第13話


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:01:33.16 ID:2tb6AHCL0

第13話

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:03:19.75 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)「・・・・・・」

メラメラとたいまつの火が、洞窟内を照らす。

たいまつにも先ほどの沼地の毒が染み込んでいるのか、
気持ちの悪い焦げた臭いが鼻につく。

沼地の洞窟内を、警戒しつつ進む。

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:06:11.81 ID:2tb6AHCL0

遠目の利く明るい平地での戦闘とは違う。

この闇中ではいきなり魔物が出現し、攻撃を仕掛けてくるかもしれない。
魔物は自分より、夜目が効くのだ。

故に、常に臨戦態勢。
緊張を解く事は許されない。精神を削る。

自分のあらゆる感覚・・・五感すべてを研ぎすます。

決して急いではならない。ゆっくりと、慎重に。

このピリッとした刺すような独特の空気は、以前にも経験している。

岩山の洞窟だ。

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:08:36.68 ID:2tb6AHCL0

( ゚∀゚)『いいか、ブーン。こういった暗いダンジョンを進むにはな・・・』

( ゚∀゚)『自分の体全体が、目になったと思え』

( ^ω^)『お・・・目かお』

( ゚∀゚)『そう。目だけじゃねえ、耳、鼻、全部になったようにな』

( ゚∀゚)『肌で臭いを、鼻で光を。目で音を感じ取れるようになれ』

( ^ω^)『また難しい事を・・・』

( ゚∀゚)『まぁ決して、視覚だけに頼っちゃいけねえってことだ』

( ゚∀゚)『それが、野生に生きるコツ・・・だ』

( ^ω^)『・・・わかったお!』

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:10:35.84 ID:2tb6AHCL0

あの時の経験が、今ここで活きている。
ジョルジュとの修行の日々が無ければ、おそらく今生きてはいまい。

冒険や戦闘に役立つ知識を、いくつも教えて貰った。
今彼は、何処で何をしているのだろうか。

確か、メルキドにゆくと言っていたが。

と、そこまで考えて、思考を破棄した。

これは雑念だ。

今は、この暗闇にとけ込む事に気を砕くのだ。

そして、ほら。ぬるりとした気配が。

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:12:59.91 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)「む」

メーダ「ヌロゥオオオ・・・」

タコのような魔物。大きな目玉をギョロリとひかる。
壁際に、ねっとりとくっついていた。

( ^ω^)「・・・ふっっ!!」ビョバァッ

すかさず斧を振り上げる。

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:15:55.25 ID:2tb6AHCL0

メーダ「ヌグルゥゥゥゥ・・・!!」

触手の何本かを切り裂いた。

しかし、怯まず魔物はそのままこちらに突進してきた。

(( ;゜ω゜)「・・・ウグッ!!」ドスッ

(♯^ω^)「・・・おおっ!!」ヒュッ

メーダ「グプッ・・・・!」

ブーンの斧が、魔物の胴体の芯をとらえる。
斧が肉にめり込む。柔かい感触。

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:18:25.59 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)(やったお!)

しかし、その交錯の瞬間。

メーダ「・・・・・・ボビュッ!!」バシャッ

魔物が黒い墨のような液体を勢い良く吐き出す。

ブーンの手持ちのたいまつにあたり、それを落としてしまう。

( ;゜ω゜)(しまった!!)

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:21:42.13 ID:2tb6AHCL0

その液体はたいまつの先端にあたり、ジュウと火を消した。

( ; ω )「・・・・・・」

ブーンは、その魔物いた辺りを、足で探る。
いた。グニャリとした感触。どうやら、瀕死のようだ。

それを、思い切り踏みつぶした。グチャリ、と音がする。

そして――――――本当の闇と静寂が訪れる。

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:23:27.19 ID:2tb6AHCL0

( ; ω )(迂闊だったお・・・火の元を落とされるとは)

( ; ω )(予備のたいまつはもうない・・・)

( ;^ω^)(このまま進むしかないお)

明かりを失ってしまった。これは非常に危険である。

この洞窟の出口へいくその道順は、そこまで難しいルートではない。

ほぼ一本道をまっすぐ進めば、その出口に到着できるような場所だ。

だが、こうして光をうしなってしまうと、解らない。

先程の戦闘で、方向感覚も解らなくなってしまった。
これはまずい。

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:27:01.81 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)「・・・手探りで・・・いくしかないお」

