第24話

288 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 20:54:56 ID:ZFVLZoXo0

第24話

290 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 20:58:57 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)

ブーンは、ほの暗い地下室を下りてゆく。

埃っぽい、渇いた石壁の匂いがする。

そして、時代ありげな鉄の扉に突き当たった。
扉を叩くと、ぱらぱらと砂が落ちる。

中から入室を促す声がした。開けて入る。

291 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:01:12 ID:ZFVLZoXo0

爪゚A゚)「誰じゃ?」

暗い部屋に、ランプの明かりがふわりと灯る。
一人の老人がいた。

( ^ω^)「すいませんお。旅の者ですが」

爪゚A゚)「こんな所に何用じゃな?」

( ^ω^)「突然の訪問、相済みませんお」

( ^ω^)「あなたは・・・“三人の賢者”の末裔の方ではありませんでしょうか?」

爪゚A゚)「ぬぬ、いかにも」

爪゚A゚)「ということは、主もロトの勇者の足跡をおっている冒険者じゃな」

( ^ω^)「そうですお」

292 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:03:37 ID:ZFVLZoXo0

爪゚A゚)「よくここが解ったの。なかなか人目につかないこの場所を」

( ^ω^)「かなり探しましたお。人づての情報を集めて・・・」

( ^ω^)「まさか、ラダトーム城の裏の地下のこんな場所にお住まいとは」

爪゚A゚)「それは御苦労じゃったな。何も無いが、ニラ茶でも入れよう」

( ^ω^)「ありがとうございますお!」

ブーンは荷物を下ろし、椅子に腰をかけた。

293 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:06:25 ID:ZFVLZoXo0

爪゚A゚)「わしは、ぬー という。お主は?」

( ^ω^)「僕はブーンという者ですお」

爪゚A゚)「ブーン・・・?もしや」

爪゚A゚)「あいや、お主がラダトームの姫君を救い出したという戦士か!」

( ^ω^)「いろいろなものに助けられて・・・なんとか、ですお」

爪゚A゚)「そうかそうか、あの噂の戦士であったか」

爪゚A゚)「風聞(ふうぶん)に疎いこのわしでも、お主の活躍は耳にしておったわぃ」

茶をすすり、ぬーが高い声を上げる。

294 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:08:09 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「いえいえ・・・それより」

( ^ω^)「ぬーさんがお守りになられて来たのは、“太陽の石”で間違いないですかお?」

爪゚A゚)「うむ、そうじゃ」

爪゚A゚)「その調子じゃと、他の賢者達のもとにも訪れたようじゃな」

( ^ω^)「ええ・・・」

( ^ω^)「太陽の石は、ロトの勇者に託されたと聞きますが・・・
それはまだ、今もここに残りがあったりしますかお?」

爪゚A゚)「・・・・・・」

ぬーは、部屋の奥にかえし、物品をガサガサと漁る。
そして大きな棚をどかそうとした。

295 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:10:14 ID:ZFVLZoXo0

爪;゚A゚)A 「ふひーー!!ちょっと、手伝ってくれんかの」

( ;^ω^)「は、はい。大丈夫ですかお?」

ブーンが力を添えると、棚は簡単に動く。

棚のもとあった位置の下には、土。
それを少しばかり掘り返すと、中から古びた壷がでてきた。

爪゚A゚)「この中に・・・太陽の石がある」

( ^ω^)「・・・・・・」

ぬーが、蓋を開け、中に手を伸ばす。

296 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:11:27 ID:ZFVLZoXo0

爪゚A゚)「・・・・・・」

( ^ω^)「・・・・・・」

爪゚A゚)「これじゃ!」

( ^ω^)「おおっ、これが!」

キラキラと黄金色の光を放ち、煌めく石。 だが。

( ^ω^)「・・・・・・小さいですおね」

爪゚A゚)「・・・・・・うむ、ちいさい」

それは、小指の爪程の大きさしかなかった。

ぬーはそれを、大事そうに机の上に置く。

297 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:12:26 ID:ZFVLZoXo0

爪゚A゚)「ロトの勇者に渡した石は、これの十倍ほどは大きかったが・・・」

爪゚A゚)「なにせ、残りはこれっぽっちの欠片しか残っておらん」

( ^ω^)「・・・このサイズで、果たして大丈夫なんでしょうか・・・?」

爪゚A゚)「それはわしにも解らん。
“橋渡し”の方法を知る賢者であれば解ろうが・・・ううむ」

( ^ω^)「づーさんかお・・・」

298 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:14:53 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「ですが、これだけしか残ってない以上仕方ないですお・・・ぬーさん」

