第27話

244 名前:名も無きAAのようです:2011/09/30(金) 23:59:48 ID:2RU4fP5g0

第27話

245 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:00:51 ID:3ogfubfA0

風もなく、ただ夜の帳が落ちて、静けさと冷たさをしんと感じる。

珍しく、月が出ていた。
満月がそこにいる数名を照らす。

(´<_` ;)「・・・・・・」

( <●><●>)

(  ゚∀゚ )

(‘e’)

246 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:02:29 ID:3ogfubfA0

風体の粗野な連中に囲まれている。

数人は手に刃物。
刀剣が、月光を受けてユルリと存在感を見せつける。

自分は家から飛び出してきたので、武器の類いは持っていない。

(´<_` ;)「・・・何の用だ?物盗りか」

( <●><●>)「違います。あなたにちょっと、折り入ってご相談がありましてね」

( <●><●>)「“流石屋”9代目の貴方にね」

(´<_` ;)「・・・・・・」

249 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:05:14 ID:3ogfubfA0

やはり自分を流石屋縁の者と知っての接触か。

何にせよ、とても穏便に話をするという雰囲気ではない。
逃げるチャンスを窺ってはいるものの、三人に囲まれてはその隙も無い。

(´<_` )「・・・用件とは」

( <●><●>)「単純です。私らの組に、良質の武器を卸して頂きたいと思いましてね」

( <●><●>)「あなたのところの武器は大層評判ですからね。
私らの親分も、一級品をと、ひどく所望しています」

身なりをみる限り、とても正規の団体とは思えない。
“組”という単語を出したのも、自分に威圧感を与える為であろう。

250 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:07:49 ID:3ogfubfA0

(´<_` )「・・・残念だが、それには応えられない」

(´<_` )「“流石屋”は誇りをもって剣を打つ。
暴力をちらつかせての要求をしてくるような連中に、与える武器は無いな」

( <●><●>)「ほう、随分と度胸がありますね。そしてやはりそうきますか」

( <●><●>)「やはり血は争えませんか」

(´<_` )「・・・・・・?」

( <●><●>)「まあ、あなたの思わくも重々ワカッテマス」

( <●><●>)「とはいえ、こちらも子供の使いで来ている訳じゃありません。
どうしてもうんと言ってくれなければ」

( <●><●>)「少し・・・いや、かなり痛い目にあってもらう事になりますよ」

(´<_` ;)

251 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:09:29 ID:3ogfubfA0

( <●><●>)「もちろん、あなただけじゃない。
御家族の事を想えば、きっと協力してくれると信じていますが」

(´<_` ;)「!! 貴様、卑劣な・・・!」

( <●><●>)「ククク・・・」

(  ゚∀゚ )「か、カシラ・・・」

( <●><●>)「なんです?」

(  ゚∀゚ )「あの、どうしても無理矢理やるんすか」

(  ゚∀゚ )「もっとこう、ちゃんと真摯に話し合ってお願いすりゃあ・・・前のときだって」

(‘e’)「・・・・・・」

252 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:11:20 ID:3ogfubfA0

( <●><●>)「何言ってるんですかてめえは」

( <●><●>)「以前“きちんと”お願いしたら体よく断られたでしょう」

( <●><●>)「ならばもう、実力行使しかなんでいんですよ」

( <●><●>)「腑抜けやがりましたか」

(  ゚∀゚ )「・・・すんません」

(´<_` )(前・・・だと・・・?)

