第25話


6 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:14:18 ID:rb0n12DI0

25話

7 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:15:49 ID:rb0n12DI0

ガライの町から遠く離れ、潮風の匂いも恋しい。

渇いた砂混じり黄土色の風が、びゅうと音を立てて吹き付ける。

砂が目に入らないように気をつけて歩く。

( ^ω^)

9 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:18:17 ID:rb0n12DI0

今、ブーンはメルキドという国に向かう。

堅牢な軍事防衛力を持つ事から、“城塞都市”の名を冠する国だ。

やはり武器や戦用品を多く取り扱い、その質も高いという。
わざわざ危険を冒しても、この国に武器を仕入れにくるという国や商人は多い。

( ^ω^)「おっ・・・」

道中、遠くに岩山の洞窟が見えた。

懐かしい。
あのあたりで、ジョルジュと修行していた日々を思い出す。

10 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:19:34 ID:rb0n12DI0

今彼は、何処で何をしているのだろうか。

彼も修行の身だと言っていた。
きっとどこかで魔物を相手に、雄拳を奮(ふる)っているに違いない。

あの豪傑が、そこらで野たれ死んでいるなんて想像できない。

当時は、まるで歯が立たなかったが、今の自分ならどうだろう。
少しは近づけただろうか。

確かめてみたい気もする。
何のしがらみもなく、純粋に自分の力量を試してみたい。

そんな事を思うのは、自分が戦士として、
武人(もののふ)として生きてきたからなのだろうか。

11 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:20:43 ID:rb0n12DI0

旅立つ前の自分なら考えられない事だ。
とても、闘いの技量の研を競おうなどと。

だが。

( ゚∀゚)『ブーン、今日の練習はこいつだ』

( ^ω^)『木?これをどうするんだお』

森の中。ジョルジュは、一本の木をペシペシと叩く。

12 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:22:30 ID:rb0n12DI0

( ゚∀゚)『こいつを、どういう方法でもいい。ぶっ倒せ。
ただし、武器は使うな。素手で、だ』

( ;^ω^)『素手なんて無理に決まってるお』

( ゚∀゚)『出来る。俺が出来るんだから出来る』

( ^ω^)『人外規格のジョルジュと一緒にするなお』

( ゚∀゚)『いいか、ブーン。確かにお前は武器をもって闘うが』

( ゚∀゚)『自分の肉体さえ鋼の境地に達しさえすれば』

( ゚∀゚)『何ものをも打ち砕く最強の力が宿る・・・』 ス・・・

(♯゚∀゚)『せいああああッッ!!』 ドウッ!

13 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:23:38 ID:rb0n12DI0

ジョルジュは、ブーンに与えた木の4倍はある大樹に向かって拳を放つ。
凄まじい振動と共に、葉が散り行き、メキメキと倒れていった。

( ;゜ω゜)

( ゚∀゚)『武器よりも先に、まずは身体の錬磨だ。修行はそこから始まる』

( ゚∀゚)『・・・おっ!木にとまってた鳥が気絶して落ちてきたぞ!
やったぁ。後で、コイツうまいこと料理してくれ』

( ;゜ω゜)『はい』

14 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:25:33 ID:rb0n12DI0

( ;^ω^)「・・・・・・」

とてもじゃないが、あの鉄人にはまだ敵う気がしない。
稽古をつけて貰った時代も、彼は一度も本気を出さなかった。

いったい彼は、どこであんな武力を身につけたのだろう。

だが、いつか追いついてみせると剣に誓う。

ジョルジュにも、モナーにも。 竜王にも。

15 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:26:21 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)「お・・・・・・」

砂塵が多くなってきた。

ここから先は、砂漠地帯に突入する。

出て来る敵も、屈強な魔物ばかり。
用心しなければならない。

16 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:27:09 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)「ふぅ」

( ^ω^)「それにしても、メルキドはまでの道のりは遠いお」

(::::( ^ω^)「そろそろここらで休

跳んだ。

背後に殺気を感じて、考えるより先に、足が瞬間的に地を蹴った。
砂埃が派手に舞う。

(♯^ω^)))「ふっ・・・!」ザリザリ

かげのきし「ヴォォォォ・・・・・・」

17 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:28:36 ID:rb0n12DI0

魔物だ。全身が真っ黒・・・というよりは、影にぼやける様な姿。

こちらにじりじりと、躙(にじ)りよって来る。

(♯^ω^)「おおッッ!!」ザヒュッ

かげのきし「フォォォァ・・・・・・」シュッ

(♯^ω^)「シッ!!」シャウッ

かげのきし「ォォォォ・・・・・・」ヒュン

ブーンの鋭い連撃を、奇妙な動きでスラリと躱す。
相当素早い敵だ。警戒の念を強める。

18 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:29:43 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)「・・・・・・」