( ^ω^)「この残りの太陽の石・・・頂いても良いですかお?」

( ^ω^)「きっと自分が、ロトの勇者の後継を追ってみせますお!」

( ^ω^)「どうか、ブーンにこの石を預けてくださいお!」

爪゚A゚)「うむ。お主が、あの姫を救い出した剛胆の者であれば、
もはや希望はお主しかおらん」

爪゚A゚)「遠慮なく、持っていくがいい。
ロトの勇者に石を渡した事で、わしの使命は終えた訳じゃしな」

爪゚A゚)「ロトの勇者にかわり、再び人類の剣となってみせよ、ブーン!」

( ^ω^)「ありがとうございますお!」

299 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:17:58 ID:ZFVLZoXo0

ブーンは、ぬーに礼を言い、地下から出る。

埃っぽい地下にいたので、外の清新な空気で呼吸が洗われる。

( ^ω^)「これで・・・魔の島に渡る方法を手に入れたお・・・」

( ^ω^)「あとは、これをもってづーさんに会いにいけば」

( ^ω^)「竜王のもとへ到達できる・・・」

( ^ω^)「だけど・・・」

本当に、いいのか?

300 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:19:23 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)

“今”の自分で竜王に挑んだとして・・・果たして勝算はあるだろうか。

少なくとも現時点の実力で、ロトの勇者を超えていなければ、
竜王に勝つなど夢のまた夢。

宿敵は、勇者モナーが闘ったときよりもさらに力を蓄えているのだ。

今の自分で・・・本当に大丈夫だろうか?

301 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:20:10 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)(・・・・・・)

冷たい風が、ざあと吹いた。
並木の葉が散りゆき、哀愁を誘う。

ラダトームの城下町へ、ふらりと足が向いた。

302 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:21:51 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)

先日、魔物の襲撃を受けたラダトーム。

民家や建造物のあちこちが破壊されていた。
それを立て直す為に住人達が協力して働いている。

皆、苦しみの中、懸命に生き抜こうとしている。

303 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:22:57 ID:ZFVLZoXo0

気がつけば、自分のもとの家の前まで来ていた。

今は、違う人間が住んでいるのだろう。

窓から、中に人がいるのが見えた。
笑いながら談笑している。

悲惨な目に合いながらも、食いしばり必死で生きようとする人々がいる。

それを守る力が、今の自分にあるか。 解らない。

正義感に突き動かされ、ここまでやってきた。

最終的な目標をいざ目の前にして、ブーンの心に迷いが生まれた。

304 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:24:32 ID:ZFVLZoXo0

墓地にやって来ていた。

母と、ギコと、しぃが眠る。

この3つの墓は隣り合わせにあった。

( ^ω^)「ギコ・・・」

( ^ω^)「お前の意思を継いで、ここまできたお」

( ^ω^)「ブーンは、やれるかお?」

305 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:25:40 ID:ZFVLZoXo0

(,,゚Д゚)  お前ならやれるさ ブーン

( ^ω^)「そうかお」

(,,゚Д゚)  なんだい 弱気になっちまったのか 臆病風が吹いてるのか

( ^ω^)「そうじゃないお・・・ただ・・・今の自分の力で竜王を倒せるのか」

(,,゚Д゚)  なら、倒せると思えるようになるまで、力をつけりゃいいじゃないか

( ^ω^)「・・・・・・」

306 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:27:12 ID:ZFVLZoXo0

(*゚ー゚)  そうよ ブーン

( ^ω^)「しぃさん」

(*゚ー゚)  あなたがこれまでしてきた努力が、決して伝説の勇者にも劣るとは思わないわ

( ^ω^)「そう、かお」

(*゚ー゚)  もう少し もう少しだけ、積み重ねればいいのよ

( ^ω^)