254 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:15:09 ID:3ogfubfA0

( <●><●>)「以前と同じ轍は踏みません」

( <●><●>)「このまま拉致して、我々の家に監禁しましょう」

( <●><●>)「そこであなたには、組の為の専属鍛治士として働いてもらいます」

( <●><●>)「もちろん見合った給料は払いますよ。
それを使う機会があるかどうかは別ですがね・・・」

(´<_` ;)「く・・・ッ」

悪党が、じりと近づく。 その時。

「まてお!!」

255 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:17:22 ID:3ogfubfA0

( <●><●>)「ん?」

( ^ω^)「その人をどうするつもりだお」

( <●><●>)「なんですかてめえは」

(´<_` ;)「あ、アンタ・・・」

( ^ω^)「どうやらただ事じゃないようだおね」

( ^ω^)「その危なっかしいものをしまって、どこかに消えろお」

256 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:19:09 ID:3ogfubfA0

( <●><●>)「関係ない人間には下がっていてもらいたいですね」

( <●><●>)「アヒャ、ジョーンズ。こいつをさっさと・・・」

(; ゚∀゚ )「・・・・・・げっ、こいつは!?」

(;’e’)「あ、アニキ!」

( ;^ω^)「あれ?アンタら」

(; ゚∀゚ )「カシラ。こいつは危険ですぜ、ここは引き上げた方が・・・・・・」

( <●><●>)「何を言ってるんですか、この臆病者が」

( <●><●>)「どんな関係か知りませんが、相手は丸腰じゃないですか」

( ^ω^)

258 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:21:18 ID:3ogfubfA0

店から飛び出してきたブーンは、武器をもっていなかった。
丸腰のブーンを見て、悪漢はゴクリと唾を飲む。

( <●><●>)「こちらには得物もある。さっさと黙らせてやりなさい」

(; ゚∀゚ )「うう・・・よ、よぉし・・・」ジリジリ

(;’e’)「・・・・・・」ジリジリ

( ^ω^)「・・・・・・」

刃物を前にしても、ブーンは落ち着き払っていた。
冷静に、まるで敵に興味も持たぬ様なそぶりで、辺りを見回す。

そしてフラリと動く。

259 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:22:34 ID:3ogfubfA0

( ^ω^)「うん」

( ^ω^)「これでいいお」

ブーンは、草むらに落ちている、細く短い棒切れを拾った。
振れば今にも折れそうな木棒を、ヒラと向ける。

( <●><●>)「・・・は。何ですかソレは」

( ^ω^)

( <●><●>)「まさかそれで、我々の相手をしようというのですか?」

( ^ω^)「そうだお」

( <●><●>)「・・・・・・」

( <●><●>)「くっふふふ・・・・・」

(♯<●><●>)「 やってしまえ 」

260 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:25:53 ID:3ogfubfA0

(; ゚∀゚ )「うっ、うあああ!!」

(;’e’)「てやあああ!!」

二人の悪漢が同時に、長物を振り回す。

((( ^ω^))「・・・ふっ!」 ビュヒュッ

ブーンは二人の間を、風のようにすり抜ける。

すかさず側面に回り、か細い棒切れで悪漢の手首を打ち、
得物を撃ち落とす。

261 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:27:55 ID:3ogfubfA0

(;’e’)「えっ?」

((( ^ω^)「おっ」 ビシッ

(; e)「あうぇ」 トサッ

(; ゚∀゚ )「ジョおおおおンズ!!くそォッ!」

(; ゚∀゚ )「んだtぅおrじゃねッしょい!!」ブンッ

( ^ω^)「よっ」パシッ

(; ゚∀゚ )「あっ」

( ^ω^)「お母さんを大事に」 ドゴッ

(((i!i! ゚∀゚ ))「おごォッッ」

262 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:31:58 ID:3ogfubfA0

(;<●><●>)「な・・・・・・」

(´<_` ;)(・・・・・・!! す、スゴい・・・!?)

