第12話


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:48:39.15 ID:kdb28XDD0

第12話

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:49:50.05 ID:kdb28XDD0

雨の祠から、南南東に進路をとる。

霜の降りた大地を、ざくさくと踏みしめる。

凍るような冷気の中で、吐く息が白い。

( ^ω^)

次に目指すは、美しき湖の町――――リムルダール。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:51:33.95 ID:kdb28XDD0

竜王の支配が訪れる前は、世界の観光名大地としても名を馳せた美しい湖があり、
また今は、その湖を水堀として軍事的に利用する事で、魔物の侵攻対策としてもいる町だ。

その観光の名所としても名高い町に、期待を膨らませる。

しかし、期待ばかりではない。

( ^ω^)

リムルダールに不安がある訳ではない。

不安の種は、その行く過程の道中にある。

そこへ辿り着くには、2つの難関を越えねばならない。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:54:26.85 ID:kdb28XDD0

まず一つ目は、“毒の沼地”。

この先を進めば、そこに突き当たる。

竜王の魔力によって、この世界のいくつかの水場、湖沼は毒を帯びた。
その沼地の泥は、生きる者の体力を奪う呪いを持つという。

沼ばかりではない。
この世界の、あらゆる自然が、悪しき力によって陵辱されている。

今は、以前の美しきアレフガルドの面影も無い。

その毒の沼が大きく広がるのが、毒の沼地。
幾人もの旅人が、ここに沈んだという。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:56:52.60 ID:kdb28XDD0

そして、その毒の沼地を超えたとしても、次の難所。

“沼地の洞窟”である。

こちらの地方からリムルダール地方は、海によって隔絶されている。
その地つなぎ、海中をくぐるようにして存在するのが、その洞窟である。

悪鬼ひしめく海底の洞窟。幾人もの旅武芸者が、ここで命を絶っている。

かといって、洞窟を通らず船をつかって渡ろうとすれば、
海上の空を飛び交う魔物の軍勢に襲われる。

逃げ場のない船上なら、絶命は必至。

それならば、洞窟を通り抜けた方がまだましだ。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:59:48.50 ID:kdb28XDD0

今のアレフガルドには、こうした危険な場所がいくつも点在するため、
地方から地方への移動が非常に困難で、各国の交流や連携が上手く取れないでいる。

情報の伝達や国交の無き故に、文化の発展等が遅れていた。

これも、竜王の支配によるものだ。

( ^ω^)「・・・・・・お」

( ^ω^)「森が見えたお」

凍り付く平原を踏みしめゆくと、森を見つける。

聞いた話では、この森の奥が、毒の沼地となっているはずだ。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:02:34.10 ID:kdb28XDD0

しばらく行くと、川があった。
清流である。

どうやら、ここはまだ毒に汚染されていない綺麗な水が流れている様だ。

( ^ω^)<グゥウウゥウゥ…

( ^ω^)「・・・お。疲れたし、お腹も空いたお」

( ^ω^)「そろそろ飯にするかお」

もう辺りは暗くなってきた。
ここらで、夕飯を取る事に決める。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:04:49.62 ID:kdb28XDD0

荷物の中を、ガサガサとあさった。

食料袋から、豆と糒(ほしい)を取り出す。
それに、ハインにもらったホタテの貝柱も。

( ^ω^)「ハインさんに貰った貝柱も、ずいぶん少なくなったお」

( ^ω^)「大事に大事に、少しずつ食べてきたんだけど・・・」

( ^ω^)「もうこれで最後だお・・・名残惜しいお」

川から水を汲み、鍋にとる。

焚き火を起こし、鍋に火をかけ、材料を入れた。

( ^ω^)「うーん・・・これだけじゃ足りん気がするお」

( ^ω^)「・・・そうだお!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:07:38.56 ID:kdb28XDD0

