第23話


165 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 21:53:19 ID:T9c12Rdo0

第23話

166 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 21:55:27 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)「ツン、準備はできたかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ、もう済んだわ」

小さな宿屋の一室で、ブーンとツンは荷物をまとめていた。

これから、ラダトームへ発つ予定である

( ^ω^)「じゃあ、そろそろ・・・いくかお?」

168 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 21:56:54 ID:T9c12Rdo0

あの“リムルダール空の襲撃”から、数週間が経過しようとしていた。

ブーンは戦闘において大きなダメージを受けたが
かかった腕の良い医師の適切な処置により、
ツンの回復呪文の効果も相まってある程度には回復している。

あの襲撃は、リムルダールにとっては大きな痛手を被る事件になったが、
少なくともブーンとツンにとっては、一つの収穫があったのも確かだった。

それは、荒らされた市街地方面で、
復興の為の手伝いをしていた時の事だった。

169 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 21:58:54 ID:T9c12Rdo0

ξ゚⊿゚)ξ『ブーン!ちょっときて』

(メ ^ω^)『お、なんだお?』

ξ゚⊿゚)ξ『これを見て頂戴』

(メ ^ω^)『鳥の魔物(キメラ)の屍骸だおね。片付けなきゃいけないお。
これが、どうかしたのかお?』

ξ゚⊿゚)ξ『ええ・・・この羽下の部分を』

(メ ^ω^)『ん・・・』

ツンは、その魔物の屍骸の羽をまくり上げた。

たった一枚、微かに光り輝く羽がある。

170 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:00:20 ID:T9c12Rdo0

(メ;^ω^)『・・・おっ!? これは・・・?』

ξ゚⊿゚)ξ『通称 “キメラの翼”――――――』

ξ゚⊿゚)ξ『これはね、キメラがその身に魔力を伴った攻撃を受けると、
死ぬ間際に、その風切羽だけに、光り輝く羽を残す事があるの』

ξ゚⊿゚)ξ『これがそうだわ・・・そうそう採れるものじゃない、貴重な物よ』

ξ゚⊿゚)ξ『昔は市場にも割と流通していた物だけど・・・今は滅多にみない』

ξ゚⊿゚)ξ『きっと魔力を用いて魔物と戦う、なんて人間が減ったからだわ』

(メ ^ω^)『へぇ・・・そうなのかお。ツンはやっぱり、学識豊かだお!』

ξ//⊿/)ξ『そ、それほどでもないわよ!』

171 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:01:49 ID:T9c12Rdo0

(メ ^ω^)『で、これは高値で取引されたりするのかお』

ξ゚⊿゚)ξ『今の市場価値は解らないけど・・・売ったりなんてとんでもないわ!』

(メ ^ω^)『おっ。どうしてだお?』

ξ゚⊿゚)ξ『この翼にはね・・・不思議な力が宿っているの』

ξ゚⊿゚)ξ『そう、高等な呪文にも似た効果――――――それは』

172 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:03:05 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)「ふん、ふん!」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン、何だかそわそわしてるわね」