307 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:28:27 ID:ZFVLZoXo0

J( ‘ー`)し あなたならできるわ ブーン

( ^ω^)「カーチャン」

J( ‘ー`)し 自分を信じて 真っすぐその道を歩みなさい

( ^ω^)

J( ‘ー`)し あなたは私の いえ私たちの 人類の すべての人々の

J( ‘ー`)し 希望です

( ^ω^)

308 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:30:00 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)

墓石の前に立ち、幻をみた。

だが、この心に残るものは決して夢幻などではない。

ふつふつと湧き起こる、以前よりも確かで揺るぎない闘志は。

309 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:30:47 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「ギコ。しぃさん。カーチャン」

( ^ω^)「ありがとう」

( ^ω^)「ブーンはやるお」

( ^ω^)「どんな困難や壁が立ちはだかっても」

( ^ω^)「絶対に、竜王を」

( ^ω^)「倒してみせるお」

冷たい木枯らしが吹いた。

渇いた葉塵が風に乗り、宙に消えてゆく。

311 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:32:07 ID:ZFVLZoXo0

ガライの町 『 磯料理、タカオカ亭 』

从 ゚∀从「ふぅ・・・客がはけた」

从 ゚∀从「やっと昼時を終えて一段落ついたな」

ギイィッ・・・

从 ゚∀从「お、いらっしゃい・・・」

312 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:33:24 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「こんにちは、ですお」

从 ゚∀从「おっ・・・ブーン!!」

从 ゚∀从「しばらくだねえ!どうやら、まだ元気に冒険は続けられてるみたいだね」

( ^ω^)「おかげさまですお」

从 ゚∀从「何の用事で、この町に?」

( ^ω^)「いや・・・特に、意味は無いんですけども」

( ^ω^)「ハインさんの料理が食べたくなっちゃって」

从 ゚∀从「嬉しい事いってくれるじゃない」

313 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:34:38 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「それとコレ・・・道中の山でとってきた鴨ですお。お土産で」

从 ゚∀从「マガモかぁ。さすが血抜きも上手い具合にしてあるね。
こいつぁいい、料理したげるよ」

从 ゚∀从「それにしてもアンタ・・・」

从 ゚∀从「見るたんびに、こう何と言うか・・・雰囲気が変わってくね」

( ^ω^)「お・・・そうですかお?」

从 ゚∀从「うん、なんか、ゴツゴツって感じ」

( ;^ω^)「ゴツゴツ」

从 ゚∀从「なんていうのかな。渋い強い男みたいな」

( ;^ω^)「渋い強い男()」

从; ゚∀从「ごめん。あんまり口が上手い方じゃないんだ」

315 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:36:21 ID:ZFVLZoXo0

牙獣との競り合いで、生傷が増える。

冷たい吹きさらしで、皮膚は硬くなり。

筋骨は、以前にも増して隆々とす。

そして、数多の戦闘の中で研ぎ澄まされた、
ブーンの警戒心、精神力が醸し出す雰囲気。

心体ともに研鑽が積まれたブーンには、もはや一分の隙も無い。

初めてこの町に寄った頃のブーンとは、比肩するべくも無い。
見る人には、まるで別人かのように思える程だろう。

316 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:37:36 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「じゃあ、早速料理していいかい?」

( ^ω^)「もちろんですお!ハインさんの料理を楽しみにして来ましたお!」

从 ゚∀从「おお、おお」

从 ゚∀从「待ってな。すぐ作っちゃるよ」ガチャガチャ

从 ゚∀从「そういや、旅の調子はどうなんだい?」ジャー

( ^ω^)

( ^ω^)「・・・竜王のもとへ、辿り着く方法を見つけましたお」

从 ゚∀从「!!」

318 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:40:12 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从  パリパリ

( ^ω^)

从 ゚∀从「死んじゃうぜ」サクサクサク

( ^ω^)「死にませんお」

从 ゚∀从  シャクシャク

( ^ω^)