かげのきし「シュァォォォォ」

「ォォォォォォ」

( ;゜ω゜)「!!」

魔物が、煙のように消えた。

そして、背中に熱のような痛みが走る。
背後から攻撃されたようだ。

(( ; ω )「グおッ・・・!」

かげのきし「・・・ーラ・・・ォォ」

19 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:30:35 ID:rb0n12DI0

どうやら、この魔物は煙のように消え、相手の死角から攻撃してくるようだ。

(♯^ω^)「だったら・・・」

少しずつ、間合いを詰める。
そして剣を振りかざした。

「ゥぅぅォォ・・・」

目の前から消えた。今だ。

20 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:31:43 ID:rb0n12DI0

(♯^ω^)「ふおおおおッッ!!」

そのまま、切り掛かった慣性のまま、
回転して背後に斬撃を繰り出す。

かげのきし「ギシュォォォォオオ・・・・・・!」

手応えあり。
魔物は胴から寸断され、地に落ちる。

二つになったそれは、ブスブスと燻り消えてゆく。

21 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:32:58 ID:rb0n12DI0

( ;^ω^)「ぐ・・・・・・」

背中を切られた。
戦闘には勝ったが、思ったより傷が深い。

剣を振るえなくは無いが、万全の状態とは言い難い。

背中は包帯がしにくいので、難儀する。
薬草を貼り、その上から巻いてゆく。

そろそろ辺りも暗くなってきた。

砂丘では、外敵から身を隠せる様な場所がない。

それなりに負傷している今、
血の匂いに引きつられた魔物の相手はしたくはなかった。

どうするか。

22 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:34:01 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)「・・・・・・そうだお」

( ^ω^)「確かこの近くに、魔物の襲撃によって滅ぼされた町があったはずだお」

( ^ω^)「そこに行ってみるかお・・・」

少なくとも、この砂漠のど真ん中よりは、身を隠す場所はあるだろう。

もしかしたら廃屋などで風を凌いで一晩を過ごせるかもしれない。
そうなれば儲けたものだ。

( ^ω^)「もうちょっと頑張って、そこまで歩くかお」

( ^ω^)「確か、町の名は・・・」

ブーンは、ガサガサとひしゃげた古い地図を取り出す。

( ^ω^)「  ドムドーラ  」

23 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:35:52 ID:rb0n12DI0

日は、完全に沈んだ。

辺りは暗く、風の荒ぶる音だけが耳につく。

即席のたいまつに火打石で火を灯し、進む。

( ^ω^)「見えたお」

廃墟が見えた。

意味を為さなくなった門をくぐり、町の中へ入る。

24 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:37:03 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)「・・・・・・」

荒廃し、人々の記憶の残骸が散らばる。

そこら中に、人とも獣とも知れぬ骨が転がっていた。

地は濁り、毒のたまりができ、異臭を放つ。
竜王の悪しき魔力だ。

これまでに、いくつもの国や町村が竜王軍によって滅ぼされてきた。

最近、魔物の襲撃が顕著になっている。
ラダトーム、リムルダール、メルキドの三国戦争は記憶に新しい。

現存する国々も、常に恐怖に脅かされている。

ここには、悲しみが風にのって流れているのだと、ブーンは思った。

26 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:39:16 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)「どうやら、ここで一夜を明かせそうだお」

