第33話


818 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:02:48 ID:Dz2PjSzo0

第33話

819 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:04:38 ID:Dz2PjSzo0

身を切る様な烈風と、黒波打ち付ける切り立った断崖に、一人の男が立つ。

波音は、まるで男を歓迎しないかのように強く、強く。

重厚な鎧に、手には盾、背には荷物と剣。戦士なのだ。

肩からの衣が強く吹き付ける風に靡(なび)き、バタバタと翻弄される。

戦士の眼差しの先には――――――荒れ狂う海の先に見える、黒城。

( ^ω^)

821 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:07:45 ID:Dz2PjSzo0

ブーンは、魔の島から陸地で最も近い場所。
あの勇者モナーが、虹のしずくを使ったとされる同じ地点にいる。

“聖なる橋”を渡すために。

( ^ω^)

( ^ω^)「ついにここまで来たかお・・・」

( ^ω^)

( -ω-)

眼を閉じると、脳裏にこれまで触れ会ってきた全ての人々の顔が過(よぎ)る。

笑顔も。 無念の涙も。

期待のまなざしも。 悲しみの嗚咽も。

822 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:08:57 ID:Dz2PjSzo0

( -ω-)

( ^ω^)

さぁ、いこう。

希望を取り返す為に。平和を温もりを思い出す為に。

この世界に、晴れ渡る美しき “青空” を取り戻す為に。

ブーンは、握りしめるそれを、天に掲げた。

微かに煌めく、七色の石。

それが、輝きを増しながら・・・・・・ブーンの手から放たれ、飛翔した。

823 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:10:16 ID:Dz2PjSzo0

( ^ω^)「おおっ・・・!」

光は線の束となり、形を紡いでゆく。

やがて、一つの大きな輝きの“橋”となる。

背中の剣を、スラリと抜いた。

剣もまた、真紅の光を放ちながら。

( ^ω^)「・・・・・・」

( ^ω^)「――――――いくお」

824 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:11:18 ID:Dz2PjSzo0

一歩踏み出す。

薄氷の如き光を踏みしめる。

その感触は、しかし確かに。

( ^ω^)