从 ゚∀从  トントントン

( ^ω^)「生きて、帰ってきますお。ここに」

从 ゚∀从

319 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:41:29 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「ブーン」

( ^ω^)「ハインさん・・・約束通りブーンが生きて帰ってきたら」

从 ゚∀从

( ^ω^)「この店で、働かせて下さいお。いいですかお?」

从 ゚∀从

从 ゚∀从「もちろんさ!」

( ^ω^)「おっおっ」

从 ゚∀从「そんときゃ、徹底的にウチの店の味を叩き込んでやるからね」

从 ゚∀从「にひひっ」サクサクトントン

( ^ω^)

321 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:43:44 ID:ZFVLZoXo0

包丁が、まな板を叩く音。

店全体に漂う芳香。

窓から見える海。

ハインの、料理している姿。

それらのすべてが、ブーンの心を落ち着けてゆく。

ここに居るときは、存在そのものが穏やかになるような、そんな感覚に。

322 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:44:56 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「はいよ・・・完成っと」

( ^ω^)「待ってましたお!」

从 ゚∀从「海老と貝類の揚げ物トマト風煮」

从 ゚∀从「鮪のステーキ、玉ねぎとチーズのソース」

从 ゚∀从「それとシンプルに、鴨肉のソテー白ワサビ添え」

(*^ω^)「うひょーーーー美味そーだお!」

从 ゚∀从「フフ、ブーンの好みっぽい料理をつくったつもりだよ!」

(*^ω^)「ありがとうございますお! いっただきますだお!」

323 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:47:09 ID:ZFVLZoXo0

久しく離れていたタカオカ亭の味。
噛み締めるごとに、感慨深い。

懐かしき美味で涙が溢れそうになる。

( ;゜ω゜)「うめえええええええええ」

新鮮な魚介の風味豊かな味わい。
ソースの酸味が、唾液の胃液の分泌を余儀なくする。

鴨の肉の咀嚼するごとに溢れ出すジューシィさに、
鮮烈なワサビの香気が抜群に相性が良い。

とまらない。
矢継ぎ早に料理を口に放り込んでいくブーン。

なに、もっとちゃんと味わえなどど言うべからず。
料理は心で味わうものだ。

324 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:48:42 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「がつがつがつがつがつ!」

从; ゚∀从「いつみても半端ねえ食いっぷりだ」

从 ゚∀从「そんな大食漢じゃ、旅の食料も困るんじゃないのか」

( ^ω^)「もぐもご。うーんわかひかによぐ(ゴクン)食べますお。
でも、意外となんとかなるもんですお」

( ^ω^)「味はともかく、山や川、森にも食べられるものは沢山ありますから」

从 ゚∀从「そうだねえ」

( ^ω^)「まあ、3日間食料に出くわさなかったときは死ぬかと思ったけど」

从 ゚∀从「おー大変だな」

( ^ω^)「渇きに耐えきれず、自分の尿を飲んだ事もありますお」

从; ゚∀从「お前スゲーな。食事中に」

325 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:49:38 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「まー、でも最近はこっちの暮らしもきつくなってきてるみたいだね」

从 ゚∀从「ここは港町で漁業が盛んだからそれほど影響も少ないけど」

从 ゚∀从「なんせずっと空が曇ってるからね。食物の不作が続いてるらしい」

( ^ω^)「・・・・・・」モシャモシャ、ゴクン

从 ゚∀从「せめて空がスカッと晴れてくれればな・・・」

从 ゚∀从「こんな気分にもならなくて済むのに」

( ^ω^)「青空・・・かお」

326 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:50:23 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「これから、すぐにあの島にいくのかい?」

( ^ω^)「ばくばくばく・・・」

( ^ω^)「・・・その前に、メルキドに行こうと思ってますお」

从 ゚∀从「メルキド?」

( ^ω^)「だお」ムシャムシャ

( ^ω^)「あの周辺の魔物は、他の地域よりも比較的強いと言われるお。修行がてらに」

( ^ω^)「それにメルキドは、良い武器防具を作ってる事で有名ですお」

( ^ω^)「今のブーンの装備じゃ不安だお。それを、充実させようかと思って」

从 ゚∀从「ふーん、あすこも確か魔物の襲撃を受けたんだよね」

( ^ω^)「らしいですおね。でも戦勝に終えたとか」

327 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:52:15 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「ブーン、これも食いなよ」

