第14話

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:28:25.62 ID:Gmb7lSQD0

第14話

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:30:27.35 ID:Gmb7lSQD0

ブーンは、その青白く輝く鍵を、巨大な扉に当てる。

扉全体が、震えだした。

( ^ω^)「今、助けるお」

触れた部分から、ビシビシと振動が伝わる。

まるで、自分の震えをかき消すように。

( ^ω^)「――――――姫君様」

光はどんどん大きくなり・・・・・・

ガラスが割れるような音と共に、その光は砕けてゆく。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:32:17.75 ID:Gmb7lSQD0

扉が、開いた。

( ^ω^)

ブーンは前進する。立ちはだかる――――――困難へと。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:33:16.61 ID:Gmb7lSQD0

その部屋の中には、燭台が一つあった。

炎の揺らめきが、その部屋を微かに照らしている。

( ;^ω^)「・・・・・・!」

ブーンのその目の前に現れたもの――――――

ドラゴン 「  ・・・・・・ グ ゴ ォ オ ア ァ ア ア ア ァ ァ ア ア ッ ッ ッ ! ! ! !  」

((( ;゜ω゜))「・・・・・・ッッ!!」ビリビリ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:35:10.67 ID:Gmb7lSQD0

吠え猛る巨大な怪物。魔物の中でも、強大で類強の種族。

“ドラゴン” だった。

( ;゜ω゜)「おっ・・・おっ・・・おおッッ・・・!」

ドラゴンを目にするのは初めてだ。

伝聞でしか触れ合う事の無かった存在。
それと、今まさに相対している。

斧を握りしめる手に、汗が滲む。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:38:08.44 ID:Gmb7lSQD0

( ;^ω^)(・・・・・・はっ?!)

巨体に圧倒され、咆哮に気圧され、刹那意識が飛びかけた。

はっと正気に返り、ふと横を一瞥する。そこには。

ξ゚⊿゚)ξ

一人の女性が震えている。

そうか。彼女が――――――。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:39:25.11 ID:Gmb7lSQD0

( ;^ω^)「・・・・・・!」

ドラゴン

ξ;゚⊿゚)ξ

三つの生命の動きが止まる。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:41:17.72 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴン「・・・・・・ニンゲンカ――――――」

( ;^ω^)「!!?」

( ;^ω^)「・・・・・・・・ッッ!!」

( ;^ω^)(人語を・・・話せるのかお・・・!)

ドラゴン「ココへナンのヨウダ・・・ヨワキモノよ」

ドラゴン「ソコのヒメをタスケルためカ」

ドラゴン「タトエなにヨウダとシテも・・・」

ドラゴン「オマエがドウナルカはカワラナイが――――――」

( ;゜ω゜)「・・・・・・ッッ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:45:19.96 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴンは、腰を下ろし寝るような体勢で、ブーンを見下ろす。

そして低く低く・・・迫力を秘めた声で語る。
どうしようもなく脆弱な存在を、ただ諭すような口調で。

決して流暢な人語ではないが・・・余裕を持ったその語り口は、こう告げている。

『ここから、絶対に生かしては帰しはしない』 と。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:47:14.05 ID:Gmb7lSQD0

( ; ω )「・・・・・・」

( ; ω )「ローラ姫かお」

ブーンは、女性に話しかける。

ドラゴンから視線を外さないまま。

いや、外せない。意識は、ドラゴンの方に向いている。

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・そう」

ξ゚⊿゚)ξ「わたしは、ローラ=ツン・デリシア・ラルス」

ξ゚⊿゚)ξ「ラダトーム王の・・・娘よ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:50:05.51 ID:Gmb7lSQD0

姫は震える。

しかしまた、ブーン自身も、震えていた。

怯えから来る震えと、武者震いが混じる。

それを、必至に押さえ込もうと、歯を強く噛み堪える。

( ; ω )

そして、竜は重い腰を上げ・・・また吠える。

恐らく、その身の丈はブーンの4倍以上はあるだろう。

ズズンと音がし、天井からパラパラと砂が落ちた。

心臓の鼓動の音が、高まっていく。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:53:22.68 ID:Gmb7lSQD0

( ; ω )

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・勇敢な人よ・・・どうか・・・」

( ; ω )

ξ゚⊿゚)ξ「 死なないで 」

願いの言葉が、開戦の合図。

(♯゜ω゜)「ッッ・・・ぉぉおおおおおおおおッッ!!」

ドラゴン「グルァああアアアアアアああアアアッッッ!!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:56:19.02 ID:Gmb7lSQD0

