第30話


565 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:05:40 ID:5YlGSxwM0

第30話

566 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:07:44 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)「・・・・・・」

「・・・・・・」(・∀・ )

(♯^ω^)「・・・・・・ハァッッ!!」 シュザッ!!

(♯・∀・)「おおおッッ・・・!!」 ギィンッ!!

両者の持つ木刀が、激しい音を立てて、合を刻む。

567 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:09:02 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)「モララー・・・お前に・・・負ける訳には行かないお・・・!」

( ・∀・)「フッ・・・一度俺に土をつけられている事を忘れたか」

( ^ω^)「あの時は本気じゃなかったおッ!!」 ギュリッ!

( ・∀・)「いや、俺も本気じゃ無かったけどね・・・!」 カギッ!

その様子を、離れて見ている老人。

瓜゚∀゚)「ふむ・・・」

それは前日、づーの家にて_――――――。

568 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:11:06 ID:5YlGSxwM0

( ;^ω^)『お、おまえは・・・!』

( ;^ω^)『モララー・・・・・・!!』

( ・∀・)『やあ。しばらく』

( ;^ω^)『なんで、お前が、ここに・・・』

570 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:14:10 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)『いやね、君の持っている、その“虹のしずく”・・・』

( ・∀・)『この俺に、預けてもらおうと思ってね』

( ;゜ω゜)『な、なんだとお?!』

( ・∀・)『そのアイテムは、竜王の島へ渡る為の必須アイテム・・・』

( ・∀・)+ 『それならば、実力のある人間に渡した方が為だと思うけどね』キラン

( ;^ω^)『な・・・・・・』

571 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:15:43 ID:5YlGSxwM0

瓜゚∀゚)『モララーは、つい先日から、ワシのところにきておった』

瓜゚∀゚)『あの竜王の島へ渡る方法は無いかとね。
君と同じ様に訪ねてきたんじゃよ』 ズズ…

( ;^ω^)『お・・・・・・』

づーは、茶をすすりながら横から説明を加えた。

572 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:16:31 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)『お前も・・・あの島に渡る気なのかお?』

( ・∀・)『・・・・・・』

( ^ω^)『それがどういう事なのか、解ってるのかお?』

( ^ω^)『あそこに行くってことは、つまり竜王と対峙するって事だお』

( ^ω^)『お前は確か、そんな“馬鹿な真似”はしない筈じゃ無かったのかお・・・?』

( ・∀・)『・・・気の変わる事もあるさ』

( ^ω^)『・・・・・・』

573 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:18:55 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)『でも・・・竜王討伐には、人は少しでも多いに越した事は無いお』

( ^ω^)『それなら、一緒にあの島へ・・・』

( ・∀・)『いや・・・』

瓜゚∀゚)『それは無理じゃ』

( ;^ω^)『えっ?』

瓜゚∀゚)『虹のしずくで作られる虹の橋は、それを使用し橋を架けたものしか許容せぬ』

瓜゚∀゚)『それを複数の人間で渡る事は不可能なのじゃ』

瓜゚∀゚)『もしそれが可能なら、いかに勇者モナーとて、
最終戦を単身で乗り込みはしなかったろう』

( ^ω^)『お・・・』

574 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:20:40 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)『そう。だから、向かう人間は厳選しなければならない』

