プロローグ


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:04:11.38 ID:vYMlBGXY0

プロローグ
 

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:04:51.51 ID:vYMlBGXY0

時は乱世、暗黒の時代。
暴虐の覇王・・・竜王の手によって、世界は邪悪に包まれていた。
人対魔物。
闇の支配と、それに対抗する脆弱な人間。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:06:26.52 ID:vYMlBGXY0

田畑は枯れ、動物は禍々しく猛け吠える。風は荒み、空は暗し。
魍魎が跋扈し、人々の血を啜るために蹂躙す。
各国が竜王討伐の軍を送るも、音沙汰無し。
徐々に軍備もつき、果ては兵士の心も折れる。

民の暮らしは、恐怖と絶望に彩られる。
人々の目から、光が消えた。
人々の心から、祈りが消えた。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:07:49.19 ID:vYMlBGXY0

いやしかし、希望はある――――ロトの勇者。
彼の伝説の血を引きし者が、竜王成敗に向けて旅足をのばしている。
勇者暗躍奮闘の噂は、次第に民の間に広まり、一つの希望の光となった。

しかし・・・

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:08:50.30 ID:vYMlBGXY0

(メ;; ∀ )「はぁ・・・はぁ・・・」
(メ;; ∀ )「ここか・・・」

ギギイィィ・・・ガゴンッッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:09:40.17 ID:vYMlBGXY0

(メ;; ∀ )「・・・」
やぁ、良くぞ来た。勇者よ。

(メ;; ∀ )「お前が竜王か」

いかにも。我こそが、この世を統べる暗黒の王なり。

(メ;; ∀ )「・・・ついに、会えたな・・・」

恋い焦がれておったか・・・?ククク

(メ;; ∀ )「竜王・・・貴様を・・・倒すモナ」

まぁ待て・・・ お前に一つ。

質 問 を し よ う で は な い か ・ ・ ・

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:10:44.52 ID:vYMlBGXY0

巷に凶報流るる。
正義の勇者、ロトの血族が竜王の手に落ちた。
戦いに破れた聖血の戦士は、魔王軍に捉えられ、今なお拷問を受け続けている。
そして尚、悪の軍勢は力を蓄え、人間の明日を、願いを奪うために。
伝説の勇者すら敵わないのか。我々の望みは叶わないのか。

この衝撃的なニュースは、風のように世界全土へと広まった。
人々の心から、再び希望と祈りが消えた。

そして、数年後―――――――

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:13:52.26 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「カーチャン、起きたかお。今日は体調はどうだお?」
母「ああ・・・今日はいつもよりはなかなか調子がいいよ・・・ゴホッ」

( ^ω^)「よかったお。じゃあ、森に出て、薪でもとってくるお」

母「ああ、いってらっしゃい。気をつけてね、ブーンや」

( ^ω^)「いってくるお!棚の鍋に、芋の炒め物があるお。ちゃんと食べるんだお?」

母「ありがとうねぇ。魔物に気をつけるんだよ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:15:08.47 ID:vYMlBGXY0

ここは、ラダトーム城下町。
竜王軍の手により、いくつもの国や村が滅ぼされて来ている中、
このラダトームの城下町はかろうじて生き残っていた。
見上げれば、遠くに荘厳にそびえる、ラダトーム城。
この城の規模の大きさこそがそのまま、ラダトームが今まで魔の手に屈しなかった理由の一つでもあるのだろう。

ブーンは、城下町の純朴な青年であった。
この地に生まれ、この地で生きてきた。

魔物の恐怖に脅かされながらも、病弱な母と二人、質素で穏やかな生活を営んでいる。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:16:06.19 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「今日も風が冷たいお」
( ^ω^)「はやいところ仕事を済ませて、カーチャンのところへ帰るかお」

城下町付近の森。そこで、ブーンは薪を取る作業を始める。

城下町に住む大抵の人間は、町の中で業者や猟師から薪を買う。
町の外に出ては、魔物に襲われる可能性があるからだ。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:16:51.48 ID:vYMlBGXY0