(  ゚∀゚ )「――――――」

( e)「――――――」

小柄の男に、凄まじい早さで当て身を入れ倒す。

大柄の振り回す剣を、なんと軽い棒切れではじいてみせ、
その隙に、敵の腹に強烈な蹴りをくれてやった。

刹那にして悪漢二人を一蹴する。

瞬く間の出来事だったが、命のやり取りにも関わらず
ブーンの顔には汗ひとつあらず。

264 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:36:29 ID:3ogfubfA0

そして、平静の調子でブーンは語りかける。

( ^ω^)「アンタもやるかお?」

(;<●><●>)「・・・・・・」

(;<●><●>)「遠慮しておきます」

( ^ω^)「それと。自分は流石屋の用心棒だお」

( ^ω^)「もし、またこんな真似をするようなら・・・」

( ^ω^)「その時は本当に、手加減しないお。わかったかお?」

(;<●><●>)「う・・・」

頭目らしき男は、無様に倒れる部下を一瞥すると、
それらを置いたまま、そのまま走り去っていった。

265 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:37:53 ID:3ogfubfA0

( ^ω^)「大丈夫でしたかお?」

(´<_` )「ああ、すまない。おかげで命拾いしたよ」

(´<_` )「ブーンさん、だったかな?迷惑かけちまって、すまない」

( ^ω^)「気にしないでくださいお。これくらい、なんて事ないですお!」

オトジャは、倒れる悪漢に目を向ける。

(´<_` )「アンタ、やるじゃないか。まさかこれ程とは・・・」

(´<_` )「これでも俺も一応剣は振れるが」

(´<_` )「俺が今までみてきた戦士の中でも、群を抜いて優秀な戦士だ」

(*^ω^)「褒められると照れますお」

266 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:40:42 ID:3ogfubfA0

( ^ω^)「あ・・・・・・」

( ^ω^)「オトジャさん。ブーンがあなたを追ってきたのは・・・」

(´<_` )「わかってるさ。剣の事だろう」

冷たい夜風が二人の肌をゆっくりと撫でる。
草むらが揺られサワサワと音を立てた。

(´<_` )「俺も理解はしている。いつかは兄を超えねばならない」

(´<_` )「こうして流石屋の当主を継いでいる以上・・・・・・
逃げてばかりもいられないという事をな」

( ^ω^)「・・・・・・」

267 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:42:07 ID:3ogfubfA0

(´<_` )「妬みでなく、アニジャには才能があったよ」

(´<_` )「その壁をいつも遠くに感じてきた・・・」

(´<_` )「わかってる。わかってはいるんだ」

(´<_` ;)「だが・・・俺は恐ろしい。腕もそうだが・・・」

(´<_` ;)「俺の凡才が・・・今まで脈々と継がれてきた流石屋の歴史を
すべて終わらせてしまう事になるのが」

( <_ ;)「抱えている物の重さが、俺の一歩を躊躇わせるんだ」

( ^ω^)「・・・・・・オトジャさん」

268 名前:名も無きAAのようです:2011/10/01(土) 00:46:42 ID:3ogfubfA0

( ^ω^)「さっき、アニジャさんがいってましたお」

( ^ω^)「オトジャさんなら、きっと出来る。当主を継ぐに相応しい実力があると」

(´<_` )「・・・・・・」

( ^ω^)「ブーンはそれを信じますお。オトジャさん」

( ^ω^)「自分は必ず、必ず竜王を倒しますお!」

( ;^ω^)「絶対に!絶対に!!」

( ;^ω^)「その為には、最強の剣が必要ですお」

( ;^ω^)「どうか! ・・・・・・お願いしますお!!」

(´<_` )「・・・・・・」

ブーンは、オトジャに深々と頭を下げた。
風が止み、一瞬の間が訪れる。

そして、オトジャが口を開いた。

293 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:19:20 ID:9E9G.l720

(´<_` )「アンタは、竜王を倒す為に旅をしている」

(´<_` )「平和のために、命すらも賭けて・・・」

(´<_` )「考えてみれば、俺なんかよりずっと業を背負ってるのかもしれないな」

( ^ω^)

(´<_` )「・・・・・・」

(´<_` )「でも、だからこそ・・・だからこそだ」

(´<_` )「きっとアンタは、強いんだろう」

( ^ω^)