( ^ω^)「すこし、緊張するお」

( ^ω^)「この翼を使って、空を飛べるなんて、すごいお」

輝く翼をまじまじと見つめながら、ブーンは少しだけ目を輝かせた。

( ^ω^)「小さい頃から、空を飛ぶ夢をよくみたもんだお」

( ^ω^)「まさか、そんな空想が成就する機会に恵まれるなんて・・・!」

173 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:04:49 ID:T9c12Rdo0

“キメラの翼”は、魔力を有している。
その内在する魔力を利用する事により、なんと空を飛ぶ事ができる。

そして、大地から大地へと移動が可能だという。

ブーンは未だ信じられぬ、という表情で、翼をパタパタさせた。

ブーン達は偶然見つけたこのアイテムを用いて、
ラダトームまで移動する方法をとる事に決める。

これならば、陸路をゆくより断然速く、かつ安全にラダトームまで帰還できるのだ。
わざわざ危険というリスクを犯さなくて済む。

174 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:06:23 ID:T9c12Rdo0

だが、手放しに喜ぶ事はできない。

これは先日の戦争の戦果によるもので、
あれ無くしては手に入れられない僥倖だったのだから。

ともあれ、ブーン達はラダトームまでの“切符”を手に入れた。
これで無事に帰り付ける。 二人の故郷へと。

荷物も、今しがたまとめ終わった所だ。

後は、“飛ぶ”だけである。

二人は、宿屋の料金を精算し、あとにする。
リムルダールの風景や雑踏を想い、ひとしきり名残り惜しんだ。

175 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:08:48 ID:T9c12Rdo0

( ・∀・)「ん」

( ^ω^)「お」

宿の外に、一人の剣士がいた。

( ・∀・)「キメラの翼でラダトームにひとっ飛びか。珍しいもの持ってるな」

( ^ω^)「おお」

( ・∀・)「お姫様を早いとこ城まで送り届けたいんだろ」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ」

( ;^ω^)「気付いてたのかお」

( ・∀・)「やっぱりそうか。いや当てずっぽうだったけどね。
ツンさんが某国のお姫様の手配書に似てたものだから」

176 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:10:17 ID:T9c12Rdo0

( ;^ω^)「おー・・・」

( ・∀・)「やべえ俺なんという洞察力、天才。しかもイケメンだし。これはやべえ」

( ^ω^)「本当ですね。いやぁ、モララー先生の御美顔を拝めるのも、これが最後ですお」

( ・∀・)「黙らっしゃい。命に関わるギラをしますよ」

( ^ω^)「モララーは、これから先どうするんだお?」

( ・∀・)「・・・さあね。それは風だけが知る事さ」

( ^ω^)「なに気取ってんだコイツ」

( ・∀・)「いいからとっとといけよ。ツンさんの美しさで軽減されてるが、
悪趣味な顔をみてると、俺の美意識が崩壊しそうで」

( ^ω^)「てめえ斬るぞ」

177 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:12:50 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)「でも、これどうやって使うんだお?」

ξ゚⊿゚)ξ「想像するのよ。自分が行きたい場所を」

ξ゚⊿゚)ξ「そうすれば、翼に宿る魔力を使って精霊が、その行きたい場所の魔力を探し、
魔力が磁力のように繋いで導いてくれるわ」

ξ゚⊿゚)ξ「その土地に残して来た自分の魔力と、翼の魔力を繋ぐの」

ξ゚⊿゚)ξ「だから、まあ行った事がある場所にしか行けないけれどね」

( ^ω^)「おお・・・」

( ^ω^)「感覚が解らないお。どんな感じで飛んでいくんだお?」

ξ//⊿/)ξ「と、とりあえず、離れないように私はブーンに抱きかかえてもらうわね!」

( ^ω^)「おおっ!」

179 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:15:27 ID:T9c12Rdo0

ξ//⊿/)ξ「ふ、二人で空の旅なんて・・・なんだかロマンチックね」

( ^ω^)「おっおっ!なんだか、ドキドキするお」

( ^ω^)「じゃあ・・・」

( ^ω^)「いくお」

ブーンは、翼を見つめ、想像する。
あの懐かしき故郷の風景を、匂いを、肌触りを。

( -ω-)

翼が、その輝きを増していく。
光は二人を包み込み・・・

ブーンとツンは、浮いた。

182 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:17:57 ID:T9c12Rdo0

( ;゜ω゜)「おお・・・ッ!」

ξ*゚⊿゚)ξ「わっ・・・」

周りの衆人が、二人をもの珍しげに見つめる。

そして、ブーンとツンは、飛んだ。

( ・∀・)「いったか」

( ・∀・)