ブーンは歩く。 歩み続ける。

もはや引き返す事は出来ない――――――最後の冒険へ。

825 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:12:13 ID:Dz2PjSzo0

826 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:13:33 ID:Dz2PjSzo0

――――――メルキド。

(‘A`)「・・・・・・」

(*゚∀゚)「お師匠。支度はととのいました」

(‘A`)「ああ」

827 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:14:43 ID:Dz2PjSzo0

ドクオは、黒衣のローブを羽織る。

フードを後頭に降ろし、空を見つめた。

(‘A`)「今日は・・・満月だな」

(*゚∀゚)「?」

(‘A`)「今まで随分、世話になった」

(‘A`)「ありがとう」

ドクオは軽く頭を下げた。

828 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:15:55 ID:Dz2PjSzo0

(*゚∀゚)「こちらこそです!!」

(#゚;;-゚)「ドクオさん・・・本当に今までありがとう御座いました」

(#゚;;-゚)「・・・ここに戻って来られる事・・・つーも私も、心待ちにしております」

(*゚∀゚)「そうだよ! 帰ってきたら、またお世話させていただきますよ!」

(‘A`)「ああ、そうだな・・・・・・頼む」

(*゚∀゚)「お師匠」

つーは、ドクオの手を握る。そして・・・

(*゚∀゚)《ホイミィ》ホワァ

癒しの魔法の光が、ドクオの手に暖かみを与えた。

829 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:17:06 ID:Dz2PjSzo0

(*゚∀゚)「僕にできる、唯一の祝福です」

(*゚∀゚)「お気をつけて。いってらっしゃい・・・」

(‘A`)「つー」

(‘A`)「俺は、良い弟子を持った」

ドクオは、ふと微笑した。

(*゚∀゚)「・・・お師匠が笑うの、久しぶりにみました」

(‘A`)「フ・・・」

830 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:19:03 ID:Dz2PjSzo0

(*゚∀゚)「・・・・・・ドクオ師匠・・・」

つーは、ドクオの袖をぎゅうと掴み、言う。

(*゚∀゚)「がんばってください・・・!」

(*゚∀゚)「ぜったい、ぜったい~~~~~~ぜったい、もどってきて!」

(‘A`)「――――――ああ」

ドクオは袖を掴んで離さないつーの手を優しく解いた後、黒衣を翻し、去ってゆく。
数歩行くと後ろから、少女の泣き声が聞こえた。

振り向かず、真っすぐ確かな足取りで、城門の方へと向かう。

831 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:20:58 ID:Dz2PjSzo0

ドクオは、メルキドの街の外に出る。
人のいない場所で雑念を払い、精神を集中する為に。

(‘A`)「・・・・・・ふぅ」

ドクオは、これまで3つの課題を研究してきた。
その研究の内の、一つ。

自分の使役する高等な魔法として、“ルーラ”という呪文がある。

これは、遠い土地に残してきた自分の魔力と、
今の自分の魔力を磁石のように接続する事で、
その距離間を飛ばし、飛行移動するという物だ。

つまり、行った事がある場所ならば、どこへでも移動できるという訳だ。

833 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:22:26 ID:Dz2PjSzo0

そこで、ドクオは考える。
触れ合った事のある所と魔力を繋ぐだけならば、何も“場所”でなくとも良い筈だ。

(-A )

それが例え、物でも。

動物でも。

人でも。

(-A )

魔でも。

834 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:23:47 ID:Dz2PjSzo0

((((((((((((((((((((    )))))))))))))))))))))

想像しろ。

クン・・

記憶を辿れ。

(((((((((((((((   - ))))))))))))))))

ドクン・・・

835 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:24:40 ID:Dz2PjSzo0

自分の心の奥深くに焼きついた、あの感触を思い出せ。

あの情景を掴み取れ。

(‘A )「ぉぉ・・・」

(((((((((((川  - )))))))))))

あの感覚を魂から掘り起こすのだ。

ドクン ドクン

836 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:25:36 ID:Dz2PjSzo0

(‘A )「ぉぉおおお・・・ッッ!」

ドクンッ  ドクン・・・!

((((((川  -゚))))))

川 ゚ -゚)

ド ク ン !!

837 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:27:26 ID:Dz2PjSzo0

ドクオの体は、光を纏い上昇した。

そして、ある方角に向かって――――――加速。

((‘A`)) (――――――よしッ・・・!!)

ドクオは彼方に飛ぶ。
風をすり抜けてゆく音が、ビュウビュウと聞こえる。

そのまま速度を増し、突き進んでゆく。

風を泳ぎ、森を過ぎ、海を越え――――――そして。

838 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:28:34 ID:Dz2PjSzo0

((‘A`)) (・・・・・・見えた・・・!!)

目の前に――――――大きな島と、城。

もの凄い速度で接近してゆく。

しかし、魔力を帯びたドクオの眼には、
ドーム型の大きな魔力結界が張られているのが見える。

839 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:29:36 ID:Dz2PjSzo0

((‘A`)) (・・・・・・ッッ)

((‘A`)) 《 ギラッ・・・!! 》

手から、閃光の帯を発する。
それが、結界に衝突した。

結界に、ビシリと皹(ひび)が入る。
しかし、壊れはしない。

もう、結界の壁にぶつかる――――――

840 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:30:26 ID:Dz2PjSzo0

((‘A`#)) 「くおおお・・・ッッ」

((‘A`#)) 《  ――――――ベギラマッ!!  》

ドクオは、輝く炎を放ちながら、結界に突っ込んだ。

凄まじい大きさの、陶器が割れる様な音と共に
ドクオは失速し――――――落下。

((( A #))) 「ぐはッッ・・・!!」ドガァッッ!!