ブーンは、バシャバシャと川に入る。
そして、流れる川底に、目を凝らした。

(*^ω^)「・・・いたお!川エビだお!」

いた。川海老だ。
あまりその身は大きくないが、何匹もいるようだった。

( ^ω^)つ「よっ・・・とと」チャプチャプ

ブーンは、水筒を利用して、ひょいひょいと上手く川エビを捕まえる。

捕まえる時のコツは、後ろからすくい上げる事。

エビは、身の危険を感じたとき、後方にジャンプして逃げる性質を持つ。
なので、こうして後ろからすくい取るようにすると、勝手に入れ物に飛び込んでくるのだ。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:09:30.81 ID:kdb28XDD0

ラダトームにいた頃は、野山自然を相手に遊び、生活してきたブーンである。
日頃からそういった知恵を蓄えていたのだ。

ブーンがこうした自然に対する知識を豊富に持ち合わせていた事が、
これまでの彼の過酷な旅を無事に続けてこれた、大きな理由の一つなのかもしれない。

( ^ω^)「ふぅ、いっぱい取れたお」

ピチピチと跳ねる川エビを、鍋に入れた。
熱によって、すぐにエビの皮が真っ赤に染まる。

貴重な調味料だが、塩、香草も加える。

少し贅沢な気もするが、明日の事を考えれば、良いだろう。

おそらく、毒の沼地に入る事になるはずだ。

ならばここで、しっかりと英気を養っておいた方がいい。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:12:25.05 ID:kdb28XDD0

( ^ω^)「はやく煮えろおぉ・・・」

ここで怖いのは、魔物の襲撃である。

以前、食事中にスライムに襲われたときの事を思い出し、苦笑した。
おかげで、その食事が台無しになってしまったのだ。

鬱憤を晴らす為に、そのスライムを煮て食ってやったが、
酷い味のうえ、腹痛を起こし、嘔吐した。

今でこそ笑える話だが、当時は洒落にならなかった。
旅の中での食事というものは、まさに命に関わる事なのだ。

自戒し、軽率な行動を避ける事も学んでいく。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:15:41.55 ID:kdb28XDD0

( ^ω^)「もう、そろそろいいかお?」

鍋が煮え、良い香りがふうわりと立ちのぼる。
湯気がほうほうと上がり、それが焚き火の炎の明かりで、美しくすら見える。

椀にとり、すすり込んだ。

( ^ω^)「はふぅ・・・ズズ・・・」

(*^ω^)「・・・美味いお!」テーレッテレー!

十分に煮え、柔らかくなった米と豆をを食べれば、
今日一日の疲れが癒された。

鍋の熱気と、美味によってブーンの顔が少し紅潮する。

数欠けしか入れていない貝柱からも、良いダシが出ている。
川エビの風味と相まって、なんともいえない。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:19:32.56 ID:kdb28XDD0

( ^ω^)「・・・この、川エビの頭のミソが美味しいんだお!」ジュルジュル

(*^ω^)「はぁ・・・」

このアレフガルドの中でも殊さら寒冷な地方で、
暖かい料理は本当に身にしみる。

胃が温まり、吐く息が更に大きく白くなった。
その息で、かじかんだ手を温める。

明日は、いよいよ毒の沼地に挑む事になるだろう。
幾人もの旅人が命を落とした、危険な場所。

( ^ω^)(・・・・・・)

かすかな緊張が、胸の中に生じる。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:23:15.66 ID:kdb28XDD0

( ^ω^)「・・・・・・」ズズ

( ^ω^)「・・・ふぅ、はふ。モグモグ・・・」ズズー・・・

考えてもしょうがない。行くよりほかは無い。

冷たく大きな風が吹く。森の木々がざわざわと悲鳴のように揺れた。

どこか遠くから、獣の遠吠えが聞こえる。

焚き火がパチパチと音を鳴らし、煌々とブーンの顔を照らす。

そして夜は更けていく。 ブーンは、一人。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:26:29.64 ID:kdb28XDD0

( ^ω^)

翌朝、ブーンは森を歩く。

段々と周りの草の背の丈が短くなってきた。
葉も、どこか黒ずんで見える。

毒の沼地が近い事を示す。

( ^ω^)「・・・何か嫌な臭いがするお」

( ^ω^)「毒の沼地の臭いかお」

据えた様な、苦々しいような臭気が鼻についてきた。

そろそろか。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:28:11.19 ID:kdb28XDD0