( ・∀・)「さて、俺は――――――」

183 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:19:54 ID:T9c12Rdo0

( ;゜ω゜)「ふ、ふぉぉおお!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「きゃーーーー」

空高く飛翔し、小さくなってゆくリムルダールの街を見下ろす。

風圧で表情が歪むが、徐々に光の幕が風をよけるように広がってゆく。

(*^ω^)「す、すごいお!ブーーーーンだお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「・・・・・・ブーン」

ξ゚⊿゚)ξ

184 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:22:41 ID:T9c12Rdo0

これで、終わる。

あの暗闇の生活から解き放たれ、絶望から救い出してくれた戦士との・・・

長いようで短かったツンとブーンの旅は、
この空の旅を経て完結する。

あの洞窟に捕われていた時はもちろん、城で生活していた頃と比べても、
このブーンと一緒の生活には張りがあった。希望に満ちていた。

それも、もうすぐ幕を閉じる。

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・ブーン」

ξ ⊿ )ξ(神様。願わくばこの時が永遠に続く事を・・・)

戦士と姫君は、空をゆく。

185 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:24:02 ID:T9c12Rdo0

186 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:24:49 ID:T9c12Rdo0

川 ゚ -゚)「失礼致します、竜王様」

暗がりの中、大きな物々しい扉の前に、立つ者が一人。

髪は真っ白で、身に召すものも純白。肌も透き通るように色が抜けている。
およそ全てが白かった。

187 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:26:00 ID:T9c12Rdo0

「クー・・・ 入るがいい」

扉の中なら、低く厳かな声が聞こえる。

川 ゚ -゚)「は」

川 ゚ -゚)「竜王様・・・例の三国同時侵攻の成果の件でございますが・・・」

「うむ」

188 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:27:20 ID:T9c12Rdo0

川; ゚ -゚)「結論から言うと・・・失敗です」

川 ゚ -゚)「メルキドは、何故かこちらの急襲の情報が敵に漏れていた為、
事前に強固に準備され、迎撃された上で撤退を余儀なく・・・」

「・・・・・・・・・」

川 ゚ -゚)「リムルダールは、指揮官である我ら四天王の一角、
指揮官である“死神”の情緒不安定により、錯乱し撤退の命を出してしまいました」

「・・・・・・ラダトームは?」

川 ゚ -゚)「ラダトームはやはり大国。堅牢な守りに加え・・・
これも指揮官である“黒竜”が・・・」

川 ゚ -゚)「途中で指揮を放棄。戦線を離脱した事から、軍の統率がとれず、あえなく撤退・・・」

189 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:28:42 ID:T9c12Rdo0

「クックック・・・・・・。 あ奴らしいといえば、そうだろうな」

川; ゚ -゚)「竜王様」

「全ての戦において敗退か。如何ともし難い」

川; ゚ -゚)

「クー・・・これは采配を揮った貴様の責任でもある」

川 ゚ -゚)「は・・・何なりと御処分を」

「今回は良い。四天王、特に貴様は優秀だ。
処刑して代わりを用意しようにも、貴様らの様な逸材は簡単には代替がきかん」

川 ゚ -゚)「・・・・・・」

191 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:29:55 ID:T9c12Rdo0

「 だが 次 は無いぞ。」 ゾ・・・

川; ゚ -゚)「ッ・・・・・・!」

「それともよもや、人間を滅ぼす事に疑問を抱いているのではあるまいな?」

川 ゚ -゚)