ブーンは、他の家と比べ大きな、一軒の廃屋を選び、中に入る。

部屋に張り巡らされる大量のクモの巣に、目を丸くする。
棒で払い、通りをよくしよう。

埃っぽいので、少しでもと換気の為に窓を開けた。

部屋に埃をかぶった肖像画が飾られている。

埃を払うと、壮年の男と、近い年齢の女性。
それと小さな少女が描かれていた。
恐らくこの家の元の持ち主の家族だろう。

その近くに、三人分ほどの人骨がそこかしこに散乱しているのに気付く。

27 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:40:40 ID:rb0n12DI0

クローゼットがあったので、その中に荷物を隠して、一息つく。

( ^ω^)「ちょっと歩いて何か使えそうなものや、
食べられそうな物でも探してみるかお」

体の埃や泥を払い、家屋を出た。
ブーンはフラリと町を探索する。

無論、武器の携帯は忘れない。

探すと言っても、金目の物などは恐らく、もう無いだろう。

滅ぼされてから数年の間にも、
ここを訪れた旅団や商人がいたはずだ。

自分が探すのは、もっと実用的で旅道具として使える様な些細なものでいい。

28 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:41:45 ID:rb0n12DI0

それにしても、路銀を入れた財布を無くしてしまったのは痛い。

これから行くメルキドで、十分な装備を整えようと思っていた矢先だ。

メルキドの武器は質が高い事で名を馳せるが、
その分値段も高くつくと聞く。

自分の持ち合わせでは足りないかもしれない。
いや、どう考えても足りない。

だが、まあそれは行ってから考える事にする。

今はまず、生きてメルキドに辿り着く事が先決だ。
それに気を配ろう。

29 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:43:32 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)(!)

何かの気配を感じる。

それも、これは恐らく魔物の。

ブーンは、たいまつの火を消した。

普通の動物と竜王の魔力を帯びた魔物とでは、気配が違う。
魔物特有の臭いがあるのだ。

熟練してくると、どんなタイプの魔物かも嗅ぎ分ける事ができるという。

目に見える範囲では、脅威の存在は見当たらない。

つまり、かなり離れた場所から瘴気を放っているという事だ。

30 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:44:32 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)(この魔物の尖った様な気配・・・)

( ^ω^)(これは並の魔物じゃないお)

肌で感じる気配から、敵の危険度を伺い知る。

( ;^ω^)(これは・・・まずったかお)

( ;^ω^)(敵がこっちの存在に気付いていないならば・・・このまま引き返すお)

( ;^ω^)(だけどもし気付かれていたら)

( ;^ω^)(そしてある程度知能の高い魔物だったら・・・)

( ;^ω^)(尾けられて・・・拠点、寝静まった頃に襲われるなんて事もある)

( ;^ω^)(出歩いたのは失敗・・・かお?)

31 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:45:56 ID:rb0n12DI0

自分が魔物の気配を感ずるように、
相手も自分の存在を認識している可能性はある。

ましてや、レベルの高い魔物であるならその確率も高い。

ズチャ・・・

ズチャ・・・

( ;゜ω゜)

いる。

32 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:46:50 ID:rb0n12DI0

自分と、損壊した家屋を一つ隔てた先に、死角で見えない位置に。

肌で感じる魔の気配に、ブーンの心はぶるりと揺れる。

強い。

近づくにつれ、脳内で相手の強大さを修正し、理解してゆく。

ズチャ・・・

ズチャ・・・

33 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:47:54 ID:rb0n12DI0

敵の力量を見定める感性は、冒険において非常に重要である。

過去、魔物を目前にして鳥肌が立つ程の戦慄を、二度経験している。

洞窟のドラゴン。

それに、リムルダームの魔鳥。

今、それに近しいレベルの“魔”が全身を撫でる。

ズチャ・・・

ズチャ・・・

34 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:49:00 ID:rb0n12DI0

果たして、こちらの存在を察知しているか。

どうする。

走って逃げるか。

ならぬ。

位置を、存在を完璧に気取られる。

自分の足は速いが、傷の痛みを抱えては迅速に走れない。

人外野生の走力を前に、それはいかにも厳しい。

ズチャ・・・・・・

( ;゜ω゜)(・・・・・・)