地面に落ち、衝撃。跳ねる。

841 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:31:19 ID:Dz2PjSzo0

( A #)「が・・・べ・・・」

( A #)《 ベホイミ・・・ 》ホゥ…

すぐに、自身に回復呪文を施した。
落下のダーメジを癒す。

(‘A )「・・・く・・・はぁ」

(‘A`)

842 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:32:23 ID:Dz2PjSzo0

(‘A`)「ここが・・・“奴”のいる・・・・・・」

(‘A`)「本拠地――――――か!・・・・・・」

ドクオは、見上げる。

禍々しい狂気を放つ、黒の城塞を。

843 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:33:09 ID:Dz2PjSzo0

844 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:34:54 ID:Dz2PjSzo0

( ^ω^)

ブーンは、ひたすら進んでゆく。

もう、橋の中腹程まで来ただろうか。

しかしまだだ。

( ^ω^)「はっ、はぁッ」

はやく、この橋を過ぎてしまわねば。

845 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:35:45 ID:Dz2PjSzo0

瓜゚∀゚)『橋をかける事は可能じゃが、本来もつ魔除けの効果は薄いかもしれん』

瓜゚∀゚)『橋を渡る最中に、空の魔物に襲われるという事も、十分に考えられる』

瓜゚∀゚)『そしてそれは、一つの難関になるであろうな・・・』

瓜゚∀゚)『それは覚悟しておくのじゃ』

( ^ω^)

大勢の魔物に、襲われかねない。

この逃げ場のない橋の上での多勢は、圧倒的に不利。
敵に気付かれる前に、なるべく早くこの橋を――――――

846 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:37:52 ID:Dz2PjSzo0

( ;^ω^)「ふぅ、ふぅ」

( ;^ω^)「ふ――――――・・・・・・ッ」

i!:( ;゜ω゜):i! ゾワッ

それは、前方に見えた。

空にひしめく、魔物の軍勢。

およそ何百――――――いや、千に近しい程の魔獣共が、
一団の黒い塊・・・雲のようになり、こちらに飛来してくる。

( ;゜ω゜)「ぐっ・・・!!」

戦慄と共に、冷や汗がドッと出る。
頬を伝い、落ちていく。

848 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:39:23 ID:Dz2PjSzo0

やはり、橋上の戦闘は避けられないのか。

しかし、数が多い。膨大な手勢だ。
あの多勢の前に抗う力は・・・・・・

( ; ω )「く・・・・・・!」

それでも。やるしかない。
そう、あのリムルダールの戦の時の、呼吸を思い出すのだ。

( ; ω )「はッ、はッ・・・!」

剣を握りしめる。決心を固めろ。
退路は有りはしないのだ。

849 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:41:22 ID:Dz2PjSzo0

どうしても駄目で・・・・・・本当にどうしても駄目でも。

力の限りを最後まで振り絞り、それでもどうしても本当に本当に本当に駄目だったとしても。

自分の持てる最善を尽くして――――――例えここで尽き果ててしまうとしても。

ただでは死ねぬ。

最後の一時まで、剣を振るう事を誓ったのだ。

そうだ、自分は。

剣に死ぬ。

(♯ ω )「ふぅオオ・・・・・・」

(♯゜ω゜)「  ・・・オオオオオオオオおッッ!!  」

覚悟の、咆哮。

850 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:43:51 ID:Dz2PjSzo0

と、その時。

( ;゜ω゜)「!!?・・・・・・」

魔物の軍勢が、進む方向を変えた。
いや、巨大な一団だ。

多少はこちらにも向かってきてはいる。
だが群れのほとんどは逸れ、ブーンとは違う方角へ。

( ;^ω^)「・・・・・・なんだお・・・?」

851 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:45:44 ID:Dz2PjSzo0

微かに清らかな音が聞こえる様な気がする。

魔物達の向かう先の、沖の方をふと見た。

一艘の小舟があった。

そこには。

( ;゜ω゜)「あ、あれは・・・・・・!」

852 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:46:45 ID:Dz2PjSzo0

(・∀・ )