( ^ω^)「!」

( ;^ω^)「・・・これが・・・毒の沼地かお」

そこには、大きな沼地が広がっていた。

毒々しい色合い。

それは意思があるかのように、ドロリとうねる。

これほどの寒さでも固まらないのは、竜王の魔力によるものか。

まるで、生き物を飲み込もうと大きな口を開けているかのように。

( ;^ω^)「・・・」

( ;^ω^)「・・・ここを通るのかお」

( ;^ω^)「・・・」

( ;^ω^)「いや、ここで止まってても仕方ないお」

( ;^ω^)「やるんだお、いくしかないお、ブーン!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:31:42.05 ID:kdb28XDD0

自分自身に喝を入れる。

荷を下ろし、整頓を始める。
少しでも余分な重さになる様な物は捨てる。

沼地の中、自重で沈みかねない。

( ^ω^)「・・・よし」

( ^ω^)「いくかお」

沼地に、足を踏み入れる。

ズブズブと足が沼に埋まった。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:33:56.99 ID:kdb28XDD0

( ;^ω^)「・・・」

もう一歩。もう一歩。ズブリ、ズブリ。

( ;^ω^)「・・・」

( ;^ω^)「何か、肌が焼け付くようだお・・・」

( ;^ω^)「これが竜王の呪い・・・生命を奪う魔性の沼かお・・・」

生気を吸い取られるかのようだ。
そのまま、どんどん進んでいく。進むしか無い。

(( ;^ω^)ズブズブ

(( ;^ω^)ズブズブ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:36:43.90 ID:kdb28XDD0

しばらく経つと、水面が腰辺りまでくる。
上手く足を動かせない。

( ;^ω^)(足がキツいお・・・)

水面はどんどん上がる。胸の辺りまでくる。

( ;^ω^)(・・・・・・)

じわじわと恐怖が、泥のように頭の中を浸食する。

( ;^ω^)

泥沼が首もとまで。
恐怖が加速し、ドロリと身を包む。

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:40:44.76 ID:kdb28XDD0

自分は、正規のルートを辿っているのか。
方角は間違ってはいないか。

(( ; ω )

いや、大丈夫。何人もここを通り抜けた者はいるのだ。
自分の身長は低くない。大丈夫だ。

(( ; ω )

しかし、少しでも地盤が沈下していたら?
流動性のある沼地だ。十分にあり得る。

(( ; ω )

通り抜けた者は何人もいる。
通り抜けられなかった者も何人もいる。

(( ; ω )

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:42:07.68 ID:kdb28XDD0

とうとう、水面が顎までついた。
このままでは。

( ;^ω^)(!)

見えた。
前方に、陸と大きな穴。あれが、沼地の洞窟だ。

( ^ω^)みつけたお!

思わずそう声が出そうになったが、水面はもう口元まで達している。

後少し、後少し。だが。

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:45:17.79 ID:kdb28XDD0

( ;^ω^)(・・・これは)

( ;^ω^)(・・・・・・)

( ;^ω^)(沈むお)

もう、すぐそこまで見えている。
しかし、このままのペースでは、この身は確実に泥沼に埋まるだろう。

しかし、大きく身を唸らせて泳げば、この粘性のある泥にとらわれ沈む気がする。
いや、沈むだろう。

かといって引き返す事もできない。止まる事もできない。
止まっても、その身の重さで沈んでいくだろう。

そして、水面は鼻先をくすぐる。

鼻が埋まれば、息ができなくなる。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:48:19.01 ID:kdb28XDD0

( ;^ω^)(・・・)

( ;^ω^)(・・・覚悟を、決めるお)

ブーンは、呼吸を止めた。

そのまま進む。ズブズブと、頭ごと泥中に飲み込まれる。

大丈夫、洞窟は近かった。

少しだけ、呼吸を止めろ。

方向が解らない。しかし、この濁水では見えないだろうし、
仮に目を開ければ、その毒で失明するだろう。

このまま、まっすぐ。
まっすぐ、進めているか?解らない。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:51:39.29 ID:kdb28XDD0