クーと呼ばれた者の白髪の色が、うっすら黒みを帯びる。

川 ゚ -゚)「そのような事は・・・あり得ませぬ」

川 ゚ -゚)「いつも我が心は、竜王様の赴くままに・・・」

192 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:31:46 ID:T9c12Rdo0

「フフ・・・ ならよいがな・・・」

「あまりこの竜王を失望させてくれるな・・・

人間を・・・根絶やしにするのだぞ・・・クーよ。 解ったな・・・」

川 ゚ -゚)「・・・・・・は」

川 ゚ -゚)「命に・・・代えましても」

193 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:33:52 ID:T9c12Rdo0

(ゝ○_○)「ふぅ・・・この忙しい時期に、ただ門番てのも何となくなぁ」

| `゚ -゚| 「まぁそう言うな。これも必要な仕事さ」

(ゝ○_○)「む。誰かやってくる。随分と身なりがボロボロだが・・・」

( ^ω^)
(ξ:::⊿::)ξ

195 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:34:58 ID:T9c12Rdo0

(ゝ○_○)「止まれ。何用だ」

( ^ω^)「王様にお会いしたく、伺いを立てましたお。
ラダトーム王に朗報をお持ちしました」

(ゝ○_○)「朗報・・・?一体何だ」

| `゚ -゚| 「他国の使節であるか?」

( ^ω^)「いいえ、違いますお」

(ゝ○_○)「一般人か。 それにしても、随分ボロボロの出で立ちだな。
王に謁見したいというのであれば、もうすこし身なりを整えてから・・・」

(ξ:::⊿::)ξ「あら、貴方達。私の顔を、忘れてしまったのかしら?」

| `゚ -゚| 「・・・む?」

197 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:35:54 ID:T9c12Rdo0

ノミ ξ゚⊿゚)ξ ファサッ

(ゝ○_○)

| `゚ -゚|

ξ゚⊿゚)ξ

(ゝ;○_○)「ロロロロロロロロロロロ」

| ;`゚ -゚| 「ひひひひひひひひひひひ」

| ;`゚ -゚| 「「  ローラ姫様ッッ!!?  」」 (○_○;く)

198 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:37:20 ID:T9c12Rdo0

ブーンとツンは、すぐさま通される。
何やら城内は、慌ただしい様子だった。

そして皆、驚いた様子でこちらを見、集まって来る。
あまりの驚愕に陶器を落として割る者すらいた。

二人より先に、王に吉報を持ち込まんと兵士達がバタバタと駆けていく。

広い王室に通される。
顔面に厳かな皺を刻んだ、ラダトーム王・・・ラルス16世が迎えた。

その顔を見るのは、あの旅立ちの日の謁見から、二度目だ。

( ;´W`)「・・・おぉ、おおお・・・・・・! ローラや!!!」

ξ;⊿;)ξ「お父様!!」

199 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:38:53 ID:T9c12Rdo0

姫は王のもとへ駆け寄った。

ローラ姫の身なりは薄汚れていたが、
服の不浄など気にも留めず、王は姫を抱きしめる。

( ;W;)「おおお・・・ローラ・・・!会いたかった・・・会いたかったぞ」

( ;W;)「最愛の妃を失ってから、唯一の家族となったお前がさらわれて数年・・・」

( ;W;)「もう、会えぬかもしれぬと思っていた・・・・・・。
この日を・・・この日を、どんなに待ちわびた事か・・・!」

ξ;⊿;)ξ「お父様、苦しいですわ・・・」

わなわなと震える二人。
王も姫も、目を真っ赤に濡らして抱擁し合った。

周囲の王族や兵隊、召使い達も涙ぐみ、
その様子をただ感慨深く見つめるばかり。

200 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:40:13 ID:T9c12Rdo0

ξ゚⊿゚)ξ「お父様・・・彼が、私をここまで庇護して送り届けてくれました、
世界で一番勇敢な戦士です」

( ;^ω^)「おっ」

そういって、姫はブーンの腕を掴み、王の前に引き出す。
周囲の人間達が喝采をあげる。

照れくさそうに、頭を掻くブーン。

しかしハッとして、すぐに王の前に跪いたが、
王はそれをよい良いと、頭(こうべ)を上げさせる。

201 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:41:58 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)「姫をご無事にお届け出来て、何よりですお!」