294 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:20:23 ID:9E9G.l720

(´<_` )「わかったよ、ブーン」

(´<_` )「アンタのおかげで、やっと決心がついた」

(´<_` )「アンタの・・・いや、自分の為に」

(´<_` )「“炎の剣”を、打とうじゃないか」

(*^ω^)「オトジャさん!!」

(´<_` )「俺は絶対に剣を打ってみせる!」

(´<_` )「その代わり・・・絶対に竜王を倒してくれ」

( ^ω^)「・・・・・・はい」

( ^ω^)「約束――――――しますお!!」

296 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:21:58 ID:9E9G.l720

二人は、固い握手を交わす。

また一つ、ブーンは誓いを胸に刻む。

誓いを重ね固めた心で、戦士は明日に挑み続ける。

298 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:24:52 ID:9E9G.l720

『 武器防具、流石屋 』

(*´_ゝ`)「オトジャ、本当か!?」

(´<_` )「ああ、アニジャ。俺はもう逃げない」

(´<_` )「きっと“炎打ち”を成功させてみせるぞ」

(´<_` )「ブーンが、俺の心を決めてくれたんだ」

( ´_ゝ`)「ブーンさん、礼を言うよ!」

( ^ω^)「おっ」

299 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:26:08 ID:9E9G.l720

( ´_ゝ`)「弟の命を救ってもらったばかりか、オトジャの決心をさせてくれるなんて」

( ´_ゝ`)「必ずオトジャはアンタに剣を送るさ」

( ´_ゝ`)「過去の名剣に負けない、立派な剣をな」

( ^ω^)「期待しますお!」

(‘A`)「ブーン、良かったな」

( ^ω^)「ドクオ」

( ^ω^)「剣を打つには、ドクオの魔術も必要らしいお」

( ^ω^)「迷惑ばかりかけて悪いけど・・・お願いしたいお」

(‘A`)「まあ、そう水くさい事言うな」

(‘A`)「魔導錬成の参加は、俺の魔術師としての研鑽にも繋がるしな」

( ^ω^)「ありがとうだお、ドクオ!」

300 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:29:07 ID:9E9G.l720

(´<_` )「さて・・・事は早い方がいいだろう。ブーンの旅を遅らせる訳にもいかん」

(´<_` )「これからすぐに、剣を打つぜ。数日はかかるだろうが・・・」

(´<_` )「ドクオさんにも悪いが、付き合ってもらう。
必要な時に呼びたいので、しばらくこの流石屋で竃(かま)で寝泊まりしてほしい」

(‘A`)「承知した。ブーン、後でその旨をつーの宿に伝えてきてくれないか」

( ^ω^)「了解だお」

( ^ω^)「あ。オトジャさん。ついで、頼みがあるんですお」

(´<_` )「ん、なんだ?」

( ^ω^)「・・・剣を打つ時の鉄に、これを使って欲しいんですお」

301 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:30:17 ID:9E9G.l720

ブーンは背から鉄の盾を外し、差し出した。
それはあの、戦士の今際の遺筆が刻印された盾だった。

(´<_` )「ふむ。なかなか純度の高い、いい鉄だ」

(´<_` )「これなら積沸(つみわ)かしにも使えるだろう」

(´<_` )「これを使えばいいんだな?」

( ^ω^)「お願いしますお」

302 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:34:25 ID:9E9G.l720

( ´_ゝ`)「よし、そうと決まったら、早速準備だな」

( ^ω^)「みなさん、よろしくお願いしますお!」

(´<_` )「ドクオさん、数日は共に竃に入ってもらう事になるが・・・いいかな?」

(‘A`)「承知した。使ってる宿にも、その旨を伝えて来よう」

そうして、オトジャは剣を打つ為に、ドクオと共に竃に入った。

303 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:35:21 ID:9E9G.l720

( ^ω^)「オトジャさんにお願いできて、本当によかったですお」

( ´_ゝ`)「うむ。これでアイツも正式な当主になれるだろう」

( ´_ゝ`)「だが、不安を煽る訳ではないが、まだ剣が出来た訳じゃない。
浮かれる訳にはいかんな」

( ^ω^)「そうですおね・・・」

( ^ω^)「それにしても、剣を打つのに失敗したら腕なんて、すごい話だお」