ブーンは、地を蹴った。

斧を振りかぶり、ドラゴンに目掛け特攻する。

(♯^ω^)「はああぁっっ!!」

しかし。横から、ドラゴンの尻尾が薙ぎ払われた。

横腹に、激烈な衝撃。骨にメキメキと振動が伝わるを感じる。

折れたか。

( ;゜ω゜)「・・・カはぁッ・・・!!?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:58:48.55 ID:Gmb7lSQD0

そのまま吹っ飛び、岩盤にめり込むほど叩き付けられる。

壁から剥がれるように倒れ、崩れ落ち膝をついた。

( ;゜ω゜)「ぐ・・・お・・・ げえぇ・・・がっ」

血の混じる吐瀉物をまき散らす。

意識が混濁する。視界が暗い。

今、武器は握れているか。敵は、敵はどこだ。

目の前だ。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:01:21.72 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴン「ガアアアアアオオオオオ・・・・・・ッッ!!」

( ;゜ω゜)「・・・は!!」

ドラゴンは、足を大きくあげ、ブーンを踏みつぶそうとする。

それを瞬時に横に飛び、転げるように間一髪で交わす。

巨大な足が地面を砕く。轟音が、洞窟内に反響する。

その衝撃に巻き込まれ、またさらに吹っ飛んだ。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:04:59.78 ID:Gmb7lSQD0

( ;^ω^)「ぐ・・・」

ξ;゚⊿゚)ξ「あぶない!!」

ドラゴンが、また尻尾をしならせ、鞭のように横薙ぎに攻撃してきた。

( ;^ω^)「・・・くッッ」

(♯^ω^)「くぉおおあああッッ!!」

それにピタリとタイミングを合わせ、斧を振る。

斧で尻尾を受け止める。
斧が、敵の鞭に食い込み、黒い血がブシュウと噴出する。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:07:06.88 ID:Gmb7lSQD0

((( ; ω ))「ぬうううンンッッ!!」

体中に電撃のような衝撃が走るが、今度は吹っ飛ばされない。

ザリザリと後退し、ぴたりと止まる。そうだ。

ドラゴン「ゴルガァアアアアアアアアアアア!!?」

そのまま、斧を押し込み、尻尾を断ち切れ。

力を込める。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:10:13.18 ID:Gmb7lSQD0

( ;゜ω゜)「・・・おおっ!?」

しかし、そのまま尻尾に巻き取られた。

(♯゜ω゜)「うがああああああ!!」

ものすごい強さで締め上げられ、苦痛に顔を歪める。

口から血がゴポリと溢れ、喉に詰まりそうになる。

そして、投げ飛ばされた。またもや壁に激突。

(メ; ω )「が・・・」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:13:04.58 ID:Gmb7lSQD0

(メ; ω )(つ、強い・・・今までの敵とは・・・比較にならない・・・)

(メ; ω )(桁が・・・違う・・・お)

今、自分とドラゴンが戦っている。

勝てるのか。

ドラゴン。 ドラゴンだと?

これは現実か。感覚が麻痺し、実感がわかない。

しかしこの痛みも恐怖も夢想の物だとしたら、なんという悪夢だろう。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:15:42.43 ID:Gmb7lSQD0

いや、気を保て。何を考えている。雑念を払え。

これは全て現実の事だ。そう。

目の前の化け物の大きく開けた口の中が、赤く燃え光るのも。

ドラゴン「・・・・・・バオオオオオオオ大オオオオッッッッ」

(メ;゜ω゜)「うっ!・・・うわあああああああっっ!!?」

ドラゴンは、火炎の息吹を吐き出した。

狂熱がブーンに襲いかかる。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:17:21.04 ID:Gmb7lSQD0

斧で振り払い、バタバタと転げ廻る。
水気のある苔の部分に体をこすりつけ、火を消した。

しかしすぐには起き上がれない。

いや・・・そのまま、ブーンは倒れ伏し動かなくなった。

ξ;゚⊿゚)ξ「ああっっ・・・!」

(メ -ω-)

ブーンの意識は、遠のいてゆく。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:23:29.66 ID:Gmb7lSQD0

走馬灯のように、彼らの顔が浮かんでくる。

(,,゚Д゚)

ギコ。

今自分がこうしてここにいる所以は、お前だ。

お前の死と情熱が、己の人生を宿命づけた。

お前と旅が出来たら、どれほど楽しいものだっただろうか

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:24:31.40 ID:Gmb7lSQD0

(‘A`)

ああ、こんなときに、ドクオがいてくれたら。

彼の呪文や聡明さは、頼もしい事このうえないのに。

やっぱり、無理にでもついていって、一緒に冒険していれば良かったかな。

( ゚∀゚)

それに、ジョルジュ。

彼の岩をも砕く鉄拳があれば、怖い物無しだ。

彼らとパーティーを組めば、どんな強大な敵にも立ち向かえる気がする。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:28:18.70 ID:Gmb7lSQD0

