第20話


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 22:57:39.10 ID:yYPWI8LE0

第20話

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 22:59:50.90 ID:yYPWI8LE0

冷たい荒風を総身に受け、
思わずその土埃混じりの風の強さと冷たさに、目を細める。

首元の癒えかけの傷の上に巻かれた包帯がゆるりと解けて、
バタバタと風になびいて揺れた。

相も変わらずの悲しみをたたえた薄暗い曇天に、草木弱々しい乾いた大地。

この邪悪に犯された平地を踏みしめながら、ブーンは、ゆく。

( ^ω^)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:01:35.46 ID:yYPWI8LE0

リムルダールで、ロトの勇者の情報の聞き込みをした。

次に彼が向かったのは、リムルダールから南――――――。

“聖なる祠”と呼ばれる場所であった。

今はそれを目指し、南下している。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:03:41.42 ID:yYPWI8LE0

ローラ姫・・・ツンは、ひとまずリムルダールの安全な場所に置いて来た。

彼女はどうしてもと、ブーンに付いてきたがっていたが、
旅の困難さと危険さを一昼夜かけて説く事で、ようやく納得させてきたのだ。

ツンが戦闘もこなせるというなら話は別だが、
冒険者でもない彼女を連れて、この荒廃したアレフガルドをゆく訳にもいかない。

仮に彼女を伴っても、今のブーンなら彼女を庇護しながら向かう事は出来るかもしれぬ。
それでも、出来るだけ不要な労力や危険は避けるべきだ。

彼女に随分と身を案じられ、それがまた原因で後ろ髪を引かれもしたが、
なに、大丈夫。心配はいらない。

体の怪我も、完治とまではいかないが、ほぼそれに近い。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:06:17.84 ID:yYPWI8LE0

( ^ω^)「・・・おっ」

てつのさそり「シュアアアアアア・・・・・・」

( ^ω^)「魔物・・・か」

( ^ω^)「おまえのようなタイプは、もうとっくに攻略済だお!」

ブーンは、鋼の剣を振るう。

てつのさそり「シュシャアアアアッッ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:09:17.55 ID:yYPWI8LE0

大型の蠍のような魔物は、その剣さばきを鋏(はさみ)で受け凌ぐ。
凄まじい速度で、剣と鋏が応酬される。

その伝わる感触から、敵の硬度が半端な物では無い事が理解できた。
鉄のように、堅い。

( ^ω^)「・・・はっ!!」

ブーンは、その鋏を掴んだ。そして――――――

((♯^ω^)「ふんぬぅおお・・・・・・ッッ!!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:11:52.57 ID:yYPWI8LE0

投げ飛ばそうとする。

((♯ ω ))「ぬぎぎぎっ~~~~っっ」

が。

((♯ ω ))「・・・・・・」

( ^ω^)(重てえ)

無理だった。重かった。

てつのさそり「シイィィィィィッ!!」

敵のしっぽの針が、ブーンを狙い突き出される。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:14:29.04 ID:yYPWI8LE0

( ;゜ω゜))「おおっと!そいつはもう勘弁だお!」シュザッ

ブーンは鋏を離し、後方にステップし、躱す。

以前戦ったさそりの化け物と比べ、さらに堅く、そして重量がある。
前の戦法は通用しない。ならばどうする。

( ^ω^)「・・・・・・」

( ^ω^)「なら」

てつのさそり「シャガッシャッ!!」

再びしっぽの攻撃がくる。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:16:42.05 ID:yYPWI8LE0

( ^ω^)「しっ・・・・・・!!」ビュキャッ

てつのさそり「シャギギイイイイイイイ?!!」

尻尾の先端を、切り落とす。

(♯^ω^)「はっ!やっ!」ビシィッ!

(♯^ω^)「しあッッ!!」スバァッ!

ブーンの剣撃は、敵の鎧のような甲殻の繋ぎ目の部分に
いとも正確に狙い払われる。

そう。どんなに強固な鎧でも、その繋ぎ目は得てして脆い。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:19:22.34 ID:yYPWI8LE0

しかし言うは容易いが、ブーンの急所を狙いすまして打ち斬る技量と、
彼の剛力あって初めて成せる事。
普通なら、刃も立たぬ。

てつのさそり「ギシイイイイィィイイィイ!!」

(♯^ω^)「ハァッッ!!」ドシュンッ

尻尾と脚が完全になくなった頃、魔物は完全に沈黙した。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:21:32.49 ID:yYPWI8LE0