( ;゜ω゜)「  モララー・・・・・・!!?  」

小舟に立つのは、見知った顔――――――モララーだった。

853 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:47:50 ID:Dz2PjSzo0

( ・∀・)皿「それ、こっちだ。こっちに来い」

モララーは、何か大きな物を持ち、それで音を鳴らしている。

( ;゜ω゜)「・・・・・・あ・・・」

いつか賢者の一人である、じぃのもとを訪ねた時に見た。

あれは確か――――――そう。

854 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:48:37 ID:Dz2PjSzo0

爪゚ー゚)『その竪琴は一見きらびやかで、実に素晴らしい音色を奏でるが・・・
その実、深い魔力を帯びた魔具なのだ』

爪゚ー゚)『その音色は、魔力を放ち、魔物を呼び寄せる』

爪゚ー゚)『これは伝説の、さすらいの吟遊詩人ガライが所有していたものだ』

爪゚ー゚)『彼もまた、魔力を操るものの一人であったために、
その魔香が竪琴に染み付いたのだ』

爪゚ー゚)『うかつに触れると、魔物を引き寄せるぞ』

( ;゜ω゜)「――――――“銀の竪琴”・・・・・・!!」

856 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:49:58 ID:Dz2PjSzo0

( ・∀・)皿「さぁ!こっちに来な。化け物どもめ!」

モララーが奏でる竪琴の美しく盛大な音色は、魔物を引き寄せてゆく。

魔の群れが、魔力の旋律に惹かれ、モララーのもとへ羽ばたいてゆく。

( ;゜ω゜)(あ、あいつ・・・ブーンをこの地に留めさせたのは・・・!)

( ;゜ω゜)(・・・・・・“アレ”を・・・、取ってくる為に・・・!!)

857 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:51:02 ID:Dz2PjSzo0

小さな小舟の上で、あの軍勢に教われれば、間違いなく――――――

( ;゜ω゜)「モララーッ!!モララァアーーーーッッ!!!!逃げるんだおーーーー!!」

ブーンの声は、海との距離を隔て、モララーには届かない。

( ・∀・)「フフ・・・何をやっているんだ。早く行けよ」

モララーの声も、竪琴の音に掻き消され、ブーンには聴こえない。

しかし――――――それでも。

858 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:51:51 ID:Dz2PjSzo0

( ;゜ω゜)

伝わるものが、確かにそこにあるから。

(・∀・ )

859 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:54:38 ID:Dz2PjSzo0

( ; ω )「ぐっ・・・・・・!!」

( ; ω )「モ・・・ララー・・・・・・!!」

そうだ。解っている。解ってはいるのだ。

モララーは、ここへ・・・“覚悟”を決めてやってきた。

それに報いる事が、自分の成すべき事だった。

今すべきなのは、ここに留まり、モララーに激励の言葉を投げかける事でもない。

海に飛び込み、モララーを助けるべく向かう事でもない。

この橋を――――――渡りきる事。

ただただ前進していく事のみが、今のブーンに課せられた使命なのだ。

861 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:55:52 ID:Dz2PjSzo0

(( ; ω ))( モララー・・・・・・!! )

(( ; ω ))

( ;^ω^)

ブーンは、キッと前を見据えた。

そして、毅然と力強く、再び歩み出す。

前へ。そう、ひたすらに前へ。

862 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:57:02 ID:Dz2PjSzo0

こちらにも、僅かに鳥の魔物が襲いくる。
だが、モララーの方へ向かった魔物の数とは比べ物にならぬ程少ない。

(♯^ω^)「・・・・・・どけおッッ!!」ザシュッ!!