( ´W`)「おお、そなたが!よくぞ姫を助け出してくれた。心から礼を言うぞ!」

( ´W`)「そなたの名は、何という?」

( ^ω^)「ブーン・ホライゾンと申しますお」

( ´W`)「そうか・・・ブーンよ!よくぞやってくれた」

( ´W`)「まっこと、誠に感謝する!」

ラダトーム王は、未だ目を潤ませながら、
ブーンを軽く抱き寄せて肩を叩いた。

202 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:43:48 ID:T9c12Rdo0

( ´W`)「辛い道程だったろう。実に大義じゃった」

( ^ω^)「ねぎらいの辞など・・・もったい無きお言葉ですお!」

( ´W`)「聞いておろうかもしれんが・・・
つい先だって、この国は魔物の襲撃を受けたのだ」

( ´W`)「三日三晩にわたる抗戦じゃった」

ξ゚⊿゚)ξ「道中で聞きましたわ。でも、何とか退けたとか」

( ´W`)「うむ。我が国の兵士だけでなく、幾人かの腕のたつ流れの武芸者も
手伝ってくれたと聞く。ありがたい事じゃ」

( ´W`)「今は国の破壊されたところの復興をしておる。
尊い民草の犠牲はあったものの・・・かろうじて戦は我々の勝利に終わった」

( ´W`)「その祝勝の際に、姫がこうして帰って来るとは・・・」

( つW;)「・・・・・・」

( ´W`)「今夜は宴じゃ!城外の近くでも祝えるよう、会を催して民にも振る舞えい!」

( ´W`)「我が愛しの娘ローラと、この勇気ある若者の凱旋を讃えるのだ!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:45:24 ID:T9c12Rdo0

それから城内は、活気に満ちた。

数刻後に、催されるパーティーの準備で、
あらゆる人間が慌ただしく動く。

まず、ブーンと姫はすぐさま衣服を剥がされ、
湯浴みをし、清潔な服に着替えさせられる。

( ;^ω^)「こここ、こんな肌触りの良い服、初めて着たお!
すべっすべだお!すべっすべやぞ!」

召使い「一番上等な絹を使った召し物です。
気に入って頂けたなら、光栄ですわ!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:47:05 ID:T9c12Rdo0

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン、似合ってるじゃない」

姫も湯浴みを終えたのか。

しっとりと濡れた髪が、部屋のランプの明かりに映える。

今までのボロボロの服とは打って変わり、
綺麗びやかな出で立ちでブーンの横に立つ。

素で美しい姫が、こうして端正に身なりを整える事で、
まるで絵に描いたような秀麗さだった。

(*^ω^)「うわぉ・・・ツン・・・いやローラ姫様も、お綺麗ですお」

ξ*゚⊿゚)ξ「フフフ、さぁいきましょ」

205 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:48:55 ID:T9c12Rdo0

そしてほどなくして、盛大な宴は始まった。

城内の広堂に、紳士淑女が会する。

楽団が鮮やかに笛を吹き、揚々と太鼓を鳴らす。

テーブルに整然と置かれた豪華な料理と酒が、良い香りを放つ。

( ´W`)「なんと!ブーンはラダトーム出身の戦士であったか!」

( ^ω^)「ええ、そうですお」

( ´W`)「なんともまぁ・・・そなたは我が国の誇りじゃ!はっはっは!」

ξ*゚⊿゚)ξ「フフ・・・」

206 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:50:24 ID:T9c12Rdo0

料理番「いかがでしょう、ブーン様・・・」

( ^ω^)「もぐもぐ・・・」

( ^ω^)「とっても美味しいお!」

( ^ω^)「こんな上品な味付けのものは、初めてですお」

( ´W`)「はっは、そうじゃろう。旅中ではこのような贅を尽くした料理なぞ、
とても味わえんじゃろうて。気の済むまで味わうが良い!」

楽団が奏でる高貴な音色。
絢爛な衣裳。
上品な食膳美酒。

身の周りのおよそすべてのものが、気品に満ちあふれていた。

208 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:52:15 ID:T9c12Rdo0

生まれて経験した事のない雅(みやび)やかな空間、
そのひと時に、ブーンは思わず嘆息をあげる。

だがそれでも、料理の味だけは。

( ^ω^)(確かに美味しい料理だお。でも――――――)

――――――――――――

从 ゚∀从

――――――――――――

( ^ω^)(ハインさんの料理の方が、ブーンには合ってるお!)