握り込む剣の柄に、汗が滲む。

鼓動が、高まる。

35 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:50:25 ID:rb0n12DI0

いつしか、風は止んでいた。

凍り付く静寂。

目は、闇に慣れた。

36 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:52:04 ID:rb0n12DI0

あくまのきし「  ゴアがぉオオォオおおおおぉおxオオぉぉッッ!!  」

(( ;゜ω゜))「うおおおおおおおッッ!!!!」

石壁をぶち抜いて、錆び付いた鎧の巨体が飛び出してくる。

瞬間躱し、巻き上がる砂埃の中、横転する。

37 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:53:04 ID:rb0n12DI0

あくまのきし「・・・エセエエエエエエエッッ」

魔物は、巨大な斧を振り回す。

((( ; ω )「くっ!!」ドガァッ

盾で斧を受け、軌道をずらす。

途轍も無い衝撃で、肘が外れそうになった。
受け流し、方向の逸れた斧は、たやすく家屋の煉瓦を粉砕する。

39 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:54:21 ID:rb0n12DI0

( ;^ω^)「おッ・・・おお・・・」

あんな一撃をまともに食らえば、ただでは済まない。

だがこうして相対してしまった今、避けるばかりでは勝つ事は出来ない。

(♯^ω^)「ハアアああおッッ!!」ドヒュッ シュバッ

負けじと、剣撃を繰り出す。

あくまのきし「クアアアアアアアアアッッ」ガギッ ガキッ

大きな斧を薙いで払ってくる。
敵も武器の扱いは慣れているようだ。

力では敵。 だが技量と疾さでは、こちらが勝るか。

40 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:55:55 ID:rb0n12DI0

凄絶な打ち合いで、互いの交錯の度に火花が散る。

一合、二合。三合。

四合。五合、六合。

(♯^ω^)「うおおおおッッ・・・・・・!!」

互角に斬り結んでゆくが・・・

腕に痺れと疲労が蓄積する。
背の傷も開いたようだ。流血と痛みを感じる。

長引けば、不利。

41 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:57:05 ID:rb0n12DI0

あくまのきし「ヨロイヲ・・・・・・カエセ・・・」

(♯^ω^)(・・・・・・?)

(♯^ω^)(なんだおコイツ・・・ヨロイ・・・鎧を返せ・・・?)

あくまのきし「ロトノゆうしゃアアアアアアアアアア」

(♯^ω^)「・・・・・・っッ!?」

と、その時。

バキャッ!!

(( ;゜ω゜)「お・・・・・・ッッ!!?」

42 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 21:58:05 ID:rb0n12DI0

剣が、砕けた。

豪撃を受け続け、振るい方を過ったか。

刃が根元から折れ、柄にも皹(ひび)が入る。
もう剣としての役割は成さない。

44 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:03:31 ID:rb0n12DI0

( ;゜ω゜)(ば・・・馬鹿な・・・っ)

武器を失った。 血の気が引き、汗が一気に湧く。

あくまのきし「・・・・・・・・・」 ズチャッ・・・

敵は距離を詰めてくる。

あくまのきし「ヨロイをカエセ・・・・・・」

( ;゜ω゜)

45 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:04:35 ID:rb0n12DI0

( ;^ω^)『ジョルジュ、やっぱり厳しいお!』

( ^ω^)『こんな木を素手で倒すなんて』

( ^ω^)『何年叩いても倒れる気がしないお』

( ゚∀゚)『いいんだよ。そうやって木を打ち続ける事自体が修行なんだから』

( ^ω^)『もう拳が擦り切れ、まめも潰れて血だらけ。
腫れ上がってボロボロだお』

( ゚∀゚)『泣き言ばっかいうんじゃねー、このタコ!』 ドゴン

( ;゜ω゜)『あだぉ!!』

( ゚∀゚)『いいか、いったろ。まずは己の肉体を武器にするんだ』

( ゚∀゚)『柔らかい拳も、酷使し鍛え上げればいつか鋼の強度を得る』

46 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:05:59 ID:rb0n12DI0

( ゚∀゚)『もしお前が戦いで武器を奪われちまったとき』

( ゚∀゚)『そうなると頼れるのはお前の身一つなんだぜ』

( ゚∀゚)『長い事、戦場に身を置くなら、そんな事はザラにあるだろうさ』

( ^ω^)『おお・・・』

( ゚∀゚)『もし俺との修行が終わっても』

( ゚∀゚)『身体の鍛錬は怠っちゃいけねーぜ』

( ゚∀゚)『毎日毎日、石や木を叩くんだ。いいな?』

( ^ω^)『わかったお!』

47 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:07:16 ID:rb0n12DI0

( ; ω )