キメラ「キゲアァァア・・・!?」バサッ

(♯ ω )「絶対に・・・渡りきって見せるお・・・!」

(♯゜ω゜)「  邪 魔 を す る な お ッ ッ !!  」

863 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 20:58:37 ID:Dz2PjSzo0

( ・∀・)「おーおー、気持ち悪いくらい釣れたね。いやはや」

モララーは船上、無数の鳥の魔物に囲まれる。

敵は竪琴の魔力に取り憑かれたのか、
眼を爛々と光らせて襲い来る。

( ・∀・)「こいつぁ、骨が折れそうだな」

( ・∀・)「竪琴を鳴らしながらってのも中々、難しいがね」

キメラ「ギャアアアッッ」バサバサッ

( ・∀・)「ハッ・・・!!」ズバァッ

メイジキメラ「ギシィィイアア」ヒュザッ

(♯・∀・)「うおおおッ!《ギラッ・・・!!》ボウッ

864 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:00:20 ID:Dz2PjSzo0

( ・∀・)+「しかし・・・竪琴を引きながら孤軍奮闘とか美し過ぎるだろ。
昔ちょっとだけ習っといて良かった」

魔鳥 「「「「「「 グギャギャギャアアアッッ 」」」」」」

( ・∀・)「うるせーよ・・・」

(♯・∀・)「ハァッ!!」ビヒュッ!

(♯・∀・)《・・・・・・ギラギラギラギラギラァッッ・・・!!》ドドドドドドゥッ

モララーは、凄まじい猛攻で、周囲の魔鳥を蹴散らしてゆく。
以前のモララーとは違う。鍛錬の成果か。

阿修羅の如き強さを奮う。

865 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:01:18 ID:Dz2PjSzo0

::(メ ・∀・)::《ホイミ・・・!!》シュウウ

( ・∀・)「せあッ!」ドカッ

そして突然、周りの鳥達がモララーの前から掃け出す。
一定の距離を保ち、傍観するような体勢に入った。

(メ ・∀・)「はっ」

(メ ・∀・)「おいでなすったな」

867 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:02:35 ID:Dz2PjSzo0

上空から、凄まじい速度で近づいて来る、点。

((((( ゚∋゚))) 「・・・・・・」

(メ ・∀・)「お前だけは許さないぜ」

超高速で、鳥の魔物が突っ込んで来る。

868 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:03:44 ID:Dz2PjSzo0

鳥の巨体と、モララーとが交差する瞬間――――――

(♯ ∀ )「・・・ッハァッ!!」 ザギュッ!!

( ゚∋゚)「!」

鳥の右翼が、斬撃で切り傷を付けられる。

尚も、鳥は――――――旋回。
再びさらに速度をつけ、矢の様な素早さと鋭さを持って・・・・・・

869 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:04:40 ID:Dz2PjSzo0

(♯ ∀ )「・・・つぁりゃあッッ!!!!」 ドシュァッ!!!!

(; ゚∋゚)「ッ!!」

左翼をも、切り刻む。

(メ ・∀・)「あの時の俺と一緒にするなよ」

(メ ・∀・)「貴様を倒す為に――――――地獄を見てきたんだからな」

870 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:05:53 ID:Dz2PjSzo0

( ゚∋゚)「・・・・・・」 バサッ バサッ

“鳥”は、しばし滞空する。

( ゚∋゚)

(キ ゚∋゚) ミ゛キッ

鳥の筋肉が隆起した。その瞬間。

三三三三三 ゚∋゚))) ド ウッ!!

(メ;・∀・)「!!」

871 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:07:59 ID:Dz2PjSzo0

三三メ三土ド三三 ゚∋゚ シュパァッ!!

((メ; ∀ )));,. 「ガッ・・・?!!」

モララーは船上から忽然と消え、波の上をまるで石を飛ばすように、
二転三転しながら、吹っ飛ばされた。

((メ#; ∀ )))))「ぐはぁ・・・!」

なんという衝撃。これが奴の本気か。
海中に放られながら、焦燥を滲ませる。

先の体当たりで、鎧は完全に破壊された。

とにかく、足場が無くては。
泳いで船上に戻ろうとする。

872 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:08:58 ID:Dz2PjSzo0

(メ#;・∀・)「!!」

三三三三 ゚∋゚))) ギュンンッ!!