( ^ω^)「これは、何ですお?」

从 ゚∀从「ルコの実と生ウニのサラダ、スペシャルタカオカ亭ソース!」

( ;゜ω゜)「ルコの実・・・?それってめちゃくちゃ貴重な・・・」

从 ゚∀从「ああ。おっかさんから預かったもんさ」

( ;゜ω゜)「そ、そんな大切なもの」

从 ゚∀从「いいんだよ」

328 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:53:08 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「ルコの実は、別名“生命の木の実”」

从 ゚∀从「これを食べれば、寿命が延びるって言い伝えがある」

( ^ω^)「・・・・・・」

从 ゚∀从「ブーン」

从 ゚∀从「絶対に、生きて帰ってきてよ」

( ^ω^)「・・・頂きますお」

( ^ω^) シャクシャク

(  ω )「・・・・・・おいしいですお」

(  ω )「今まで味わったどの料理より・・・一番美味しいですお」

从 ゚∀从「そいつぁよかった!」

329 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:54:41 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「・・・そろそろ行くお。ご馳走さまですお」

从 ゚∀从「ああ」

( ^ω^)「じゃあ勘定を」

从 ゚∀从「いいよいいよ。今のアンタからとろうなんて」

( ^ω^)「そういう訳にもいきませんお。奢ってもらってばかりじゃあ・・・」

( ^ω^)「それに、ラダトームの王様から、十分な路銀を頂いたんですお!
・・・ん、アレ?」ガサゴソ

从 ゚∀从「むしろこっちが感謝したいくらいさ。
アタシらの為に命張ってくれてるんだからね」

330 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:56:32 ID:ZFVLZoXo0

( ;゜ω゜)「・・・・・・無いお」

从 ゚∀从「え?」

( ;゜ω゜)「さ、財布が・・・路銀を入れた財布が」

( ;゜ω゜)「盗まれるタイミングなんて無かったお。
という事は・・・お、落としたのかお!?」

从; ゚∀从「あーあ」

( ;゜ω゜)「あ!鴨を捕まえるときに色々罠とかの準備をしたときに・・・もしかして」

从 ゚∀从「やっちまったね」

( ;´ω`)「おぉーん・・・」

331 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:57:49 ID:ZFVLZoXo0

从 ゚∀从「無一文て訳かい。それじゃあ、宿賃も払えないね」

( ;´ω`)「ショックだお・・・これからどうするお」

从 ゚∀从「とりあえず、今日のところはここに泊まっていきなよ」

( ;´ω`)「ハインさん・・・何から何まですいませんお」

从 ゚∀从「荷物とか、二階のアタシの部屋に置いちゃって」

( ^ω^)「いや、この食堂で雑魚寝でいいですお。荷物も自分で見張りますお」

从 ゚∀从「いいよ。旅で疲れてるんだろう。柔らかい寝床の方がいいだろ・・・」

( ^ω^)「大丈夫ですお。寝床の不安定さなんて、慣れっこですお。
寒空の下で夜を過ごす事を考えれば、全然ありがたいですお!」

从 ゚∀从「ブーン・・・アンタもなかなか鈍いねぇ」

( ^ω^)「おっ?」

332 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 21:59:57 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)

从 ゚∀从

( ;゜ω゜)

从 ゚∀从

( ;゜ω゜)「あの・・・・・・ベッドは」

从 ゚∀从「ひとつだよ」

( ;゜ω゜)