しかし、ブーンはいつもこの森で薪をとっていた。
薪を買う金も惜しい程に貧窮している事につけても、
ブーン自身も気をつけてさえいれば、この辺りのモンスターなら、なんとかやり過ごせる腕をもっていた。
そして、その薪を売り、ブーン家は生計を立てていた。
(つ^ω^)o「よっ・・・と」パカン、パカン

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:19:16.35 ID:vYMlBGXY0

古びた斧を振り下ろし、薪を割り、カゴに積んでいく。
一汗を流した後、冷たい川の水を飲み、一息ついて疲れを癒した。
( ^ω^)「・・・最近、カーチャンの病状も悪くなって来ているみたいだお」

( ^ω^)「もっと栄養のあるものがいるお・・・」

( ^ω^)「! そうだお。魚でも取って帰って、カーチャンを喜ばせるお!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:20:56.07 ID:vYMlBGXY0

ブーンは心優しい青年だった。体の弱い母をいつも気遣っていた。
そして、母を守る為には、自分が強くあらねばと、森に出て、薪割りや狩りをしたりして、体を鍛えている。
( ^ω^)「小さい魚なら・・・手で獲れるお!」バシャバシャ

( ;^ω^)「ぬくく・・・」バシャバシャ

( ;^ω^)「とれたお!・・・チビの魚が、2匹」

ゅ ゅ ピチチ・・

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:23:38.59 ID:vYMlBGXY0

(‘A`)「・・・」
( ^ω^)(あ・・・人だお。こんなところに、珍しいお)

( ^ω^)(黒いローブ・・・この辺りじゃ、変わった格好だお)

( ^ω^)「こんにちは。何してるんですかお?」

(‘A`)「・・・」

(‘A`)「・・・ん?ああ、薬草をとりに。この辺りは、質のいいものが群生しているんだ」

( ^ω^)「そうなのかお。ということは、薬屋さんですかお?」

(‘A`)「・・・いいや、違う」

( ;^ω^)「そ、そう・・・(なんだか、無愛想な人だお)」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:24:29.69 ID:vYMlBGXY0

(‘A`)「・・・そろそろ日が暮れる。はやく家に帰った方がいいんじゃないか?」
( ^ω^)「あ・・・本当だ。そろそろ帰らなきゃ・・・カーチャンも心配するお」

(‘A`)「一人で帰れるのか?」

( ^ω^)「大丈夫だお。スライムくらいなら、なんとかしのげるお」

日が沈み始めていた。日が暮れてしまっては、魔物に襲われる可能性も高くなる。
ブーンは急いで手じまいの準備をし、家路へとついた。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:26:25.25 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「どうだおカーチャン、今日は魚のスープだお」
母「あら、いい匂いだねぇ。ブーンも一緒に食べようよ」

( ^ω^)「だお。ブーンの分も取り分けてあるお」

母「ああ・・・美味しいよ、ブーン。まぁ、1杯に2匹も・・・贅沢ねぇ」

( ^ω^)「香草も使って香りを出してるんだお。
腕によりをかけて作ったお!でも、お隣さんにまた塩を借りてしまったお・・・」

母「ブーンは料理をつくるのが得意ねえ・・・料理人が向いているのかもしれないわ」

(*^ω^)「さぁ、カーチャンいっぱいたべて栄養つけるお!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:27:21.66 ID:vYMlBGXY0

次の日――――
( ^ω^)(こまったお)

( ^ω^)(完全に金がなくなったお)

( ^ω^)(それどころか、他人から借りたりもしているし、むしろマイナスだお)

( ^ω^)(最近じゃ、薪売りの商売もさっぱりだし・・・どうしたもんかお)

( ;^ω^)「・・・・・・」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:28:16.80 ID:vYMlBGXY0

(,,゚Д゚)「おぅ、ブーンじゃねえか!」
( ^ω^)「お、ギコ。」

(,,゚Д゚)「どうしたい、しけたツラして。なんか悪いもんでも食ったかい?」

( ^ω^)「あー・・・ちょっと、金銭的な問題で・・・」

(,,゚Д゚)「ああ・・・そっか」

( ^ω^)「カーチャンの病気もあるし、何かと物入りなんだけどね・・・うまくいかないお」

(,,゚Д゚)「なるほど・・・ そういやブーン、こんな話を知ってるか?」

( ^ω^)「なんだお?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:29:21.35 ID:vYMlBGXY0