やる。やるしかない。

素手で、この化け物と闘うしかない。

あれから、ジョルジュの教えの通り、
たゆまず拳足の錬磨を続けてきた。

やれる。やれる。

ブーンは身構える。

あくまのきし「ヴォオオオオオオォッ!!」

(♯゜ω゜)「フオオオオおッッ!!」

48 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:08:20 ID:rb0n12DI0

魔物の熾烈な斧撃が繰り出される。

が、あえて前に突進していった。

あくまのきし「ゴグッ!!?」

(♯ ω )「おおおおっっ・・・!」

斧を躱し、そのまま体当たり、一緒に地面に倒れ込んだ。
敵の体に馬乗りになる。

(♯゜ω゜)「くらえおッッ!!」

50 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:10:03 ID:rb0n12DI0

左手で敵の斧を持つ腕を押さえつけ、
右手を思い切り顔面を殴りつける。

腕力は魔物の方があれど、馬乗りで押さえつけた状態ではブーンが勝る。

あくまのきし「グゴッ・・・、グアアアア」

(((♯^ω^))つ「ああああああああっ!!」 ドゴッ バゴン バキャッ ズドッ

乱打の重い音が響く。
ブーンの拳から血がほとばしり、骨が見える。

だが、殴るのは止めない。
痛み等考えている暇は無い。

敵の鎧が、兜が、少しずつ変形し、皹入り、砕けていく。

51 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:11:12 ID:rb0n12DI0

あくまのきし「ウがアアアアっっ!!」 バキッ

((♯;゜ω゜)「うおっ・・・・・・!」 グラ

敵の拳を頬に喰らう。
歯のいくつかが欠ける感触。

魔物の渾身の力で、身をよじる。
体勢が崩れ、馬乗りの姿勢から離れた。

双方瞬時に起き上がり、身構える。

口元に血が滲んだ。

52 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:12:31 ID:rb0n12DI0

(メ; ω )(ち・・・)

(メ; ω )(あのまま、決めてしまいたかったお・・・!)

あくまのきし「・・・・・・よろいヲ・・・カエセ・・・・・・」

(メ;^ω^)「・・・・・・」

この魔物は何を言っているのか。
先ほど、ロトの勇者と言っただろうか。

(メ;^ω^)(は・・・そういえば)

以前、勇者の情報の聞き込みをしている時の事を思い出す。

53 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:13:52 ID:rb0n12DI0

(‘_L’)『ロトの勇者ですが・・・彼は、それはそれは立派な鎧をお持ちでしたよ。
私も間近にみせてもらいました』

(‘_L’)『あの伝説のロトが身につけていたという、そりゃあもう伝説の鎧だとか』

( ^ω^)『へえ』

(‘_L’)『なんでも、とある没落した廃街で見つけたらしいんですが・・・』

(‘_L’)『そこで強力な魔物と死闘を繰り広げたそうです』

(‘_L’)『倒してみると、魔物がいた場所に、その鎧があった』

(‘_L’)『魔物が鎧を守護していたんですね』

( ^ω^)『伝説の鎧かお・・・かっこいい響きだお!』

(´・ω・`)『へえー、すごいね。 マスター、もう一杯』

(‘_L’)『ショボンさん。アンタもう、飲み過ぎでしょ』

54 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:14:43 ID:rb0n12DI0

(メ;^ω^)(そういう事かお・・・)

(メ;^ω^)(ロトの勇者は、ここで伝説の防具を見つけたんだお)

(メ;^ω^)(おそらくこの魔物は、竜王の命で鎧を見張っていた)

(メ;^ω^)(だけど、モナーはそれを打ち破り、見事鎧を手にしたんだお)

(メ;^ω^)(しかしそれから数年の内・・・)

(メ;^ω^)(世界に蔓延する竜王の魔力により、“守護者”は蘇った)

(メ;^ω^)(鎧だけは失われたまま・・・)

(メ;^ω^)(だからこの魔物は、鎧に執着するんだお)

55 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:15:45 ID:rb0n12DI0

あくまのきし「ヨ・ロ・イ・ヲカエエエエセエエ・・・・・・!」

(メ ^ω^)「・・・生憎だお。ブーンはそんな大層な鎧は持ってないお」

あくまのきし「シャガアアアアアア」

斬撃を躱す。

いや、躱しきれない。

敵が斧を振るうたび、鮮血が散る。

だが、肉は斬られるが、骨は断たれず。

魂は、折られず。

56 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:17:10 ID:rb0n12DI0

魔物は、斧を振り上げる。

(メ ω )「武器がなくとも・・・ 伝説の装備なんか無くとも・・・
ロトの血なんか流れていなくとも・・・!」

あくまのきし「ガアアアアアアアアアアアアアアアアア」

(♯゜ω゜)づ「ブーンは・・・・・・すべてを超えてやるんだおおおおおおッッ!!!!」

放たれた斧に、完璧にタイミングを合わせる。

刃の真横から拳をあてる。

巨大な斧が、砕けた。

57 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:19:49 ID:rb0n12DI0

あくまのきし「・・・・・・ッッ!!?」

((♯゜ω゜)づ 「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッ!!」 ドドドドドドドドドド!!!!