209 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:53:46 ID:T9c12Rdo0

ξ*゚⊿゚)ξ「お父様・・・お酒をお注ぎしますわ」

( ´W`)「ほほ、ありがとうよ。
ローラや、お前のこれまでの旅の話を聞かせておくれ・・・」

ξ*゚⊿゚)ξ「ええ・・・」

今までとは、趣の違う音楽が奏でられ始めた。

ξ゚⊿゚)ξ「あっ・・・これは」

( ^ω^)「モグモグ・・・んお?」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン、踊りましょう。舞踏の曲よ」

( ^ω^)「おっ・・・これがそうかお!」

210 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:55:40 ID:T9c12Rdo0

ξ*゚⊿゚)ξ「この日の為に、今まで練習してきたんですもの・・・ね」

(*^ω^)「は・・・はいですお」

姫と戦士は手を取り踊る。

練習の成果か、ブーンもぎこちなさはあるものの、
下手を打たずに舞い踊った。

皆がそれを褒めそやし、そして自分たちも舞いに参加する。

祝賀は耽り、笑みを浮かべながら宴は続く。

皆、ただ今は俗世の事を忘れて飲んだ。歌った。踊った。

213 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 22:58:27 ID:T9c12Rdo0

(*^ω^)(ふぅ)

(*^ω^)(ちょっと酔ったお・・・夜風にでも当たるかお)

ブーンは、やや飲みくれて顔を赤めらせながら、
行き方を訪ね、屋上に向かった。

途中、出会う者出会う者すべてに、感謝の意を告げられ
酒顔をさらに赤面させ、困惑した。

214 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:00:58 ID:T9c12Rdo0

そして、屋上に出る。

( ^ω^)「はー・・・」

ふわりと撫でる夜風が、ほんのり酒がまわった体に心地よい。

城の上から、庭でパーティーを楽しむ民衆の喧噪を眺めた。

大きな焚き火の周りで、村人達が笑顔で祝杯をあげている。

215 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:02:17 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)(・・・・・・)

ブーンの胸に安堵の想いが染み渡る。
やっと姫を送り届ける事ができた。

同時に、一人の人間を守りきった事を誇りに思う。

思えば、色々な事があった。

姫の身だけでは無い。
あの危険な冒険で、自分でもよく命を落とさなかったと思う。

生命の危機に瀕した事など、指折り数えても足りないくらいだ。

216 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:04:02 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)

だが、こうして生きている。

自分は、伝説に残る様な勇者の末裔でも何でもない。
ただのちっぽけな存在の自分が・・・
ここまで命を落とさずにやってこれた事が奇跡にしか思えてならない。

不思議な感覚だ。

218 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:05:31 ID:T9c12Rdo0

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン」

( ^ω^)「・・・お。ローラ姫様」

ξ゚⊿゚)ξ「こんな所にいたのね。探してしまったわ」

( ^ω^)「申し訳ありませんお、ちょっと夜風に」

ξ゚⊿゚)ξ「フフ。・・・ブーン、敬語はやめて」

ξ゚⊿゚)ξ「ここには二人しか居ないし、くだけた感じでも良いのよ。
私たちの間柄でしょう、仮に見られても誰にも文句は言わせないわ」

ξ゚⊿゚)ξ「それに、今まで通り、ツン って呼んでほしい」

( ^ω^)「お・・・」

219 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:07:13 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)「ツンをここまで送り届けられて・・・本当に安心したお」

ξ*゚⊿゚)ξ「ええ・・・本当に、ありがとう」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーンには感謝しても、し切れない恩があるわ」