(,,゚Д゚)「なんでも、竜王討伐の旅に出ると申請すれば、ラダトームから支度金として金がもらえるらしい」
( ^ω^)「・・・金?ほお」

(,,゚Д゚)「軍の方も兵士が足りない・・・ かといって竜王討伐の遠征を止める訳にもいかない」

(,,゚Д゚)「そこで、屈強で腕のたつ民間人を、送り傭兵として雇うって事だな」

( ^ω^)「そうなのかお・・・」

(,,゚Д゚)「ただし、金を受け取ればこの町からは出ていかにゃならんけどな」

( ^ω^)「まぁそりゃあそうだろうお」

(,,゚Д゚)「まぁそれでも金を持ち逃げする奴もいるだろうさ。 国軍も、藁にもすがる思いなのかねぇ」

( ^ω^)「こんな時世だもの、しょうがないお」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:30:11.48 ID:vYMlBGXY0

(,,゚Д゚)「・・・ところでブーン、俺はこの遠征に買って出ようと思うんだ」
( ;^ω^)「え?ギコが?」

(,,゚Д゚)「ああ、そうさ」

( ^ω^)「マジかお!?危険な旅になるお・・・それとも、金だけ貰って逃げる口かお?」

(,,゚Д゚)「ばかいえ。俺がそんな事する訳ねえだろう」

( ^ω^)「おお・・・本気かお?」

(,,゚Д゚)「ああ、本気だ。俺には身寄りもいねえ。このままここでくすぶって死ぬよりはな・・・」

(,,゚Д゚)「いろんな所を旅して、冒険して、いろんなもんを見て、町の自警団として磨いて来た自分の腕を試しみてえ」

(,,゚Д゚)「幸い、俺ァ腕っ節には自信がある。だったら、人様の、世の役にたって死にてえってもんだ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:31:20.55 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「そうかお・・・覚悟を決めてるのかお」
(,,゚Д゚)「ああ、止めても無駄だぜブーン。俺はやる、やるぜ」

( ^ω^)「止めはしないお、ギコ」

( ^ω^)「ただ、本気でやるのなら、相当過酷なものになるお」

( ^ω^)「なにせ、あのロトの勇者が失脚した程の道程なんだから」

(,,゚Д゚)「それもわかってる。何より、辛い旅になる」

(,,゚Д゚)「でも俺は、人々の救いの・・・希望になってみてえ」

(,,゚Д゚)「明日か明後日にでも、この町を発つぜ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:32:14.85 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「そうかお。昔からの友人として、応援するお」
(,,゚Д゚)「おう、ありがてえな、ギコハハッ!」

( ^ω^)「・・・ところで、遠征で貰える支度金はどのくらいなのかお?」

(,,゚Д゚)「たしか、40ゴールドだか50ゴールドだったと思うけどなぁ」

( ^ω^)(ご・・・50G・・・それだけあれば・・・)ゴクリ

(,,゚Д゚)「なんだ、お前も旅に出るか?」

( ;^ω^)「・・・い、いや、ブーンにはカーチャンがいるお・・・カーチャンをおいては旅にはでれないお」

(,,゚Д゚)「そうか・・・いや、お前の腕っ節もなかなかのモノなんだけどなぁ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:34:05.88 ID:vYMlBGXY0

(,,゚Д゚)「正直、その辺りの自警団じゃブーンには敵わねえ。俺でも危ういところだぜ」
( ^ω^)「カーチャンを守る為には、力がいるお。実際、最近治安も悪くなって来ているし・・・」

(,,゚Д゚)「ま、でも、お前は竜王討伐の為に旅にでる・・・なんてよりかは、
この町で静かに暮らしていく方が気性にあってると思うぜ?カーチャンに美味い飯つくってさ」