( ^ω^)「・・・ふぅ」

( ^ω^)「こいつはやっぱり・・・」

( ^ω^)「食えそうにないおね」

剣をガチンと鞘に収めた。

幾多の試練を乗り越え
ブーンの剣は今、確実に研ぎすまされて来ている。

そして、衣切れでボロボロの衣をばさりと翻し、
この絶望の大地を、また歩き始めるのだ。

遠くに、頂上に雪を抱いた山が見えた。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:24:26.58 ID:yYPWI8LE0

砂ざらの平地に、円形状に山脈が連なる。
岩山だ。それを超えてゆく。

なかなか凄い山道だ。
いや、道なんて物はない。

急斜をガツガツと抉り込むようにして、体全体で登る。
剣のような岩が、手に食い込む。

( ^ω^)

足を滑らせて転げ落ちれば、恐らくは重傷という程度では済まないだろう。

慎重に、少しずつ登っていく。

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:26:12.82 ID:yYPWI8LE0

コッ・・・

コッ・・・ コッ・・・

( ^ω^)(!)

ゴッ・・・ ドゴッ! ゴッ・・・

( ;^ω^)

ゴッ・・・ コッ

コッ・・・

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:29:50.82 ID:yYPWI8LE0

ブーンの顔の、すぐ横を小石が転がっていった。

斜面から転がってくる、石ころや雪、氷塊などにも注意しなければならない。
小さなサイズでも、この山面ではとてつもないスピードで転がってくる。

頭に食らえば、死ぬ。足を砕かれても、死ぬ。
どこに当たっても、衝撃で落ちて死ぬ。

とどのつまり、転がって来ない事を祈るばかりでしかない。

( ^ω^)(ふぅ)

肝を冷やしたが、汗を掻くと危険だ。
山のこの寒さでは、汗はすぐさま凍り付き、凍傷の要因となるからだ。

やはり、ツンはリムルダームに置いて来て正解だった。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:31:39.85 ID:yYPWI8LE0

( ^ω^)

やっと一つの頂上に着いた。
標高の高い岩山から、見下ろす。

さらに強い風に煽られ、よろめきそうになる。

その山々の中心に、それはあった。

( ^ω^)「あれが・・・」

( ^ω^)「“聖なる祠”――――――」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:33:25.65 ID:yYPWI8LE0

瓜゚∀゚)「ん」

瓜゚∀゚)「誰じゃ」

( ^ω^)「・・・・・・ごめんくださいお」

古めかしい扉がギイギイと音を立て、開く。

そして、老人が出迎えた。

顔には幾つもの皺が刻まれる。
以前、雨の祠で出会った、じぃに似た雰囲気を感じた。

であれば、この老人は――――――。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:35:53.89 ID:yYPWI8LE0

瓜゚∀゚)「客人か。久々よの」

瓜゚∀゚)「まぁ、かけなさい。茶でも入れようぞ」

( ^ω^)「は。ありがとうございますお」

ブーンは荷物をおろし、石造りの椅子に腰掛ける。ヒヤリと冷たい感触だ。

瓜゚∀゚)「して、ここにきた用件を聞こうかね」

( ^ω^)「はい、実は・・・・・・」

瓜゚∀゚)「おっと、その前に」

( ^ω^)「?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:38:22.75 ID:yYPWI8LE0