( ・∀・)+ 『俺と君とじゃ、俺の方が強い。だから俺にそいつを渡して、
後はこの容姿端麗、天下無敵のモララー様に任せる事だ』 キラリ

(( ;゜ω゜)) 『ぐおおお!相変わらず勝手でキザで嫌みな奴だお!』 ワナワナ

( ;゜ω゜)『ブーンがこれまでどれだけ苦労して、アレを手に入れたか解ってるのかお!?』

( ・∀・)『関係ないね。優れた者の方が、道を切り開くものさ』

575 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:22:50 ID:5YlGSxwM0

( ;^ω^)『づーさん!づーさんも何か言ってやって下さいお!』

瓜゚∀゚)『ふむ・・・』

瓜゚∀゚)『魔島にゆけるのは只一人・・・。
ならば、少しでも実力のある者が行くというのは、確かに道理じゃ』

( ;゜ω゜)『そんな・・・づーさんまで!』

( ・∀・)『フフフ』

瓜゚∀゚)『じゃが、そう決めたものでもないわい』

瓜゚∀゚)『単純にどちらの力の方が勝っているかは、解らんのう』

( ・∀・)『む・・・』

( ^ω^)『・・・・・・』

576 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:24:45 ID:5YlGSxwM0

瓜゚∀゚)『ううむ』

瓜゚∀゚)『・・・あいやわかった。こうしよう』

瓜゚∀゚)『二人とも・・・凌ぎを削り合い、己の全力をもってして立ち会うのじゃ!』

( ^ω^) 『 !! 』 (・∀・ )

瓜゚∀゚)『立ち会い人は、わしが務めよう』

瓜゚∀゚)『その勝負に勝利した者が、魔島へいく権利を得る。・・・それでどうじゃ?』

577 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:29:14 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)『ほう・・・なるほどね』

( ^ω^)『・・・・・・』

( ・∀・)『おもしろいじゃないか。そうでもしなければ、おさまりもつくまい』

( ・∀・)『ここは一つ、ご隠居の意見をきくのでどうかな?』

( ^ω^)『・・・お』

ブーンは、今一度モララーを見る。

軽口は依然そのままだが、放つ空気が違う。

578 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:33:36 ID:5YlGSxwM0

以前は、戦士としては華奢な方だった。
それが今では、一回り程大きい気もする。

以前のモララーにはない、体中の肌についた細かい傷は、
恐らく魔物との戦闘でついたものだ。

それも、凄まじい数の戦闘をこなさなければ、これ程にはならぬ。

何よりも、隙の無さが今までとは、違った。

昼夜気を削り、常に臨戦の時の中。
あくなき冒険の不断によって鍛え上げられた、そういう強さだ。

数多の試練を超え、同じように冒険の中で磨かれてきたブーンだからこそ、
モララーの成長もまた感じ取れるのだった。

( ^ω^)(・・・・・・)

579 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:35:30 ID:5YlGSxwM0

モララーが何故、ここまで己を磨き上げたのか。
何が彼の人生観を変え、巨悪に挑ませようとしているのか。

( ・∀・)

その理由が、何となくブーンには解る気がした。

だが、それでも。

( ^ω^)

自分とて、ここで降りる訳にはいかない。

必ずや竜王を討つという人々との誓いが、ここまで自分を奮い立たせてきたのだ。

譲る理由など、何処にも無い。
両雄ここに並び立たず。 ならば。

580 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:37:33 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)『・・・・・・望むところだお。いつかお前とは、
決着をつけたいと思っていたところだお!』

( ^ω^)『その勝負、受けてたつお!』

( ・∀・)『よくいったね。その勇気だけは買うよ』

瓜゚∀゚)『うむ、異論は無いようじゃな』

瓜゚∀゚)『では、立ち会いは明日(みょうにち)としよう。
今晩は、ワシの家でゆっくりと休み、備えるが良い』

( ・∀・)『クク。やあ、明日が楽しみだね』

( ^ω^)『ブーンの真の実力を見せてやるお』

( ・∀・)+ 『完膚なきまでに、叩きのめしてあげよう、美麗にね』 キラキラ

( ^ω^)『そいつぁ、こっちの台詞だお!』

581 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:38:27 ID:5YlGSxwM0

582 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:39:54 ID:5YlGSxwM0

((♯・∀・)「ハァッ・・・!!」 ビヒュッ!

(♯^ω^))「フンっ・・・・・・!!」 バシッ!

三( ・∀・))「・・・しっ・・・!」 ヒュヒュンッ!

(( ;゜ω゜)「おっ・・・おおッッ!?」 ビシッ!