( ^ω^)「うん、ブーンもそう思うお」

(,,゚Д゚)「お前も何だったら、自警団に入ってもいいと思うんだがなぁ」

( ^ω^)「自警団員は結構時間の拘束が厳しいお・・・カーチャンの面倒をみないといけないから」

(,,゚Д゚)「ふぅむ・・・そうかあ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:35:56.07 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「・・・そういやギコ。しぃさんはどうするのかお?」
(,,゚Д゚)「しぃ・・・って、なんでそこでしぃがでてくんだよ」

( ^ω^)「あれ?ギコ、しぃさんの事好きだったやんけ」

(//,,゚Д゚)「ばっ!あ、あんな阿婆擦れ、好きでもねえやっ!!」

( ^ω^)「あろろ・・・相思相愛だと思ってたのに」

(,,゚Д゚)「・・・仮に惚れてる女がいたとしても、俺は出て行くぜ。これが、俺の使命だ。そう決めたんだ」

( ^ω^)「ひゅーぅ、かっこいいお」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:36:41.77 ID:vYMlBGXY0

(,,゚Д゚)「ま、とりあえず出発前に挨拶は済ませたぜ。また旅立つときは言うけどな」
( ^ω^)「わかったお。じゃあ、出発前に美味いものつくってやるお」

(,,゚Д゚)「お、そりゃあ嬉しいねえ、ハハハ」

( ^ω^)「腕を振るうお!期待してろお!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:37:27.14 ID:vYMlBGXY0

――――夜。 ブーン宅、寝床。
家は消灯し、窓から星月明かりが差し込む。冷たい風が吹き込んでくる。
( ^ω^)(・・・旅、かお)

( ^ω^)(竜王討伐・・・そんな事が出来るのかお)

( ^ω^)(ギコは偉いお。ちゃんと人の役に立とうとして生きてる。命を懸けてる)

( ^ω^)(ブーンは、カーチャンを守るので精一杯だお)

( ^ω^)(ブーンは・・・)

( ^ω^)(自分はいったい、何者になるのかお)

( ^ω^)(・・・わからないお)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:38:13.30 ID:vYMlBGXY0

ギコ、出立の日。
( ^ω^)「よう」

(,,゚Д゚)「おう」

( ^ω^)「出発祝いだお。山でとってきた野鶏と山菜の蒸し物と、豆の羊乳煮だお」

(,,゚Д゚)「ぐっは!こりゃ美味そうだ!すっげえ良い香り!」

(*゚ー゚)「ギコ、いくのね・・・」

(,,゚Д゚)「・・・ああ、いってくら。お前も、自警団の方、ヨロシク頼むぞ」

(*゚ー゚)「うん・・・」

( ^ω^)「冷めないうちに、くえお。美味しいお」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:39:51.67 ID:vYMlBGXY0

(,,゚Д゚)「おれは世界を見てくるぜ。きっと、竜王を倒してみせるぞ」
( ^ω^)「頼もしいお。ギコが言うなら、なんとかなりそうだお」

(*゚ー゚)「・・・・・・竜王討伐なんて・・・無理よ。 ギコ、今からでも、考え直せないの・・・?」

(,,゚Д゚)「おおっ!うまっ!鶏肉めっちゃ柔らかくて、ジューシィだなぁ」

(*゚ー゚)「・・・」

(,,゚Д゚)「しぃ、もう決めたんだ。いくって。世界の為に出来る事を、俺は探しに行くぜ。
俺は外で戦う。だから、お前は町の中で、自警団としてみんなを守ってくれよ」

(*;ー;)「ギコ・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:41:53.92 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「しぃさん、男にはやると決めたら、譲れないものってのがあるんだお。
ギコなら、きっと竜王をやっつけて、ここにまた戻ってくるお」
(,,゚Д゚)「そうそう、そう簡単にゃ死なねーぜ、ギコハハハ!」

(*;ー;)「・・・期待しないで待ってるよ!」グスン

(,,゚Д゚)「おう。ほれ、この豆のスープも超うまいぜ。くいねぇくいねぇ」

( ^ω^)「これは自信作だお。ギコ、ブーンの料理食い納めなんだから、腹一杯食えお」

(,,゚Д゚)「ああ。ありがとう、ブーン」

(*゚ー゚)「・・・ホント、おいしい!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:43:16.55 ID:vYMlBGXY0