( ^ω^)「おっおっ」

ブーンはローラ姫・・・ツンと共に、空を見上げた。

( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ

珍しく、月照らし星煌めく夜だった。

だが、夜が明ける頃になれば、また陽の光を遮らんと
竜王の魔力積もる暗雲がこの空に広がるのだろう。

人々の希望を覆い隠すかのように。

220 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:08:15 ID:T9c12Rdo0

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「ねえ・・・ブーン・・・」

( ^ω^)「おっ・・・何だお?」

ξ゚⊿゚)ξ「もし私が――――――旅を止めて、王家の近衛として
この城に残ってくれと言えば・・・どうする?」

( ;^ω^)「えっ・・・」

ξ//⊿/)ξ「も、もしくは・・・私の婚約者として・・・でも・・・」

( ;゜ω゜)そ 「ええええっ」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・それとも、他に意中の女性でもいるかしら?」

( ;^ω^)「い、意中の女性・・・!?そんなひと・・・」

221 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:09:30 ID:T9c12Rdo0

――――――――――――

从 ゚∀从

――――――――――――

( ;^ω^)「  ・・・・・・えっ?」

( ;^ω^)「いやいやいやいやいや」

ξ#゚⊿゚)ξ「あら・・・まさか本当にいるの?」

( ;^ω^)「い、いやいや!そんな事ないおうおうお・・・」

ξ#゚⊿゚)ξ「ふうん・・・・・」

222 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:11:13 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)「ツン・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「いえ・・・解っているわ。聞かなくても解る」

ξ゚⊿゚)ξ「短い間だったけれども・・・一緒にいて理解しました」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・ホライゾンという戦士の・・・誇り高き魂を」

( ^ω^)

223 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:13:26 ID:T9c12Rdo0

ξ゚⊿゚)ξ「あなたは・・・止めても行くのでしょうね」

ξ゚⊿゚)ξ「竜王を倒すため――――――この世界の運命を切り拓くために・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「冷雨に打たれ心身から凍える事も・・・吹き荒ぶ突風で肌を切る事も厭わずに」

ξ゚⊿゚)ξ「ボロボロになりながら・・・血を滲ませながら、それでも」

ξ゚⊿゚)ξ「きっとあの試練の荒野を・・・その痛みに耐え、踏みしめていくのだわ」

( ^ω^)

224 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:15:26 ID:T9c12Rdo0

ξ ⊿ )ξ「ありがとう・・・貴方に、この命救われた事」

ξ ⊿ )ξ「貴方とともに居れた、うたかたの時を」

ξ ⊿ )ξ「わたしは・・・わたしは・・・」

ξ;⊿;)ξ「生涯――――――忘れません」

( ^ω^)

225 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:17:26 ID:T9c12Rdo0

ツンの目から、大粒の涙が溢れる。
幾度となく、この女性(ひと)の涙の美しさに目を奪われてきた。

それがこの世界の至上の美しさであると理解する。

そして・・・恐らく、これが最後の眼福になるであろう事も。

ツンはいつしか、自然と敬語になっていた。
決して表面的な形式や、格好のものではない。

目の前の高潔な戦士に対する、心からの敬意がそうさせる。

226 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:20:37 ID:T9c12Rdo0

ξつ⊿;)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「これを・・・お受け取り下さい、ブーン」

( ^ω^)「お・・・・・・」

ツンは、服飾のブローチを一つ、外した。

それをブーンとツンの手を合わせ、その中で握りしめる。
すると、繊細な緑色の光が宝石に染みこむように。

( ^ω^)「これは・・・?」

227 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:21:43 ID:T9c12Rdo0

ξ゚⊿゚)ξ「ラダトーム王家の女系は、代々聖なる力を受け継ぎます」

ξ゚⊿゚)ξ「生涯に一度しか使えないけれども・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「これは、私と貴方の魂の絆です」