((メ#; ∀ ))「クオっ!?」

鳥が、海面から顔を出すモララーに突っ込んできた。

凄まじい水飛沫(みずしぶき)を立たせて、海中に潜る。
その後海面から飛び出し、モララーの片脚を銜(くわ)えながら、空に上昇。

874 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:09:44 ID:Dz2PjSzo0

(メ♯ ∀ )「 ぐ あ ぁああ あ ぁ ぁあぁ あ あ!!」

モララーの脚が、鉄の様な嘴(くちばし)に噛まれる。
脚の筋が、腱が、骨が噛み砕かれる感触が、肉を伝う。

( ゚∋゚)ミ 「・・・・・・」ブッ

そのまま、上空でモララー離す。空に放られ――――――

(メ♯・∀・)「・・・・・・ふぅおアッ!!」

モララーは腰から鎖の付いたフックを外し、鳥に投げつけた。
それが、鳥の脚に引っかかる。

( ゚∋゚)「!!」

875 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:10:52 ID:Dz2PjSzo0

落下の慣性を利用し、回転して鳥の背側に回った。
背中の羽毛をガッシリと掴む。

(メ#・∀・)「は・・・これでも・・・」

(メ#・∀・)「喰らえッ!!」

そして背中に、剣を思い切り突き立てる。

((; ゚∋゚))「~~~~ッッ」

鳥は暴れる。痛みを払い、背中のゴミを振り落とそうと。

しかし、深く突き刺された剣と、力強く捕まるモララーは
そう簡単には振り落とされない。

876 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:11:56 ID:Dz2PjSzo0

(メ#・∀・)「うおおおお・・・・・・!」

剣を更に奥深くまで差し込む。

だが鳥は巨体だ。
剣を根元まで刺したところで、すぐさま致命には至らない。

(♯゚∋゚)「・・・・・・」

鳥は、羽ばたいた。そして、どんどん上昇してゆく。

この高さでは、いかに下が海面とは言え、振り落とされれば間違いなく死ぬ。

877 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:12:43 ID:Dz2PjSzo0

(メ#;・∀)「く・・・」

((メ#; ∀ ))「・・・・・・ぐああ・・・ッ!?」

急激な上昇による気圧変化は、ただの人間であるモララーの身体に
凄まじい障害をもたらした。頭痛、嘔気、視界悪化、全身の痺れ。

目から、耳から、血が流れ出す。

(; ゚∋゚)「~~~~ッッ」

しかし、それでも。

((メ# ∀ ))「は・・・離さないぞ・・・」

((メ# ∀ ))「絶対に・・・離すものか・・・・・・!」

878 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:13:38 ID:Dz2PjSzo0

モララーを乗せたまま鳥は雲中まで達する。

凍り付く様な冷気の中、ついには雲をも突抜けた。

真っ赤な太陽が、モララー達を照らしだす。

((((; ゚∋゚)))) バサバサ

((メ# ∀ ))「・・・ぜったいに・・・ おちないぞ・・・!!」

879 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:14:41 ID:Dz2PjSzo0

もしここでコイツを取り逃がせば、奴はブーンを標的とし、
追ってゆくだろう。させない。絶対に。

モララーは、手を魔物の背中に添え当てる。 そして・・・・・・

((メ# ∀ ))《・・・ギラ・・・!!》

モララーは、呪文を唱える。直接炎を叩き込んだ。

(((; ゚∋゚)) 「~~~、~~~~ッッ」カハッ

零距離からの魔法の爆熱は、
いかに屈強な魔物の肉体と言えども、損傷を与える。

880 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:15:47 ID:Dz2PjSzo0

((メ# ∀ ))《・・・ギラ!・・・ギラ・・・・・・!!》シュバッ、ドバッ

(((((♯; ∋ ))))) 「・・・!・・・・・・ッッ!!」

モララーの体を朱に染めるものは、沈み行く夕日の暁と、己と魔物の血。

魔物に密着しているモララー自身も、魔法の熱を浴びて火傷を負う。
それでも、掴んだその手は離しは、しない。

881 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:16:35 ID:Dz2PjSzo0

((メ# ∀ )) (――――――ああ)

((メ# ∀ ))    (デレ)

――――――――――――――――――

ζ(゚ー゚*ζ

――――――――――――――――――

882 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:17:57 ID:Dz2PjSzo0

((メ# ∀ ))「へへ・・・鳥公・・・  焼き鳥に・・・」

((メ# ・∀ ))「なれよ・・・・・・!!」

((メ#・∀・)) 《・・・・・・ぅぅうおおおおああああああああ!!!!》ドゥッドウッドウッ!!!!