村人「たっ大変だ!魔物が・・・せめてきたぞ!!」
( ;^ω^)「!?」

(;,,゚Д゚)「なんだと・・・っ!?」

村人「今、数体の魔物が町に・・・ 自警団員も既に何人かやられた!
城の方に知らせに人を向かわせたが・・・兵士がくるのも時間が・・・あぁ・・・」

(,,゚Д゚)「・・・くそぉっ・・・!!」

村人「頼む!アンタらの力、貸してくれ!ここらの腕っ節自慢のあんたら3人なら・・・」

(*゚ー゚)「広場の方・・・!?いきましょう!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:44:58.35 ID:vYMlBGXY0

――――――ラダトーム城下町、広場。
魔物「グォオオオッッ!!」 魔物「グルハァアッッ!!」

(;*゚ー゚)「・・・あれは・・・」

(;,,゚Д゚)「リ、リカントだ・・・ちくしょう、この辺には生息してない筈だが・・・なぜこんなところに・・・!」

村人「さっき、見慣れない奴がきて・・・あの魔物をけしかけて去っていったんだ!
きっと魔王軍の奴だ・・・!ついにラダトームにも・・・? あああ・・・」

( ;^ω^)「村人を襲ってるお!はやく助けないと・・・こん棒のようなものを貸してくれお!」

村人「あ、ああ・・!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:46:24.93 ID:vYMlBGXY0

リカント「グゥルルルォォオオオッッ!!」
村人「ひぃいいあああっっ!!」ザクッ!ドシュッ

(,,゚Д゚)「ちっ!やるしかねえ!」

(♯,,゚Д゚)「うおおおッッ!!」ザシュッ!!

リカ「グルォォッ!?」

(♯^ω^)「・・・ふっ!!」ドスッ

リカ「ガアアォッ!!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:47:33.33 ID:vYMlBGXY0

リカ「グウゥゥウ・・・」
リカ「ガアアォッ!!」

(*゚ー゚)「きゃあっっ!!」ガスッ

(;,,゚Д゚)「しぃ!!ちくしょうっ」ビヒュッ

リカ「グルルっ!」ヒラリ

(;,,゚Д゚)「だ、だめだ・・・かすり傷を与えるくらいしかできねえ・・・」

( ;^ω^)「魔物の数は2体かお・・・」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:48:28.71 ID:vYMlBGXY0

(* ー )「う・・・」ドクドク
(,,゚Д゚)「しぃ!大丈夫か!しっかりしろ!自警団員だろっ!」

(* ー )「ギ・・・コ・・・」

リカ「ガアアアッ」

(;,,゚Д゚)「あぶねえっ!・・・くそっ」バッ

( ;^ω^)「ギコっっ!!!!」

(#,,゚Д゚)「うっぉおおああああああああああ!!!!」

ド シ ュ ッ ッ ! !

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:49:33.98 ID:vYMlBGXY0

リカ「・・・グ・・・ォ・・ゥ」ポタポタ
(,,゚Д゚)「・・・・・・」

リカ「・・・」ドサッ

( ;^ω^)「ギコ!大丈夫かお!」

(,,゚Д゚)「へへ・・・首に・・・一発だ・・・やってやったぜ・・・」

( ;^ω^)「・・・おまえ・・・腹に・・・」

(,,゚Д゚)「ぁぁ・・・どうやら俺も・・・もらっちまったらしいな・・・」ドロリ・・・

(,,゚Д゚)「も、もう一匹は・・・?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:50:25.60 ID:vYMlBGXY0

( ;^ω^)「もう一匹は、町の北の方へ逃げたお・・・」
(,,゚Д゚)「あいつも・・・はやく・・・なんとかしねえと・・・みんな・・・が・・・」

(*゚ー゚)「ギ・・・コ・・・」

(,,゚Д゚)「しぃ・・・大丈夫か・・・」

( ;^ω^)「もういいお!二人ともしゃべるなお!傷が・・・」

(*゚ー゚)「い・・・いか・・・・ないで・・・ギコ」

(,,゚Д゚)「ああ・・・ど・・・こにもいかねえよ・・・ここ・・・」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:53:14.79 ID:vYMlBGXY0