ジョルジュ直伝、拳足の連撃。

魔物の体は次第に破壊され・・・そして――――――

あくまのきし「ゴ・・・・・・ハ・・・・・・・」

遂に沈黙。

顔面にとどめの一撃を浴びせた瞬間、
全体の鎧がガラリと崩れた。

鎧の中身がさらさらと砂になり、風にのって飛んでいく。

59 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:21:12 ID:rb0n12DI0

(メ; ω )「か・・・・・・ ハァッ・・・! はぁっ・・・!」

(メ; ω )「う・・・」

(メ; ω )「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッ!!」

深淵の闇の中で、勝利の咆哮を放つ。

立ち尽くすブーンの体から、熱と蒸気がほとばしる様に。
呼吸も荒ぶり、白い吐息が宙に消える。

60 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:22:03 ID:rb0n12DI0

(メ ω )(ジョルジュ・・・君との日々で・・・ブーンは確実に強くなれたお)

(メ^ω^)「君のおかげで・・・」

(メ^ω^)「ブーンは今、ここに生(い)るお」

この幽暗の空を、何処かでジョルジュも見上げているだろうか。

61 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:23:01 ID:rb0n12DI0

翌朝。ブーンは廃墟で火を起こす。

(メ ^ω^) パチパチ・・ 焚火

捕まえたトカゲを串に刺し、炙る。
トカゲの肉は、意外と旨い。

精もつくので、英気回復にちょうどいい。

相変わらず、曇天に今日も風が強く吹き曝(さら)す。

62 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:24:19 ID:rb0n12DI0

(メ ^ω^)「トカゲうめーお」

(メ ^ω^)「尻尾を焦がしてカリカリにするのが旨いんだお」

(メ ^ω^)「あち・・・ふぅ」

これからブーンは、武具を求めて異国の地へ向かう。

だが、冒険に本当に必要な物とは、上等の武器だけではない。

己自身の、肉体と意志の、確固たる強さだ。

ブーンは今、本当の戦士としての真の力を、手に入れつつあるのか。

63 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:25:50 ID:rb0n12DI0

(メ ^ω^)「さて・・・・・・」

(メ ^ω^)「いくかお」

火を消し、荷をかつぐ。

一晩世話になった家に、一礼する。

(メ ^ω^)「必ず、貴方達の仇を・・・とってみせるお」

家にあった骨を三人分寄り添うようにまとめて、その上から布をかぶせた。

部屋の肖像画の家族達が、微笑んだ様な気がした。

64 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:30:23 ID:rb0n12DI0

いつか、この街に新たな命と、活気が戻る様に祈る。

(メ ^ω^)

そしてまた、荒涼なる大地へと踏み出していく。
無限の絶望がひしめく、このアレフガルドに。

傷つきながらも、震える事の無い足取りで。

自信に満ちた、精悍な顔つきで。

to be continued…!!

72 名前:名も無きAAのようです:2011/08/10(水) 22:42:17 ID:rb0n12DI0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV22

はがねのよろい
てつのたて

今回登場した敵

かげのきし:死人の魂にのみ、竜王の魔力が吸着した。
実体がなく、煙のように移動するので、それを捉えるのは困難である。
核となる魂の部分のみを正確に斬らなければ倒せない。

あくまのきし:伝説のロトの勇者の防具、“ロトの鎧”を守っていた魔物。
だが数年前にモナーに破れ、その後また魔力により復活した。
自身も鎧を装備しており、大きな斧を振るい攻撃してくる。
今回ブーンに完膚なきまでに壊されたので、また蘇る事は無いだろう。


第25話」への1件のフィードバック

  1. Reply

    匿名

    面白い
    面白いんだけど、どうにも地の文がくど過ぎるんだよな
    せっかくの熱い展開も、地の文が無駄に格好つけ過ぎてて逆に冷めてしまう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。