( ^ω^)「まさに命がけだお・・・」

( ´_ゝ`)「ふぅむ・・・」

304 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:37:18 ID:9E9G.l720

( ´_ゝ`)「あいつが竃に入った今だから、アンタにだけ言うが」

( ^ω^)「おっ?」

( ´_ゝ`)「昔、ヤクザがウチの武具を大量に仕入れたいと言ってきてな」

( ´_ゝ`)「それも占有でだ。いろいろなところに卸していたし、
何より良からぬ輩に預けては武具が泣くからな」

( ´_ゝ`)「もちろん断ったんだが、それが運のツキさ」

( ´_ゝ`)「親父が病で死んでから、急に当主が必要になったからな」

( ´_ゝ`)「俺が炎打ちに挑んでいる時期を見計らって、嫌がらせで邪魔しに来やがったんだ」

( ´_ゝ`)「カッときて、俺は剣をとった。そこで闘った際に、運悪く腕を落としちまった。
俺の腕でその時は溜飲を下げたみたいだが、まったく面倒な連中だ」

305 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:40:00 ID:9E9G.l720

( ´_ゝ`)「だが、俺も軽卒な行動をとっちまった」

( ´_ゝ`)「炎打ちに失敗したのは、やはり俺の心の弱さだったんだ」

( ´_ゝ`)「弁解はできない。したくなかった。オトジャにもこの話はしていない。
いや、いっとくべきだったのかもしれないが」

( ^ω^)「そうだったのかお・・・」

( ´_ゝ`)「そもそも、炎打ちで失敗しても、実際に腕はとらないからな」

( ´_ゝ`)「そう言い伝える事で、そんぐらいの覚悟でやれよって事だから」

( ´_ゝ`)「俺はもう当主権を失ったから、伝書巻で読んで知ってるけど」

( ^ω^)「へえ」

306 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:43:58 ID:9E9G.l720

( ´_ゝ`)「そういやアンタ、確かドムドーラで、
ロトの鎧を守ってた魔物と闘ったっていってたっけ」

( ^ω^)「ええ。あの時は苦戦しましたお」

( ´_ゝ`)「竜王が、なぜあの町で魔物に鎧を守らせていたか、解るかい?」

( ^ω^)「おお・・・?」

( ´_ゝ`)「勇者に鎧を取らせたくないだけなら、見張りをつけるなんて事はせずに
そのまま壊すか回収すりゃあ良かったんだ」

( ´_ゝ`)「それをせずに、わざわざ番人をつけたって事さ」

( ^ω^)「あ!そういえば・・・そうだお」

307 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:50:54 ID:9E9G.l720

( ´_ゝ`)「実は流石屋、ゆきのふ という前代が、あの町に鎧を封印したんだよ」

( ´_ゝ`)「まだ流石屋がドムドーラに店を構えてた時代にな」

( ´_ゝ`)「竜王に奪われないように、聖なる者しかそれを得る事ができないように」

( ^ω^)「おお、なるほど」

( ´_ゝ`)「ま、それがたたって、町ごと滅ぼされちまったけどな。
その後、血を継ぐものがメルキドに移住したのさ」

( ´_ゝ`)「ゆきのふは、一時期は冒険者としても有名だったらしいぜ」

( ´_ゝ`)「あらまきという冒険者と共に組んで、世界を見て回ったとか。
これ豆知識な」

( ^ω^)「ほおー」

( ´_ゝ`)「・・・・・お」

( ´_ゝ`)「竃から、鉄を打つ音が聞こえるな・・・」

308 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:52:41 ID:9E9G.l720

(´<_`;;)(・・・・・・) カン カン

(´<_`;;)(“一打一打に、一挙手一投足に魂を込めん”・・・・・・) カン カン

(´<_`;;)(“鉄打ちて、鉄と己を鍛錬するべし”・・・・・・) カン カン

(´<_`;;)(“傍らに精良なる魔力操りし者おきて、鉄に霊力を練り穿つ”・・・・・・) カン カン

(´<_`;;)(“この際に心の乱れありては、剣の心鉄にも乱れあり”・・・・・・) カン カン

::(‘A`)::「・・・・・・」 フォォ..

309 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:55:13 ID:9E9G.l720

(´<_`;;)(“決して急かず決して鈍ならず、無我の境地にて叩くが善し”・・・・・・) カン カン

(´<_`;;)(“剣の型に整え、魔力帯せ直ぐに研ぐべし”・・・・・・) ギリ ギリ

(´<_`;;)(“荒研ぎが終われば”・・・・・・)

(´<_`;;)(“・・・仕上げ装飾の宝石に、熱気の魔力を加える事で画竜点睛とす・・・!”・・・・・・)