「ギコ・・・」
「しぃ・・・」

( ; ω )「うっ・・・うわああああああああっっ!!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:54:22.82 ID:vYMlBGXY0

( ;ω;)「うっうぉっ・・・!」
村人「ああっ!魔物が・・・魔物が民家の集落の方に・・・!」

( ;ω;)「!?」

( ;^ω^)(民家・・・!?カーチャン!!)

(#^ω^)「カーチャン!!」ダッ

( ^ω^)(無事で・・・いてくれお!!)

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:55:09.43 ID:vYMlBGXY0

―――――民家集落付近
リカ「グラァアアアアッッ」ガブッ

村人「ひでぇあっっ!」

母「あ・・・ああ・・・」

リカ「クゥルルァ・・・!」

母「た・・・たすけ・・・ブーン・・・!」

リカ「ゴアアアッッ!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:55:57.99 ID:vYMlBGXY0

( ;^ω^)「カーチャンっ!カーチャン無事かおっ!!」ダダッ
( ^ω^)

( ^ω^)「カ・・・ 」

(  ω )「・・・・・・ぉぉ」

(# ω )「っ・・・うぉおおおおおああああああああああ!!!!!!!!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:57:42.08 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「!!」
リカ「グアアアッ・・・」

(#^ω^)「この・・・やろおおおおおおおお」シュッ

リカ「クアッ!!」バゥッ

(# ω )「あぐっ・・・!」ドスッ

(; ω )(ち・・・くしょう)

(; ω )(ギコ・・・しぃさん・・・カーチャン・・・)

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:58:30.34 ID:vYMlBGXY0

(‘A`)「・・・」
リカ「ガアァ? グラォオォオッ!!」

(‘A`)《・・・ギラ》

黒色のローブを羽織る男が、呪文をとなえた。
男の左手の指先から、灼熱の閃光が放たれる。

リカ「ゴアアアッッ!!」

爆炎がリカントの体を包み、焼き焦がした。
肉の焼ける匂い――――魔物は、動かなくなった。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 22:59:24.22 ID:vYMlBGXY0

( ;^ω^)「・・・おお!?」
(‘A`)「大丈夫か」

( ^ω^)「あ、ああ・・・い、今のは・・・?」

(‘A`)「呪文だ」

( ^ω^)「呪文・・・?」

(‘A`)「魔力を有する者にのみ使える、魔法だよ」

( ^ω^)「はぁ・・・」

(‘A`)「・・・この魔物に、大分村人が襲われたようだな」

(  ω )「・・・・・・」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:00:28.18 ID:vYMlBGXY0

(  ω )「・・・友人が・・・カーチャンが、やられたお」
(‘A`)「・・・そうか・・・」

(  ω )「毎日毎日・・・魔物の侵攻の恐怖に脅かされて・・・ 家族が殺されて・・・
自分たちに・・・安寧の日々はこないのかお・・・」

(‘A`)「・・・そりゃ仕方ない。弱いからな」

( ;^ω^)「ッ!」

(‘A`)「この今の世界じゃ弱者は悪。自分の身を守れない無力を呪うしかないよ」

(‘A`)「竜王が支配している、この世界じゃな」

(  ω )「・・・・・・!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:01:16.54 ID:vYMlBGXY0

(‘A`)「俺は、旅に出る。竜王を倒す旅に」
( ^ω^)「旅・・・」

(‘A`)「まぁ、といっても、竜王を倒すってのはオマケなんだけど」

( ^ω^)「?」

(‘A`)「じゃあな。とにかく、拾った命を大切にな」

( ^ω^)「・・・まってくれお! いったい、君は何者なんだお?」

(‘A`)「何者でもないよ。名はドクオ」

( ^ω^)「ドクオ・・・ 僕はブーンだお。
さっきの力は・・・?ブーンにも使えるようになるのかお?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:02:14.68 ID:vYMlBGXY0