そういう可能性もありえたかもしれない。

しかし、一人だ。

自分は今、一人なのだ。

旅の中で、他人を思う事は出来る。

だが、現実に現れる訳ではない。

頼れるものは、己自身の刃のみ。

自分で決めた。 それがこの世界での自分の冒険だ。

ブーン・ホライゾンに許された、宿命の旅なのだ。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:31:39.24 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴン「グウウウウゥウゥゥゥウッッ」

竜は近づく。久々の御馳走の、その頭を噛み砕こうと。

ξ;゚⊿゚)ξ「い、いや・・・ッ・・・」

大口を開け、ブーンを・・・

(メ♯^ω^)「・・・・・・食われてたまるかお」

すかさず、斧は振り払われる。

ドラゴンの下顎の一部を粉砕した。

もう一撃。往復に斬る。

敵の喉もとから胸元に、大きな傷を負わせた。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:34:33.36 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴン「・・・グッ・・・グギャアアアッ!!」

ドラゴンはのけぞり、後退する。今だ。

(メ♯^ω^)「・・・・・・ううおおおおおおおオッ!!!!」バシュッバシュッ!

流れるように切り結び、脚、胴体を抉り斬った。

(メ;゜ω゜)(いけるお!)

ドラゴン「ギャアアアアアガアアアアア!!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:38:32.43 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴンの尻尾が振られる。
それは、ブーンには当たらない。

部屋の火の灯る、燭台を吹っ飛ばす。

(メ;゜ω゜)「!!」

「きゃっ・・・!?」

しまった。暗い。

唯一の明かりを消された。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:42:56.12 ID:Gmb7lSQD0

(メ; ω )(く・・・視界が・・・)

光を失い、立ち尽くす。

しかし、ドラゴンはこの闇のなか、自分を見下ろしているだろう。

どうする。どう動く。

――――――ニンゲンよ――――――

(メ; ω )!

――――――ヨクヤッタ。ココマデキズをオワセタのは、キサマがハジメテダ――――――

――――――ツヨキモノよ。ケイイをヒョウして・・・ゼンリョクでキサマを――――――

――――――――――――――――――コロス――――――――――――――――――

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:46:41.35 ID:Gmb7lSQD0

そして、静かになる。

自分の鼓動のみが、今この世界で一番大きい音だ。

(メ; ω )

(メ; ω )

ボボッ・・・

(メ; ω )!

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:54:45.01 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴン「ゴバハァアアアアアアアアアア!!!!」

突然周りが明るくなった。

手負いの竜に息吹かれた炎熱が、目の前から放射される。

(メ;゜ω゜)「オオオオオおッッ!!」

横転し交わす。

だが避けきれず、炎はジュバァと自分の足を飲み込む。

((メ; ω )「ああああおっ・・・!!」ジュウゥ

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:59:54.20 ID:Gmb7lSQD0

ドラゴンがどすどすと移動する。

姫の悲鳴が聞こえる。

そしてまた、闇中へ。

(メ;゜ω゜)「ぬ・・・ぬ・・・ぅ・・・」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:01:19.03 ID:Gmb7lSQD0

足をやられた。

体中の骨も折れている。

強烈な吐き気と、止めどなく溢れる口内の血液の味から、
内蔵も潰れているかもしれない。

もう満足に動けはしない。
今、立っているのが不思議なくらいだ。

余力は、無い。

(メ; ω )「・・・・・・・・・」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:05:48.60 ID:Gmb7lSQD0

( ゚∀゚)『ブーン。お前が強敵に立ち向かう事があれば』

( ゚∀゚)『まず、その弱点を探せ』

( ^ω^)『弱点・・・』

( ゚∀゚)『ああ・・・敵は強大だ。なら、弱みを見つける事だ』

( ゚∀゚)『その時の状況や力量差を見極めて・・・』

( ゚∀゚)『もちろん敵わねぇと思ったら、逃げる事も大切だぜ』

( ゚∀゚)『逃げる事は、決して敗北じゃねえ。命を落としちゃおしまいなんだからな』

( ゚∀゚)『勇気と無謀をはき違えるなよ』

( ^ω^)『・・・おお!』

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:11:32.30 ID:Gmb7lSQD0

(メ; ω )「・・・・・・」

逃げる等という選択肢は、無い。

簡単に逃がしてくれるような相手ではないのだ。

精神を集中する。
そうだ。この闇と、同化するのだ。

もうチャンスは、これしかない。

ブーンは、斧を構える。
これが、自分が繰り出せる最後の一撃になるだろう。

心の中で、十字を切る。

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:21:45.61 ID:Gmb7lSQD0

(メ; ω )

(メ; ω )

(メ; ω )

,; ,`

(メ; ω ) !!