::(‘A`)::「・・・・・・」

310 名前:名も無きAAのようです:2011/10/04(火) 23:58:01 ID:9E9G.l720

(´<_`;;) ハァ、ハァ

(´<_`;;)「で、できた・・・」

(´<_`;;)「なんとか、出来たぞ・・・!」

(‘A`)「よくぞやられた、オトジャ殿」

(´<_`;;)「ドクオさん。アンタも、よくやってくれた。ありがとう」

(‘A`)「そして、これは・・・」

(‘A`)「なんと見事な・・・!」

311 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:00:55 ID:lSD4dt2Y0

(´<_` )「ブーン!出来たぞ!」

( ;^ω^)「! オトジャさん!」

(´<_` )「見てくれ。これが俺の打った・・・炎の剣だ!」

( ;゜ω゜)「おお・・・ッッ!これは・・・!」

それはまるで、宝石のようだった。

刀身は赤く光り、透けて見える。
柄にもキラキラと輝く水晶が取り付けられ、
全体に繊細な意匠が施されている。

武器というよりも、一つの芸術品ほどの美しさに、ブーンの目は奪われた。

312 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:02:04 ID:lSD4dt2Y0

(´<_` )「握ってみてくれ。アンタの剣だ」

( ^ω^)「お・・・」

ブーンは、剣をしかと握る。

そして、天に掲げた。

( ^ω^)† 「・・・・・・」

実に手に良く馴染んだ。

柄の相性も、剣の重みも、全てにしっくりくる。
まるで、生来これと共に生きてきたような、そんな感覚さえあった。

313 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:04:38 ID:lSD4dt2Y0

(´<_` )「炎の剣は、魔力を秘めた魔法具だ。それは振れば、熱を放つ。
素早く振れば振る程、剣は高熱を帯びる」

(´<_` )「熟練の者が扱えば、炎を操る事すら可能だという。
ブーン、振ってみるんだ」

( ^ω^)† 「・・・・・・」

( ^ω )//,.; シャヒョアッ!!

赤透明の刀身が、さらに光を増して虚空を斬る。
陽炎が、剣の周りの空気を歪ませた。

(‘A`;)「おお・・・!」

(´<_` )「出来た・・・!!」

( ^ω^)†

314 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:08:11 ID:lSD4dt2Y0

(*´_ゝ`)「おお・・・これは・・・!!」

(*´_ゝ`)「炎の剣の完成だ!!オトジャ、よくやった!」

(´<_` )「アニジャ・・・」

( ´_ゝ`)「これで、晴れて堂々と9代目を名乗れる。誇っていいんだ」

(´<_` )「今まで心配かけさせて、悪かったな。そして、ありがとう」

(  ω )「オトジャさん」

(*^ω^)「・・・素晴らしいですお!」

( ^ω^)「ありがとうございますお・・・! きっと・・・」

( ^ω^)「きっとこの剣で、竜王を討ちますお!」

(´<_` )「ああ、期待しているぞ」

315 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:09:53 ID:lSD4dt2Y0

( ^ω^)「そしてドクオの協力が無かったら、この剣は誕生しなかったお」

( ^ω^)「改めて、礼を言うお」

(‘A`)「俺はほんの少し手伝いをしただけさ。
オトジャ殿の執念が、この剣を作り上げたんだ」

( ´_ゝ`)「いや、ブーンさんにもドクオさんにも感謝する。
礼として、ウチでの費用は全部無料にさせてくれ」

( ;゜ω゜)「ええっ!いや、高価な品物を・・・」

( ´_ゝ`)「いいんだよ。特に、ブーンさんにはオトジャの命を
救って貰ってるしな。気にする事はない」

( ^ω^)「おお・・・」

(‘A`)「それは、御厚意甘えさせて頂きます」

316 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:12:52 ID:lSD4dt2Y0

(´<_` )「そうだ、ブーン」

(´<_` )「代々、炎の剣には、銘がつく」

(´<_` )「お前に、この剣の銘をつけて欲しい」

( ^ω^)「お?ブーンがかお?」

(´<_` )「ああ」

(´<_` )「銘は流石屋の歴史として、後世に伝えていく大切なものだ・・・
それを、お前に名付けて欲しいんだ」

( ^ω^)「わかったお!じゃあ、ブーン剣だお!」

(´<_` )「緊張するかもしれな・・・え?」

317 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:16:31 ID:lSD4dt2Y0

(´<_` )「ブ、ブーン剣?」

( ^ω^)「ブーン剣だお!」

(´<_` ;)「い、いや・・・もっとあの、考えてつけてくれてもいいんだぞ?
ちなみに先代はアメノムラクモで、先々代はタケミカヅチ・・・」

( ^ω^)「いや、ブーン剣でいいお!」

(*^ω^)「ブーンの名前が使われるなんて光栄だお!かっこいいお!」

(´<_` ;)「そ、そうか・・・」

(´<_` ;)

(;<_; )

( ´_ゝ`)(オトジャ・・・残念!)