瓜゚∀゚)「何か、土産物はないかね。ほら、町の特産品とか」

( ^ω^)「・・・あー」

( ^ω^)「すいませんお。町の名産という訳ではないですが、
こういったものでしたら・・・」

ブーンは荷物の中の、食料袋を漁る。
その中から、干し葡萄(ぶどう)を取り出した。

それは、ブーンが運良く旅の中で見つけた、
野生の葡萄の木の実で作った物だった。

瓜゚∀゚)「おお、これはこれは。葡萄か、ありがたい!」

老人はにんまりとし、茶を入れ始めた。

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:40:48.93 ID:yYPWI8LE0

瓜゚∀゚)「ほれ、飲みなさい。体にいい茶葉を使っておる。
外は寒かったろう、これで温まるぞ」

( ^ω^)「ありがとうございますお」

ブーンは、茶をすする。

気圧と気温の低い標高の高めな山を越えてきたので、
温かい飲み物はありがたい。高山で失った水分と、熱を補給する。
はぁ、と一息つけた。

瓜゚∀゚)「うむ、こりゃいいのう。葡萄なぞ、久しぶりじゃ!」

老人は、干した葡萄を口に放り込み、顔を綻ばせた。

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:43:06.35 ID:yYPWI8LE0

ブーンも一つ取って、齧る。

自然な甘酸っぱさに、唾液がじわりと湧きだす。
葡萄の胸がすくような、清新な山の香りが鼻に抜け、心がふっと安らぐ。

瓜゚∀゚)「いやあ、こうして人里離れたへんぴな所に住んでおると、
こういった来客の土産が嬉しくてな。これだけが楽しみじゃ、ふほほ!」

土産物を要望されるとは思わなかったが、
ロトの勇者の話を聞けると思えば、喜んで差し出すべきだ。

それでも、大事に食べようと思っていた旅の貴重な甘みを失った事は、
食い意地のはるブーンの意気を、少なからず消沈させた。

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:46:41.88 ID:yYPWI8LE0

茶を飲みながら、老人は語りかける。

瓜゚∀゚)「ふむ、まずは自己紹介じゃな」

( ^ω^)「はいですお。僕は、ブーンという者ですお」

瓜゚∀゚)「そうかね、ブーン君。わしは、づー。この“聖なる祠”に住んで長い老いぼれじゃ」

瓜゚∀゚)「君がここにきた目的は、解る。ロトの勇者の事じゃろう」

( ^ω^)「はいですお。そして、貴方は・・・」

( ^ω^)「“3人の賢者の末裔”・・・ですおね?」

瓜゚∀゚)「ふむぅ。そこまで解っておるなら話は早い」

瓜゚∀゚)「いかにも、わしは“賢者達”の末裔じゃ。
ロトから伝えられしものを、代々守っておる」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:48:54.35 ID:yYPWI8LE0

( ^ω^)「づーさんは、何を守られて来たのですかお?」

瓜゚∀゚)「うむ。わしはな――――――」

瓜゚∀゚)「知識じゃ」

( ^ω^)「知識・・・・・・」

瓜゚∀゚)「知識とはつまり・・・」

瓜゚∀゚)「魔の島へ、渡る為の方法」

( ^ω^)「!!」

思わず、身を乗り出す。
机にぶつかり、茶が揺れる。

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:52:10.29 ID:yYPWI8LE0

( ;^ω^)「す、すいませんお」

瓜゚∀゚)「ほっほ、慌てるでない、若者よ」

瓜゚∀゚)「そう、魔の島とは、あの彼方に禍々しき邪気放つ呪いの地」

瓜゚∀゚)「忌々しき竜王のいる、絶海の孤島よ」

( ;^ω^)「・・・・・・」 ゴクリ・・

瓜゚∀゚)「あの陸の孤島には、特殊な結界が張られておる。
加えて、海路、空には魔物がわんさとおるが・・・」

瓜゚∀゚)「その結界の力を弱め、魔除けの力を放つ“橋”を渡す方法がある」

瓜゚∀゚)「それは、ある物を集める事じゃった」

( ^ω^)「あるもの・・・・・・」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:54:13.57 ID:yYPWI8LE0

瓜゚∀゚)「そのある物こそが、わしの他の賢者達が受け継いできたもの・・・・・・」

瓜゚∀゚)「すなわち、 “太陽の石” と、 “雨雲の杖” じゃ」

( ^ω^)「おお・・・・・・!」

雨雲の杖。

それは以前、雨の祠で、同じく賢者であるじぃに聞いた話では、
ロトの勇者が、じぃの試練を見事破り、持ち去ったという物だ。

あれは、その為の物だったのか。

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:57:15.35 ID:yYPWI8LE0

瓜゚∀゚)「そして、ロトの勇者はわしのもとへ・・・」

瓜゚∀゚)「その二つを持って来たのじゃ」

( ^ω^)「なるほど」

瓜゚∀゚)「わしは、それら二つから、賢者の秘術の力を用いて」

瓜゚∀゚)「あの島への架け橋となる・・・ “虹のしずく” を作り上げた」

( ^ω^)「 虹のしずく・・・・・・ 」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:00:30.74 ID:rgS5053V0

瓜゚∀゚)「そう。それを持ち、ロトの勇者、モナーはあの島へ向かっていったのじゃ」

瓜゚∀゚)「結果は・・・・・・お主も知るところじゃろう」

( ^ω^)「・・・・・・」

しんとした空気になる。

しかしづーは、干し葡萄をつまんでうっとりした表情を浮かべる。

( ^ω^)「今、その虹のしずくを手に入れる事は出来ますかお?」

瓜゚∀゚)「・・・材料さえあれば、できる」パクパク

瓜゚∀゚)「ただ此処にはもう、雨雲の杖はあるが、太陽の石が無い」

瓜゚∀゚)「“しずく”を作る過程で、消えてしもうたのだ」

( ^ω^)「おお・・・」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:03:21.95 ID:rgS5053V0

瓜゚∀゚)「じゃが、方法が無い事も無い」

( ^ω^)「むっ。それは、いったい?」

瓜゚∀゚)「方法は2通り考えられる」

瓜゚∀゚)「まず一つは、太陽の石を授けられた賢者の下を訪ねること」

瓜゚∀゚)「そこに、まだ太陽の石の、原石の欠片でも残っていれば、
それを使って再びしずくが作れる」

瓜゚∀゚)「もう一つは、勇者が使った、虹のしずくを手に入れる事」

瓜゚∀゚)「それに再び魔力を足せば、理論上はもう一度使用できるはず・・・」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:05:37.49 ID:rgS5053V0