((メ♯゜ω゜)づ 「  ・・・・・・見えたおッッッ・・・!!  」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:24:53.17 ID:Gmb7lSQD0

ブーンは、斧を思い切り投げた。

血の一滴まで、絞り尽くすがごとく。

微かにほの見える、オレンジの灯火に向けて。

斧は疾風となり、主の心の様な、真っすぐな軌道を描いて・・・

オレンジの光に突き刺さる。

即ち・・・ドラゴンの口内へ!

ドラゴン「  ゴガァアアアアッァッァアァアアアアアアアア!!?!?  」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:34:17.83 ID:Gmb7lSQD0

ドシュンと音を立て、斧はドラゴンの顔面に抉り込む。

そして、ドラゴンの溜めていた炎の息吹が、行き場を失い暴発する。

凶竜の頭が吹っ飛ぶ。

ゆっくりと巨体が崩れ落ち、ものすごい轟音を立てた。

その自身の炎に当てられ、メラメラと肉塊は燃え盛る。

(メ; ω )「・・・かはッッ・・・!!」

そして、ブーンも倒れた。

姫が駆け寄る。

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:35:59.78 ID:Gmb7lSQD0

ξ;゚⊿゚)ξ「・・・・・・ああ!!」

(メ;^ω^)「はぁ・・・はぁ・・・!」

(メ;^ω^)「や・・・たお・・・」

(メ;^ω^)「どらこん・・・たほしたぉ」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・傷が開くわ。しゃべらないで」

ξ゚⊿゚)ξ《・・・ホイミ!!》

姫の手から、暖かな光が流れ込む。

ブーンの傷を、ほんの少しだけ癒した。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:38:04.00 ID:Gmb7lSQD0

(メ^ω^)「お・・・これは・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「呪文よ・・・わたしのは、まだまだ未熟で完成していないものだけど」

ξ゚⊿゚)ξ「今の私には・・・これだけしかできないわ」

(メ^ω^)「ありがとうだお・・・ローラ姫様」

ξ゚⊿゚)ξ

ξ;⊿;)ξ 「・・・あっ・・・ありがとう」

ξ;⊿;)ξ「ありがとう・・・ありが・・・とう・・・」
ξ;⊿;)ξ「・・・うぐっ・・・ひ、ひいぃ・・・あり・・・がと・・・」

(メ^ω^)

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:41:51.94 ID:Gmb7lSQD0

姫の眼から、大粒の涙がこぼれる。

炎を照らし出されるその顔は、青白く痩せこけていた。

どれだけの時間、どれほどの苦痛を耐えて来たのだろう。

それは永久とも思える時の中で、この暗闇に束縛されて。

だが、それも今日までだ。

(メ^ω^)「・・・大丈夫だお、ローラ姫」

(メ^ω^)「もう、怖くないお。外の光を・・・」

(メ^ω^)「浴びにいこうお」

ξ;⊿;)ξ「ぐすっ・・・あああ・・・ああああぁぁん・・・!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:46:15.93 ID:Gmb7lSQD0

ブーンは救った。

初めて人の命を。

例えようもなく尊く、儚い生命を。

何かが、心の中で溶けてゆく。

あの時救えなった命に対しての、贖罪のような気がした。

血みどろの死闘の末――――――ブーンは勝利の栄光を掴んだのだ。

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:49:04.24 ID:Gmb7lSQD0

ξ;⊿;)ξ「ぐしゅっ、ぐすっ・・・ああ・・・あなたの・・・名前を・・・聞かせて」

(メ^ω^)「僕の名前は・・・ブーン」

(メ^ω^)「ブーンだお」

心が、満たされていた。

晴れやかな気持ちだ。

まるで我々が望む、青空のように。

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:51:49.74 ID:Gmb7lSQD0

ああ――――――温かい。

なんて温かいのだろう。

彼女の頬を伝い落ちる涙の暖かみが、人の幸福の象徴であるなら。

それが、平和の温もりの断片であるなら。

ξ;⊿;)ξ

(メ^ω^)

ブーンには――――――彼女の溢れ出る涙を、とめる事など出来ない。

to be continued…!!

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:53:31.61 ID:Gmb7lSQD0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV17

てつのおの
はがねのよろい
てつのたて

今回登場した敵

ドラゴン:強大な竜の魔物。魔物の中でも、最高ランクの強さを誇る種族。
また、知能もすさまじく、多種族の言語を理解するなど、人間の
知能を遥かに上回るとさえも言われる。
体内に炎熱を発生させる器官をもっており、火の息で獲物を焼き殺す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。