(‘A`)(可哀相に・・・)

318 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:17:37 ID:lSD4dt2Y0

( ^ω^) †

321 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:50:46 ID:lSD4dt2Y0

夜。 宿屋、つーの家――――――の近く

( ^ω^)    (‘A`)

( ^ω^)「メルキドにきて、やはり正解だったお。
最高の装備が手に入ったお」

( ^ω^)「それに、ドクオにも会えたし」

(‘A`)「ああ、そうだな」

冷たい木枯らしの中、男二人が、ふらりと歩く。

322 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:54:15 ID:lSD4dt2Y0

( ^ω^)「ドクオの研究は、まだ終わらないのかお・・・?」

(‘A`)「ああ・・・」

(‘A`)「だが、後少しだ」

(‘A`)「俺の研究の課題は三つ・・・」

(‘A`)「二つは既に完成しているんだ」

(‘A`)「残るは一つ・・・あと、少しなんだ」

( ^ω^)「おお・・・」

(‘A`)「そうだ、もう少しで」

323 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 00:56:42 ID:lSD4dt2Y0

(‘A`)「すべてを・・・清算しにいける」

( ^ω^)

((((((((((川 - ))))))))))))))

(‘A`)(・・・・・・)

324 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 01:00:49 ID:lSD4dt2Y0

( ^ω^)「ブーンは明日、メルキドを発つお」

(‘A`)「そうか」

(‘A`)「竜王のもとへ辿り着く方法を見つけたんだったな」

( ^ω^)「だお」

(‘A`)

( ^ω^)

325 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 01:06:03 ID:lSD4dt2Y0

ブーンもドクオも、感じていた。

近い未来の、自分の旅の終わりを。

彼らの冒険が、何処に終着するのか。

彼らが旅路の果てに見いだすものは、一体なんなのか。

それはまだ解らない。

全ては、この見上げれば空に広がる暗雲に包まれているのだ。

( ^ω^)       (‘A`)

326 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 01:08:48 ID:lSD4dt2Y0

( ^ω^)「ドクオ」

(‘A`)

( ^ω^)

(‘A`)「ブーン」

( ^ω^)「死ぬなお」

(‘A`)「お前もな」

( ^ω^)

(‘A`)

( ^ω^)「おっおっお・・・!」

(‘A`)「フフ・・・」

327 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 01:20:14 ID:lSD4dt2Y0

( ^ω^)「酒でも買ってくるかお!」

(‘A`)「ああ、俺達の――――――」

( ^ω^)「――――――冒険の、成功に向けて!乾杯するお!」

(‘A`)「ブーン」

( ^ω^)「そうだお、きっと何処かで、また会えるお!」

(‘A`)「必ずな」

( ^ω^)「おっおっ!」

329 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 01:27:40 ID:lSD4dt2Y0

運命のように繋がれた戦士達は、ここに再び誓いを立てる。

闇に、うちひしがれぬ様に。

二人の抱える業・・・ それを成就するには並大抵の事ではない。

互いに、それを理解していた・・・しかし。

例え目の前に、巨大な艱難(かんなん)が立ちふさがっていても。

己が内に宿る、希望の炎を消さぬように。

ただ笑って、強がって――――――互いの未来への曙光(しょこう)を、確かめ合うのだ。

( ^ω^)   (‘A`)

to be continued…!!

331 名前:名も無きAAのようです:2011/10/05(水) 01:32:02 ID:lSD4dt2Y0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV23

ほのおのつるぎ
まほうのよろい
みかがみのたて

(‘A`)ドクオの今のステータス

LV24

こんぼう
くろのろーぶ
しのくびかざり

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。