瓜゚∀゚)「ただし、それは絶望的じゃろうな」

瓜゚∀゚)「あの時つかったしずくは、“橋”としての役目を終えたとき、
海に滴り落ちてしまった筈よ。リムルダール側の大陸の近くに沈んでいるはずじゃが・・・」

瓜゚∀゚)「雫とは言う物の、アレはいってみれば魔力変換機じゃ」

瓜゚∀゚)「水に溶けたりする事は無いとはいえ、
広大な海に沈んでしまっては、見つける事は不可能じゃろうからのう」

( ^ω^)「なるほど・・・」

しばしの時の間、二人の間に沈黙が訪れた。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:07:34.16 ID:rgS5053V0

瓜゚∀゚)「いくのかね?」

( ^ω^)

茶をすすりながら、づーは問う。

先ほどまでの飄々とした空気は無い。
真剣さを称えた眼で、ブーンを見つめる。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:10:07.34 ID:rgS5053V0

( ^ω^)「お・・・」

瓜゚∀゚)「あの魔の島に挑むという事が、どれだけ命知らずな事か・・・
ロトの勇者・・・モナーを追って来た君にならわかる筈じゃろう」

瓜゚∀゚)「あれは、勇者は強かった。しかし破れた」

瓜゚∀゚)「竜王はこの世界の聖なる希望である、
“光の玉”をラダトームから奪い去ってから後・・・」

瓜゚∀゚)「宝玉の力を用いて、次々に魔物を生み出す。
自身もまた、その悪しき力をどんどん肥大させている」

瓜゚∀゚)「モナーが挑んだあの時よりも、さらに強力に力を蓄えている筈じゃ」

瓜゚∀゚)「自殺に等しいと、言われた事は無いかね。わしもそう思う」

瓜゚∀゚)「恐ろしくは、ないか?」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:12:15.14 ID:rgS5053V0

( ^ω^)「恐ろしいお」

瓜゚∀゚)

( ^ω^)

瓜゚∀゚)「無謀だとは思わんかね」

( ^ω^)「思うお」

瓜゚∀゚)

( ^ω^)「無謀だお。恐ろしいお」

瓜゚∀゚)

( ^ω^)

( ^ω^)「でも、いくお」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:14:42.59 ID:rgS5053V0

瓜゚∀゚)「うむ」

瓜゚∀゚)「君は、この澱み濁りつつある世界を」

瓜゚∀゚)「未だ愛しているのだな」

づーは、にっこりと微笑んで頷いた。

瓜゚∀゚)「恐れを知らぬ戦士など居ない」

瓜゚∀゚)「己の中に潜む恐怖の存在に目を背けず、
認め、砕き、打ち勝ってこそ本当の戦士よ」

瓜゚∀゚)「時として、その恐怖が君に牙を剥くかもしれん」

瓜゚∀゚)「それに飲み込まれんよう、気をつけなさい」

瓜゚∀゚)「恐怖を克服する勇気を持てば・・・きっと誰もが“勇者”になれるのだ」

( ^ω^)

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:17:32.78 ID:rgS5053V0

瓜゚∀゚)「ラダトームじゃ。ラダトームにいくのだ、若き戦士よ」

瓜゚∀゚)「そこに・・・・・・お主の求める最後の“賢者”が居る筈じゃ」

瓜゚∀゚)「太陽の石を・・・ここに持て。さすれば、道は開かれん」

( ^ω^)

ラダトーム。

ローラ姫も連れている今、次の行き先がラダトームである事は幸いだった。

自分は少しずつ、少しずつ・・・近づいて来ている。

技量も、場所へも。あのロトの勇者へ。

諸悪の根源――――――宿敵の、竜王の元へ。

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:19:54.38 ID:rgS5053V0

次なる目的地は、わが故郷。

全てのはじまりの地、あのラダトームだ。

( ^ω^)(ギコ。待ってるお。今、帰るお)

( ^ω^)(お前の魂を・・・・・・お前の勇気を――――――)

共に連れて行くお。世界の平和を、一緒に掴みとるために。

to be continued…!!

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:23:40.62 ID:rgS5053V0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV19

はがねのつるぎ
はがねのよろい
てつのたて

今回登場した敵

てつのさそり:表皮が鉄のように堅いさそりの魔物。
この魔物もまたしっぽに毒をもつが、以前のさそりの上位互換。
これを呪文無しで倒せるなら、一人前の戦士と言って良いだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。