( ・∀・)《・・・・・・ギラッ!!》ボウッ!!

( ;゜ω゜)))「うわおっ・・・!」サッ!

モララーの手から、閃光の炎熱が走る。

583 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:41:19 ID:5YlGSxwM0

( ;^ω^)「そ、それ反則だお!魔法は無しじゃないのかお!」

( ;^ω^)「真剣封印で立ち会いしてるのに・・・」

( ・∀・)「フフフ。自分の持てる武器は、最大限活用するのが戦士たるものさ」

( ・∀・)《竜王が火を噴かない保証なんて無いぜ》 シュバー

(♯;゜ω゜)))「くおおおああ」

瓜゚∀゚)「うむ」

瓜゚∀゚)「しかしあの二人、やはり相当の手練だったようだな・・・」

瓜゚∀゚)「何が起こっとるのか。ワシには全然見えんわ」

584 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:47:52 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)「それに・・・木剣だからといって油断していると、命を落としかねないぞ」

( ・∀・)「はっきり言って、この闘いのレベルは非常に高い」

( ・∀・)「それなりに拮抗しているのも癪だがね。だが・・・」

(( ・∀・)「俺が、勝つ。絶対に」バウッ!

(♯^ω^))「くおおお・・・ッッ!」

((♯^ω^)「おおおおッッ・・・!!」 ザヒュッ!

( ;・∀・))「ち・・・」サッ!

(♯・∀・)《・・・ギラ・・・!

(♯^ω^)「させないお!」

585 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:48:44 ID:5YlGSxwM0

ブーンは、すかさず間合いを詰め、モララーの懐に飛び込む。

魔力が収束しつつある相手の腕を、押さえつけ、体当たりを喰らわせた。
二人とも、束なったまま身ごと転がる。

((メ;-∀・)));. 「グハ・・・・・・っ!?」 ダァン!!

,;(メ ^ω^)「フッ・・・!」 ピタ・・

瓜゚∀゚)「 それまで!! 」

(メ;・∀・)「う・・・・・・」

(メ ^ω^)

586 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:49:40 ID:5YlGSxwM0

瓜゚∀゚)「ふむ。どうやら、勝負あったようじゃな」

二人は、地に伏す。

しかし、ブーンがモララーの上に乗り、剣を突きつけていた。
木刀が、モララーの首筋に添え当てられる。

(メ;・∀・)「グ・・・」

(メ ^ω^)「これで、ブーンの勝ちだお」

ブーンは、起き上がり、体の土を払う。

587 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:50:40 ID:5YlGSxwM0

(*^ω^)「やっぱり、ブーンの方が強かったお!やったお!」

(メ; ∀ )「・・・・・・レ・・・くそ・・・」

モララーはしばらくその場で倒れていたが、
やがて起き、同じく土を払う。

(  ∀ )「・・・ふー・・・・・・」

(  ∀ )

588 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:51:55 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)「・・・仕方ない。負けは負けだ」

( ・∀・)「悔しいが、認めよう・・・」

( ^ω^)「おっおっ」

( ^ω^)「あのモララーが素直に負けを認めたお。こりゃ明日は晴れるお」

( ・∀・)「やかましい。俺は潔くないのは、美徳としないんでね」

( ・∀・)

( ・∀・)「しかしな・・・この俺程度にここまで手こずるようで、竜王に勝てると思うかい?」

( ・∀・)「おそらく奴は、俺なんかの比じゃないくらい強い筈だ」

( ^ω^)「む・・・」

589 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:53:47 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)「君は瞬発力や腕力はあるが、剣の技量に限っては、まだ俺の方が上と見た」

( ・∀・)「まだまだ、研鑽の余地がある」

( ^ω^)「・・・・・・」

( ・∀・)「少なくとも、今の俺と同じレベルにまで、剣を磨いてから挑むんだ」

( ・∀・)「君は世界の存亡を賭けた、いわば人類代表」

( ・∀・)「少しの妥協も許してはいけない。・・・そうだろう?」

( ^ω^)「お・・・」

590 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:57:05 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)「 “次に月が満ちるまで”――――――だ」