苦しくなって来た。

大丈夫。いける。

まだか。

苦しい。

足に何か触れた。

まだなのか。

呼吸がしたい。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:53:12.97 ID:kdb28XDD0

いや、考えるな。思考を捨てろ。雑念を消せ。

苦しいという事も考えるな。

考えるな。何も考えるな。ただ、進むのみ。歩くのみだ。

ギコ。

苦しい。違う。考えるな

くるしくない もうすぐだ

カーチャン

だめだ

考えるなということすらかんがえるな

そうおもうことさえも

なにも なにも

なにも

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:54:26.17 ID:kdb28XDD0

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:57:26.42 ID:kdb28XDD0

足に、固い感触が走る。

少しずつ、体が浮上していく感覚。

頭に、冷たい空気が触れる。

目、鼻、そして口。

( ; ω )「  ・・・・・・ッッぶっはぁっっ!!  」

大きく、息を吸い込み、吐き出す。

そして、すぐに目の周りの毒を拭う。

目を見開いた。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:00:36.25 ID:kdb28XDD0

がいこつ 「    ガガガギャカカカカァァァァッッッッ!!!!    」

(♯^ω^) 「   ッッはあアアアアアアああああおッッ!!!!   」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:02:08.08 ID:kdb28XDD0

ブーンの離さず握りしめていた斧が泥の弧を描き一閃する。

突如目の前に現れた、魔物の頭を瞬時に砕き飛ばした。

魔物の体は、ガシャリと崩れ、倒れる。

吹き飛ばした魔物の破片が、沼地にボチャボチャと音をたてて落ちていく。

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:05:38.67 ID:kdb28XDD0

( ;^ω^)「・・・っはあっ!・・・ぶはぁっ!・・・はぁっ・・・」

( ;^ω^)「はっ!はぁっ・・・!ぐっ、ハァ・・・ はぁ」

( ^ω^)「はぁ・・・ はぁ・・・ ここが」

( ^ω^)「ここが・・・沼地の洞窟かお」

目の前には、巨大な穴が広がっている。

その暗闇からは、湿り気と共に、生き物の蠢く邪悪な気配を感じ取れる。

( ^ω^)「・・・・・・」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:08:20.76 ID:kdb28XDD0

先ず、火を起こした。

それから装備を外し、来ている服も脱ぐ。
しかし、武器の斧だけは、すぐに手の届く範囲に置く。

水筒の水を頭に振りかけ、顔の泥を洗い落とす。
口の中も濯ぎ、吐き出した。

飲み水を失うのは痛いが、少しでも毒を落とす為にはしょうがない。

服を火にあて、乾かし始める。

服が乾けば、それを着て装備しなおす。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:11:05.58 ID:kdb28XDD0

ブーンは軽く屈伸運動をし、体をほぐす。
あの毒の沼で、大分体力を消耗したようだ。

薬草があればよいのだが、毒水によってダメになっていた。

( ^ω^)「・・・よし」

焚き火の炎を、たいまつに宿らせる。

そして、目の前の暗闇をねめつけるように。

( ^ω^)「・・・・・・いくかお」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:13:21.41 ID:kdb28XDD0

これから先は、さらに泥にまみれた戦いになるだろう。

どう足掻く。

しかしその苦境、乗り越えてみせよう。

そしてその困難の中で、竜王を倒す牙を磨くのだ。

身を投じるは、恐ろしき化け物の待ち構える、死の洞窟。

この先、未踏の地を踏めるか。はたまた、死人となりうるか。

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:17:06.99 ID:kdb28XDD0

焚き火の炎を蹴り飛ばし、消した。

後ろから、ぎゃあぎゃあと鳥の声が聞こえる。

( ^ω^)

ブーンは洞窟の暗い暗い、闇の中へ・・・飲み込まれていく。

――――――過酷な運命に、誘(いざな)われるように。

to be continue…!!

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:18:09.51 ID:kdb28XDD0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV15

てつのおの
はがねのよろい
てつのたて

今回登場した敵:なし

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。