“万が一”を考え、一切の可能性すら許さず」

( ・∀・)「あえて勇者の命をとらず、生かして飼い殺しにすると決めた」

( ・∀・)「歯向かう者への見せしめとして・・・拷問をし続けてね」

( ;^ω^)(・・・ゴクリ)

( ・∀・)「竜王は、狡猾だ。狡猾で、残忍だ」

( ・∀・)「俺達なんかが手向かえば、絶対に殺される。そんなのは目に見えている事だ」

( ・∀・)「俺は、そんな無謀な挑戦はしないんだ」

( ^ω^)「・・・」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:35:22.44 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「・・・さっき、伝説の武器を探していましたお」

( ^ω^)「あれは、竜王を倒す為のものでは?」

( ・∀・)「ああ・・・あれは、まぁ一種のコレクター精神と・・・」

( ・∀・)「それほど凄い武器なら、自分の身を守る力になる」

( ・∀・)「この世界で利口に生きるコツは、
自分自身だけを守れる力を身につけることだ」

( ・∀・)「他人がどうかなんて考えていたら・・・キリがない」

( ・∀・)「それに、伝説の武器なんて持っていたら、女性にモテるじゃないか」キラリ

( ^ω^)(ウゼェ・・・)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:38:23.00 ID:dBFBfQv00

( ・∀・)「まぁ、そういう訳だ。せいぜい、君は世界の平和の為に頑張ってくれたまえ」

( ・∀・)「ハハハハハ・・・」

( ・∀・)「さて・・・ぱふぱふでもいくか」スタスタ

そういう言い捨てると、戦士風の男は、武具屋を出て行った。

( ^ω^)「・・・・・・」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:41:07.76 ID:dBFBfQv00

ブーンは、自分のもつ、鉄の盾を見た。
それは、あの岩山の修行のときに、洞窟の中で見つけたものだった。

その盾の内側には、こう傷が彫り込まれてあった。

『 戦士、クックル――――――ここに眠る。 後の勇士に、希望を託す。 』

( ^ω^)(・・・・・・)

おそらく、これの前の持ち主が、死の寸前に刻み付けたのだろう。

ブーンは、これを見たとき、この盾を持ち帰ろうと決めた。

( ^ω^)「恐ろしい旅でも・・・」

( ^ω^)「ブーンはやるお」

ブーンは、戦いの中で薄汚くなった装備を、変える事にした。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:45:51.42 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)

その後、食料品や薬草、包帯などの医療品、刃物の研石などの
必需品を買いこむ。

先の宿屋では、衣料の洗濯も取り扱っていたので、
旅でボロボロに汚れた服等も、預けた。

宿屋の娘は、ずいぶんおっとりした娘だったが、
任せて大丈夫だろうか。湯でしっかりと消毒もしてほしい。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:48:20.67 ID:dBFBfQv00

そして、ロトの勇者の情報を集め出す。
通りすがる人や、農作業などしている人を捕まえ、尋ねる。

( ^ω^)「すいませんお。ロトの勇者が、この村に立ち寄ったという話を聞きましたお。
彼について、知っている事があれば、ぜひ教えて頂きたいですお」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:51:34.49 ID:dBFBfQv00

(‘A`)「・・・・・・」

ドクオは、あらまきの家にいた。

そこで、大量の書に、目を通している。

(‘A`)(・・・・・・)

(‘A`)(・・・やはり)

(‘A`)(この歴史書によると、ロトの勇者がこの地に降り立ったとき)

(‘A`)(いくつもの呪文を、このアレフガルドへ伝来させた――――――)

(‘A`)(我々アレフガルドの人間は、それらを脈々と受け継いできた)

(‘A`)(口承文学・・・あるいはこうして文献などに残して)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:53:19.46 ID:dBFBfQv00

(‘A`)(しかし――――――)

(‘A`)(ある一定の期間の史実が、すっぽりと抜けている)

(‘A`)(明らかに・・・ “伝承の断絶” が起こっている)

(‘A`)(・・・これは何故だ?)