ξ゚⊿゚)ξ「貴方が何かに戸惑い、向かうべき道を探す事があれば」

ξ゚⊿゚)ξ「きっとこれが、助けになる事でしょう」

ξ゚⊿゚)ξ「私の愛・・・“王女の愛”を――――――」

ξ゚⊿゚)ξ「今、貴方に捧げますわ」

229 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:23:19 ID:T9c12Rdo0

ブーンの手の中で、キラキラとブローチが暖かみを帯びて光る。

( ^ω^)「ツン・・・ありがとうだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・・・」

二人は空を今一度眺める。

月星の輝きが増して見えた。 何かを祝福するかのように。

230 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:24:26 ID:T9c12Rdo0

翌日。

ブーンは、旅の出発の身支度をする。

もう少しこの城で養生していかないかと
ラダトーム王に慰留されたが、これでいいのだ。

甘美な温(ぬる)ま湯に浸り続けていては、
きっと名残り惜しくなってしまう。

ツンとの決別も心揺らぎはしないものの、
辛さが増してしまうかもしれない。

231 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:25:38 ID:T9c12Rdo0

( ´W`)「誉れ高き戦士、ブーンよ。そなたの今後の活躍を心より望んでおるぞ」

( ^ω^)「はいですお」

( ^ω^)「きっと・・・きっとこの世界に」

( ^ω^)「平和を取り戻してみせますお!」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「お気をつけて。いつも貴方の御武運を、心より祈っております」

( ^ω^)「ローラ姫様・・・」

232 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:27:01 ID:T9c12Rdo0

ブーンは、姫に近づき跪いた。
そして柔らかな手の甲に、そっと口づけをする。

( ^ω^)「――――――いって、参りますお」

ブーンは謁見の間・・・王座から踵を返す。

周囲の兵士達に盛大な拍手と笛で見送られながら、
真紅の絨毯の上、姫から遠ざかっていく。

ξ゚⊿゚)ξ(ブーン)

ξ゚⊿゚)ξ(貴方がまたここに戻ってくる事を――――――・・・・・・)

234 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:28:20 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)

瓜 `ハ´)「もし」

( ^ω^)「お」

城門近くにいる、ローブを羽織る一人の老爺に呼び止められた。
翁は、水晶から透かしてブーンに視線を投げる。

236 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:29:30 ID:T9c12Rdo0

瓜 `ハ´)「ふむ」

瓜 `ハ´)「逃れられぬ凶相も見える。 だがその奥に、輝かしき天運も垣間見える」

瓜 `ハ´)「二つの相が内在する、不思議な運命を持つ者であるな」

( ^ω^)

瓜 `ハ´)「主(ぬし)の命運は、渦中に未だ揺蕩っておる・・・勇猛な戦士よ」

瓜 `ハ´)「辛苦を舐め、苦難に彩られる人生の果てに、死を望むか」

瓜 `ハ´)「主は、なに故その身を賭して戦い続けるのだ?」

237 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:32:00 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)

( ^ω^)「希望と――――――すべての、誓いの為に」

瓜 `ハ´)

老人は、城門から歩き出してゆく戦士を見送る。
兵士達が彼の雄飛を讃え、笛を吹き鳴らし続ける。

238 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:33:24 ID:T9c12Rdo0

瓜 `ハ´)「己が宿業を知りつつも・・・それでも尚、運命に邁進(まいしん)するか」

瓜 `ハ´)「驚嘆すべき義勇の男よ」

瓜 `ハ´)「“闇の竜つばさ広げる時、ロトの血をひく者来たりて、闇を照らす光とならん”」

瓜 `ハ´)「・・・おお神よ。決して光の勇者ならざる者にも、揺るぎなき栄光を与えん」

瓜 `ハ´)「願わくば、あの高潔なる正義の勇士に――――――」

( ^ω^)

「――――――――――“光あれ”」

to be continued…!!

243 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/07/25(月) 23:36:54 ID:T9c12Rdo0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV21

はがねのつるぎ
はがねのよろい
てつのたて

今回登場した敵:無し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。