壁に手をあて、なぞるように進む。

願うのは、少しでも早くこの目が暗闇に慣れる事である。

( ^ω^)(・・・今度から、たいまつは腕に括りつけておくかお)

今度。今度はあるか。

( ;^ω^)「・・・・・・」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:30:55.66 ID:2tb6AHCL0

初めて、岩山の洞窟に挑んだ時の事を思い出す。

あのときも、たいまつを落とし、運良く命からがら脱出した。

恐怖がじわじわと蘇り、ブーンの心を浸食する。

( ^ω^)「・・・・・・」

ダメだ。恐怖こそ、冒険において一番捨てねばならぬ感情。
払拭するように、何も考えないようにする。

だが、それでも緊張は高まる。

そうしてしばらく進んでいった。

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:34:50.31 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)

( ^ω^)

( ^ω^)(!)

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:36:14.55 ID:2tb6AHCL0

手探りで進む。その触れた感触に、違和感が。

( ^ω^)(・・・これは・・・何だお)

( ^ω^)(今までの岩肌とは違う・・・)

( ^ω^)(何かこう、人工的に作られた・・・)

( ;^ω^)(・・・・・・)

( ;^ω^)(・・・・・・これは・・・)

( ;^ω^)(扉かお?)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:39:18.09 ID:2tb6AHCL0

それは、どう触れても自然のものではなかった。

ゴツゴツとしない、滑らかで直線的な感触。

ところどころ、垂直に交わる溝。

扉ならば、かなり大きい物だと予想される。

自然発生的にできたものでは、まずない。

だが。

なぜここに、扉が存在するのか?

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:42:07.37 ID:2tb6AHCL0

果たして、人間がこんな危険な魔物の住処に、
人間の御用のものをつくるだろうか。

ありえない。

過去の遺物?それもない。

ここは海の底だ。

こんな場所に、人間の住処や倉庫などを置く訳が無い。

とすれば。考えられる事は一つ。

( ;^ω^)

ブーンは、とある事を思い出した。

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:45:28.03 ID:2tb6AHCL0

( ゚д゚ )『ミタんだ・・・この目で』

( ^ω^)『ほう・・・・・・』

( ゚д゚ )『あれは数年前・・・俺が近くの山に猟りに出かけた時のことだ』

( ゚д゚ )『その山へ、ラダトームの騎士団がいた』

( ゚д゚ )『驚いたよ、まさか姫様をミれるなんて』

( ゚д゚ )『ラダトームのお姫様が、何かの用事で、騎士団を召して移動中だったんだ』

( ゚д゚ )『騎士やお姫様なんて初めてミタから興奮したけど』

( ゚д゚ )『その内に、大きな・・・魔物が飛んでやって来たんだ』

( ^ω^)『・・・魔物?』

( ゚д゚ )『ああ・・・でっけぇのだ』

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:50:45.68 ID:2tb6AHCL0

( ゚д゚ )『俺は怖くて、遠目でぶるぶる震えてミテたんだ』

( ゚д゚ )『そいつは、騎士団を踏みつぶし、蹴散らし、姫をくわえて・・・』

( ゚д゚ )『そのまま、また飛び去っていったんだ』

( ^ω^)『・・・・・・』

( ^ω^)『どこへ、飛び去っていったんですかお?』

( ゚д゚ )『東だ・・・』

( ^ω^)『東・・・』

( ゚д゚ )『東の・・・あれは、リムダールか、マイラの方へ飛び去っていったと思う』

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:55:16.09 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)『ふむ・・・』

( ゚д゚ )『それ以来、ラダトーム王・・・ラルス16世は、竜王に侵攻をかけにくくなった』

( ゚д゚ )『なにせ、自分の娘が、人質に囚われてるんだからな』

( ゚д゚ )『殺された訳でもない・・・殺せば、王は憤激し、何に代えても
竜王を倒そうと躍起になる』

( ゚д゚ )『でも、どこかに囚われているだけ・・・これは、殺すよりタチが悪いぜ』

( ゚д゚ )『攻め入れば、姫に危害を加えるかもしれない・・・』

( ゚д゚ )『しかし、一国の王としては、それを止める訳にもいかない・・・
ラダトームの民間傭兵募集も、そういった意味も含んでるのかもな』

( ゚д゚ )『軍を派遣せずに済むからな』

( ^ω^)『それが、魔王軍の狙いですかお』

( ゚д゚ )『わからねえが、そうかもしれない』

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:56:34.06 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)「・・・・・・」

ガライの町でたち聞いた情報。

大国の姫君が、魔物に連れ去られたという話。

ここは、ガライからは東に位置する。

( ;^ω^)(まさか)

( ;^ω^)(いや・・・そんな)

大きな扉を、押してみる。ビクとも動かない。
鍵がかかっているのか?