(‘A`)(・・・・・・)

(‘A`)(わからない)

(‘A`)(とにかく、何らかの理由によって、多くの魔法学が失われた事は間違いない)

(‘A`)(それならば・・・)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:56:54.90 ID:dBFBfQv00

/ ,’ 3 「どうじゃな?」

(‘A`)「・・・あらまきさん」

(‘A`)「アレフガルド歴史書、魔導律史刊・・・これは上巻ですが」

(‘A`)「やはり、下巻が必要です」

/ ,’ 3 「ふむ・・・」

(‘A`)「この家の蔵書棚は、あらかた探しました。恐らく、この宅にはもう無いのでしょう」

(‘A`)「片割れの刊、お心当たりはないでしょうか?」

/ ,’ 3 「そうだな・・・」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 21:59:31.72 ID:dBFBfQv00

/ ,’ 3 「わしの記憶が正しければ・・・
おそらく、その魔導書はメルキドの旅商人から買ったものだ」

/ ,’ 3 「メルキド発行の図書であれば、下巻はそこにある可能性が高いかの」

(‘A`)「そうですか・・・」

(‘A`)「ならば・・・次はメルキドにでも行ってみます」

/ ,’ 3 「そうかね」

/ ,’ 3 「それにしても・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:01:20.58 ID:dBFBfQv00

/ ,’ 3 「うちの大量の蔵書をこれだけの期間で貪り尽くすとは・・・」

/ ,’ 3 「なかなか骨のある青年じゃな」

(‘A`)「このような流れのものに親切にして頂き、感謝の至りです」

(‘A`)「ありがとうございました」

/ ,’ 3 「わしは何もしとらんよ」

/ ,’ 3 「君がそこまで躍起になる・・・その理由は」

/ ,’ 3 「君の呪いと関係があるのかね」

(‘A`)「・・・ある、といえばあります」

/ ,’ 3 「ほう」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:04:14.95 ID:dBFBfQv00

/ ,’ 3 「なんにせよ、頑張りたまえ」

/ ,’ 3 「わしもかつては冒険者だった」

/ ,’ 3 「若かりし頃は、相棒とともに、世界を廻ったものだ」

(‘A`)「旅をされていたのですか」

/ ,’ 3 「うむ。二人旅じゃった。わしの足りないところを相棒が補い・・・」

/ ,’ 3 「わしが相棒の足りないところを補う」

/ ,’ 3 「一心同体のようなものだったよ」

(‘A`)「・・・なるほど」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:08:39.15 ID:dBFBfQv00

/ ,’ 3 「年を重ね、二人の体力に限界を感じ始めたとき、わしらの旅は終わりを告げた」

/ ,’ 3 「その後、数年のうちに竜王が現れ・・・」

/ ,’ 3 「人間と魔物の戦いが始まった」

/ ,’ 3 「ラダトーム王家から、伝説のひかりのたまを竜王に奪われてから」

/ ,’ 3 「戦局は、いっきに魔のものの手中に落ち入ってしまったのだ」

/ ,’ 3 「今が昔の血のたぎる若英の頃であれば・・・」

/ ,’ 3 「わしも君のように、竜王を倒さんと旅をしていたかもしれんな」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:10:25.32 ID:dBFBfQv00

あらまきは、淡々と感情の抜け落ちたような表情で話す。

どこか遠い目で。寂しげで、全てを諦めたように。

このような表情は、あらまきだけではない。
いつも不安を胸に秘め、ただ希望なく生を許されている。

この世界の多くの人間は、この老人と同じなのだ。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:12:18.31 ID:dBFBfQv00

(‘A`)「・・・あらまきさん・・・わたしは・・・わたしの旅の目的は」

(‘A`)「竜王を倒す事が本懐ではないのです。それはあくまで・・・」

/ ,’ 3 「・・・いいさ。解っておる」

/ ,’ 3 「君がどのような目的で旅を続けようとも、誰にも責められる所以などない」

/ ,’ 3 「誰も責めてはいかんことだ」

/ ,’ 3 「君は、君の好きに思う通りの事をしなさい」

/ ,’ 3 「かつて、わしらがそうだったようにな」

(‘A`)「・・・・・・はい」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:15:49.21 ID:dBFBfQv00

(‘A`)「あらまきさ

ドクン

((‘A`))(!)

ドクン・・・ ドクン・・・

((;’A`)(・・・く・・・これは・・・!)

/ ,’ 3 「!?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:18:02.91 ID:dBFBfQv00

疼く。疼く。また、寄ってくる。

魔のものが。

自分の魔力に惹き付けられる。

(;’A`)「・・・ぐ、あらまきさん・・・」

/ ,’ 3 「ドクオ君・・・君は・・・」

そとから、悲鳴が聞こえる。

/ ,’ 3 「む」

(‘A`)「・・・・・・!」

二人は、外へ飛び出す。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:21:48.00 ID:dBFBfQv00

( A )(くそ・・・くそっ・・・!)

ドクオの胸中に、ドス黒い負の感情が去来する。

またか。

またなのか。

またしても、俺は――――――

二人は、悲鳴の声のする方へ、走り出す。

to be continue…!!

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/21(金) 22:23:35.51 ID:dBFBfQv00

(‘A`)ドクオの今のステータス

LV16

こんぼう
くろのろーぶ
しのくびかざり

今回登場した敵:なし

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。