(((; ゚∋゚))「~~~~~~、~~~、ギ・・」

(((メ;., ゚∋゚))「ギイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!」

883 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:18:58 ID:Dz2PjSzo0

断末魔が響く。
やがて、暴れ狂う鳥の動きは次第に弱まり――――――

,,:(メ;. ∋;):.

遂に失速。力なく、落下してゆく。

(メ -∀-)

モララーは、魔物の体から離れ、フワリと浮いた。

そのまま、空に導かれるように。

884 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:20:08 ID:Dz2PjSzo0

モララーは、昇る、昇る。昇ってゆく。

雲の上で、夕日の橙黄色の粒子を纏いながら。

光の中で、モララーは天に向かってゆく。

その表情は穏やかで、安らかで、あくまで満足気で。

885 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:21:11 ID:Dz2PjSzo0

( -∀-)

( -∀-) ああ 疲れた

( -∀-) もういいのかな

( -∀-) なんだか暖かいや

ζ(゚ー゚*ζ モララー様

( ・∀・) デレ デレじゃないか

886 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:22:19 ID:Dz2PjSzo0

ζ(゚ー゚*ζ ご立派でした さすがです

ζ(゚ー゚*ζ さすがは、モララーですわ

( ・∀・) ああデレ 会いたかったよ

( ・∀・) 寂しかった ずっと寂しかったんだ

( ・∀・) 母さんがいなくなって デレもいなくなってしまって

( ・∀・) とても寂しかったんだ

887 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:23:05 ID:Dz2PjSzo0

ζ(゚ー゚*ζ モララー様 これからはずっと一緒ですわ

( ・∀・) ずっと一緒にいられるのかい

ζ(゚ー゚*ζ ええ そうですよ ずっとずっと一緒です

ζ(゚ー゚*ζ さあ、共に参りましょう

( ・∀・) デレ 好きだ 好きだよ

ζ(゚ー゚*ζ お慕いしておりますモララー様――――――

ζ(゚ー゚*ζ 愛して、おります

( ・∀・) ああ デレ デレ

888 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:24:10 ID:Dz2PjSzo0

( -∀-)ζ(゚ー゚*ζ  ああ 暖かい なんだろう こんなにも

暖かいよ。

889 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:25:38 ID:Dz2PjSzo0

(メ -∀-)。゜

890 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:26:21 ID:Dz2PjSzo0

モララーは、沈む、沈む。沈んでゆく。

冷たい海中の奥底へ・・・波の揺らめきに身を委ねながら。

闇の中で、黒髪を揺らしながら海の底へ向かってゆく。

その表情は穏やかで、安らかで、あくまで満足気で。

891 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:27:51 ID:Dz2PjSzo0

彼が死の間際に触れたのは、安らぎの夢の蜃気楼。

一人の記憶の少女との愛の為に命を賭した――――――

孤高の戦士、モララー=ウィル・ブランカート。

――――――母なる海と、真実の愛の幻影を抱き、ここに眠る。

to be continued…!! and……

892 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:29:38 ID:Dz2PjSzo0

(メ ω )「・・・・・・はぁっ、はぁッ・・・」

ブーンは、走る。そうして、森の茂みに飛び来み身を隠す。

あの橋を、渡りきった。

(メ ω )

(メ ω )「モララー・・・・・・」

(メ ^ω^)

(メ ^ω^)「・・・無駄にはしないお。きっと・・・必ず」

893 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:30:44 ID:Dz2PjSzo0

ブーンは見上げる。

その眼光が捉えるものは――――――聳(そび)え立つ、巨大な漆黒の敵の牙城。

「待ってろお――――――」

――――――――――――竜王・・・・・・!!

And, his brave spirit was inherited……!!

895 名前:名も無きAAのようです:2011/11/28(月) 21:31:49 ID:Dz2PjSzo0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV24

ほのおのつるぎ
まほうのよろい
みかがみのたて

今回登場した敵:なし

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。