(‘A`)「・・・呪文か。こればかりは才能だからな・・・魔力を身に蓄える力が無ければ」
(‘A`)「何十年修練しようが、使えないものもいる。俺も子供の頃から修行を積んでやっとさっきのレベルさ。
みたところ、アンタに魔力は感じない。実用的なレベルのものは、アンタには多分無理だよ」

( ^ω^)「そうかお・・・」

(‘A`)「呪文を会得して、どうするんだ?護身用?それとも、」

(‘A`)「アンタも旅にでるのかい?竜王討伐の」

( ^ω^)「・・・・・・」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:03:22.59 ID:vYMlBGXY0

翌日、ラダトーム城下町で、葬式が行われた。
今回の魔物襲撃に伴い、死者の数は23名。
式は、悲しみの涙と、絶望の涙で濡れる。

ブーンは、自分の母の葬に、母が好きだった花を添えた。
ギコ、しぃの墓にも、同じものを添えた。

( ^ω^)(・・・・・・)

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:06:19.74 ID:vYMlBGXY0

アンタも旅にでるのかい?竜王討伐の
( ^ω^)(・・・・・・)

( ^ω^)「・・・・・・ギコ・・・」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:07:21.08 ID:vYMlBGXY0

――――ラダトーム城、謁見の場。
数人の屈強そうな男達が、緊張した面持ちで立っている。
王座に構える王が、話し始めた。

王「ふむ、そなたらも竜王討伐の遠征に、かって出てくれる者か」

王「大きな軍隊を編制して送り込んでも、食料の問題や、敵に目立つ行動を見せては、すぐに襲撃される」

王「結局、精鋭を小分けで派遣するのが最も良い方法じゃ」

王「本来なら、国軍の兵士を送るのがいいのだが・・・」

王「なにせこちらも、人手不足。お前達のような民間人にも頼らざるを得ない治世を、どうか許してくれ」

王「では、旅の支度金として、一人50Gを持って行くが良い。大義な名の仕事に、小額で悪いがな」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:08:39.99 ID:vYMlBGXY0

男たちは、金の入った袋を受け取る。
そして、その中にはブーンもいた。

( ^ω^)

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:09:29.86 ID:vYMlBGXY0

家財や家を売り、借りていた借金なども返した。身辺の整理もした。
( ^ω^)(この世界を救う為に、今の自分に何が出来るか――――)

城下町の店で、装備を整える。

( ^ω^)(ギコ・・・お前の意思を――――)

薬草や防寒具、食料を買い、旅に備える。

( ^ω^)(ブーンが継ぐお)

ブーンは今、旅立つ。生まれてから片時も離れなかった、故郷に別れを告げる。

( ^ω^)(カーチャン・・・自分にどれだけの事ができるかわからないけど)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 23:12:11.65 ID:vYMlBGXY0

( ^ω^)「・・・待ってろお、竜王」
冒険の始まり。冷たい風が、ブーンの肌にピリピリと凍みた。

温かな平和の光を、取り戻す為に。

( ^ω^)ドラゴンクエストのようです(‘A`)

(推奨BGM)

http://www.youtube.com/watch?v=PiSn-DfqAIY 

プロローグ」への2件のフィードバック

  1. Reply

    ◆ASS/LTayZQ

    まとめて頂き、大変嬉しく思います。
    おかげさまで、完結にこぎ着ける事ができました。
    このサイトのおかげで、おおいにモチベーションをあげさせて頂きました。

    書籍化・・・なんて恐れ多い!!
    料金も発生してしまいますし、こうしてまとめて頂けただけで感涙ものです。
    本当にありがとうございました!!

  2. Reply

    管理者 Post author

    コメントありがとうございます。
    そしてお疲れ様でした!
    最期の死闘、存分に楽しみました、そして胸に刻みました。

    本当に、伝説の物語ですね!私が追いついたのは半年ほど前でしたが、すごく楽しみでした。

    個人的にブックにしたいと思っているので、いずれ作ってみたいと思います。
    また出来たらお伝えしますね。

    素敵な物語を本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。