( ・∀・)「それだけ、この地で修行をするんだ」

( ・∀・)「この地方の魔物は、幸いかどうか、比類してもかなり強い」

( ・∀・)「鍛錬の場としては、いいだろう」

( ^ω^)「・・・・・・」

( ・∀・)「焦って気が逸り、心身ともに万全でないまま敵に挑むのが、一番怖い事だ」

( ・∀・)「俺の代わりに行く訳だ。これくらいの事は聞いてもらうからな」

( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「わかったお」

( ・∀・)「よし」

591 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 21:58:08 ID:5YlGSxwM0

モララーは、自分の荷物などを背負い始める。

( ^ω^)「どこへ行くお?」

( ・∀・)「こっちの勝手さ。負けた相手におめおめ姿を晒し続けられる程、
矮小なプライドを持ち合わせてる訳じゃないんでね」

( ・∀・)「それに、いつまでもこんな陰気なところに居たら、どうにかなってしまう」

瓜゚∀゚)「陰気とはまた言葉じゃな」

592 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 22:02:02 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)「・・・剣の修行に付き合ってくれてもいいんじゃないかお?
あんだけ言っといて、自分はじゃあオサラバかお」

( ・∀・)「フン・・・ここまできて対人の剣の理合などいくら学んでも意味が無い」

( ・∀・)「対魔物で鍛える方がまだ効率的さ」

( ^ω^)「・・・まあね」

モララーは、まるで急くように、手早く身支度をする。
それが終わると、溜め息をついた。

そして、ブーンに目もくれないまま、
言葉だけを投げかけた。

593 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 22:03:05 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)「俺は、もう出る。アディオス」

( ^ω^)「モララー・・・デレさんの無念も、ブーンが果たしてくるお。必ず」

( ・∀・)「・・・・・・フ。そう気負うな。余計な事は考えるなよ」

( ・∀・)「とにかく、お前に全てが、かかってるんだ」

( ・∀・)「返り討ちになんて無様な事にはならないようにしてくれよ」

( ^ω^)「わかってるお」

594 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 22:04:37 ID:5YlGSxwM0

( ・∀・)「それじゃあな」

( ・∀・)「いいな・・・“満月の日まで”・・・だ。 必ずだぞ・・・守れよ」

モララーは、足早にづーの家を発っていく。

( ^ω^)「最後まで、あっさりマイペースな野郎だったお」

瓜゚∀゚)「いや・・・最後ではなかろう」

瓜゚∀゚)「またいずれ、会う事もあろう。そうじゃろうて?」

595 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 22:09:22 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)「・・・そうですおね」

自分は“意志を継ぐ者”だ。

モララーだけではない、全ての人々の。

怒り。悲しみ。期待。矜持。

何もかもを、受け継いで。

今、己だけが、挑む事を許された。

597 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 22:15:32 ID:5YlGSxwM0

今生の別れには、決してしない。必ずや竜王を討ち、生還してみせる。

風が、吹いた。

吹き荒ぶ風の冷たさとは対照的に、

ブーンの瞳には、燃える様な信念が宿る。

( ^ω^)「また、いつか――――――」

ブーンは、去りゆくモララーの後ろ姿が見えなくなるまで、見つめていた。

to be continued…!!

600 名前:名も無きAAのようです:2011/11/14(月) 22:20:28 ID:5YlGSxwM0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV23

ほのおのつるぎ
まほうのよろい
みかがみのたて

今回登場した敵

( ・∀・)モララー:剣と魔法を扱う、万能型の孤独な戦士。その技量は極めて高く、
歴戦のブーンも苦戦を強いられた。今のモララーに比肩し得る
戦士は、そうはいないだろう。ブーンとの誇りを賭けた勝負を
分けたのは、超えてきた冒険の時間の差だけであった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。