从*゚∀从

333 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:02:28 ID:ZFVLZoXo0

( ;^ω^)「い、いやいや!おおおおおおそんなわけには!」

从 ゚∀从「ブーン・・・アンタ、女を知ってるかい?」

从*゚∀从+「アタシの勘じゃ、まだじゃないのぅ?」キュピーン

( ;^ω^)「どどどどどど」

334 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:03:21 ID:ZFVLZoXo0

( ;^ω^)「いや、そうじゃなくて・・・ハインさん」

从 ゚∀从「いいじゃない。アタシ、アンタに惚れちまったよ」

从 ゚∀从「男が生きるか死ぬかの戦地に赴くんだ。
慰みな訳じゃない。それくらいしてやりたいんだよ」

( ;^ω^)「本気ですかお」

从 ゚∀从「ああ。それとも嫌だったら」

( ;^ω^)「いいいいややじゃありませんお!全然いやじゃありませんお!」

( ;^ω^)「自分も・・・自分はっ、嬉しいくらいですお・・・!だけど・・・」

从*゚∀从「だったら」

335 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:05:40 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「・・・・・・だけど・・・」

( ^ω^)「・・・自分は・・・もしかしたら・・・」

从 ゚∀从「ブーン」

从 ゚∀从「本当に生きて帰ってくるつもりなら、できるだろう」

( ^ω^)「!!」

从 ゚∀从「世界の為に。 自分の為に。 そして、アタシの為に」

从 ゚∀从「その為の、 “約束”さ。 な、ブーン?」

336 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:07:22 ID:ZFVLZoXo0

(  ω )

从 ゚∀从

(  ω )「ハイン・・・さん」

从 ゚∀从

たまらなく嬉しかった。
胸の奥に、熱い想いがこみ上げる。

自分の事を心から案じ、慈しんでくれる女性が居る事に。

そして、自分たちが生きる未来の事をも。

せり上がってくる感情を、高ぶる恋情を。

抑えきれない。

337 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:08:32 ID:ZFVLZoXo0

( ^ω^)「ハインさん・・・愛して、いますお」

从 ゚∀从「ブーン」

338 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:09:48 ID:ZFVLZoXo0

その夜。 ブーンとハインは一つになった。

引き締まった筋肉と、柔らかな肌。
対照的なそれらが、温もりをともなって擦(す)り合わせられる。

手を取り合い、抱きしめ合う。

手だけは同じだった。

冒険のさなか、薄傷で堅くなった手。
包丁を握り冷水でひび割れた手。

どちらも、これまで生きてきた証が刻まれている。
人生を物語る手だった。

339 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:10:58 ID:ZFVLZoXo0

互いの呼吸が交じり合う。
心臓の鼓動が重なり合う。

ベッドの白地に、破瓜の血が流れる。

驚きはしなかった。ただ、心から嬉しかった。

母のとは違う、幸せな暖かみが、全身を駆け巡る。

340 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:12:03 ID:ZFVLZoXo0

二人は、涙を流す。
決して惜別の涙ではない。

例え束の間の温情だとしても。
これほどの幸せを感じる事は今までに無かった。

全てを守り通す為に、命をかけて剣を振う戦士。
その帰りをきっと待つと言ってくれた、女性。

体だけでない、心が結ばれてゆくのを感じる。

狂おしい程の多幸感に身を包まれたとき、人は涙を流すのだろう。

そこにある愛情を確かめるように、何度も口づけを重ねる。

342 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:13:02 ID:ZFVLZoXo0

(*-ω-)
从*-∀从

愛おしい。 守りたい。

この女性を。この女性のとりまく全てを。

それこそが、やはり自分の生きる意味だと思えた。

寂寥(せきりょう)など要らぬ。

ただ少しだけ、離れるだけだ。

いつの日か、またこの温もりと触れ合えるのだから。

344 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:14:43 ID:ZFVLZoXo0

輝かしい人々の未来の為に。

いずれ訪れる平和を分かち合う為に。

二人は、再会の契りを交わす。

もう迷いなど微塵も無い。欠片も抱く事は無い。

今、この胸に生まれるものは、確かな愛と、純粋な情熱だけだった。

to be continued…!!

345 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/08/08(月) 22:19:39 ID:ZFVLZoXo0


( ^ω^)ブーンの今のステータス (脱童貞)

LV21

はがねのつるぎ
はがねのよろい
てつのたて

今回登場した敵

無し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。