と、そのとき。

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:59:57.96 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)「!?」

ブーンの懐から、うっすらと、青白い光が放たれる。

( ^ω^)「これは・・・」

その光の源は・・・以前、雨の祠で、じぃに貰ったもの。

“魔法の鍵”だった。

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:02:36.42 ID:2tb6AHCL0

それの、はめ込まれた水晶が、微細な光を放っているのだ。

そして、その光に共鳴するかのように。

扉全体もまた、光を放ち始める。

( ;^ω^)「おおっ・・・!?」

扉全体が輝く事で、その全容が伺い知れた。

縦横に、十数メートルはあるかという、巨大な扉。

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:03:50.28 ID:2tb6AHCL0

( ;^ω^)「・・・この扉は・・・」

( ;^ω^)「・・・・・・結界・・・かお」

ブーンは、この光に見覚えがあった。

ガライにいた頃、ハインと一緒に見た、ガライの墓、その封印。

それとまさしく同じ光だ。

大きな扉の青白い輝きは、荘厳で神秘的に。

そして、この扉の馬鹿げた大きさ。このサイズが示すものとは。

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:06:05.18 ID:2tb6AHCL0

( ;^ω^)「・・・・・・」

『・・・・・・誰?』

( ;^ω^)「!!」

『そこに・・・誰かいるの?』

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:08:33.71 ID:2tb6AHCL0

扉の向こう側から、微かに聞こえる。

それは、人間の声だ。

( ;゜ω゜)「ひ・・・ひとがいるのかお?!」

『・・・あなたは・・・人間・・・?』

( ;^ω^)「そうだお!?君はいったい・・・」

『ああ・・・助けて。お願い・・・いや、でもだめ』

『あなたがここに入ってくれば・・・あなたは死ぬわ』

『殺される。きっと』

( ;^ω^)「!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:11:17.72 ID:2tb6AHCL0

『でも・・・ここから出たい。出たいの』

『どうしたらいいの・・・』

( ^ω^)「・・・・・・」

『誰か・・・誰か・・・・・・』

『 ・・・・・・・・・助けて・・・・・・・・・ 』

( ^ω^)

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:13:30.75 ID:2tb6AHCL0

扉の中から、それは聞こえた。

震える、女性の声。

そして、その声の裏に聞こえる・・・低く、獰猛なうなり声を。

( ^ω^)「・・・・・・」

( ^ω^)「・・・大丈夫だお」

『・・・・・・』

( ^ω^)「助けるお。君を、救うお」

( ^ω^)「この暗闇から・・・解き放ってみせるお」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:15:28.55 ID:2tb6AHCL0

光が強まる。

ビキビキと音を立て、扉全体が震え出した。

( ^ω^)

ロトの勇者は、ここに気が付かなかった。

熟練の腕を持つ彼は、そのまま正しいルートを辿っていったのだ。

自分の成すべき事は、彼の後を追う事。

ここは関係ない、とも言える。

しかし。

ロトの勇者がここを見つけたら、どうしたであろうか。

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:19:21.13 ID:2tb6AHCL0

自分の――――――自分が目指すべき道は。

決して、彼の足跡をなぞる事だけではない。

ブーンは決意する。

自分の腕の未熟を知らぬとは言えぬ。

死への恐怖がない訳ではない。

しかし、勇者は。

本当の勇者とは、いったい何だろう。

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:22:03.24 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)

扉は、大きな光と音を放ち、

青白い光が、砕けた。

物々しい扉が、ギシギシと開く。

その先へ。

一歩踏み出す。

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:26:06.62 ID:2tb6AHCL0

彼を超える為に。

全てを超える為に。

( ^ω^)「今、助けるお」

( ^ω^)「――――――姫君様」

その一歩こそが、勇者の証であると信じて。

今その胸に、正義を抱く。

本当の――――――真の勇者に、なるために。

to be continue…!!

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:30:54.26 ID:2tb6AHCL0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV16

てつのおの
はがねのよろい
てつのたて

今回登場した敵

メーダ:多くの触手をもつ軟体の魔物。魔力によって空中に浮遊する事もでき、
いきなり人間の頭にとりついて窒息させる。そのぎょろりとした目が特徴。
沼地の洞窟に生息する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。