第34話


5 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:12:14 ID:tCYCiG520

第34話

6 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:14:04 ID:tCYCiG520

薄朧げな月光に照らされながら、岩と茂みの中で、空を見つめていた。

瘴気と哀哭(あいこく)に満ちた、凍てつく夜風に吹かれながら。

ふと前方に視線を投げれば、威容を誇りながら、それはある。

(メ ^ω^)

巨大な城。

宿敵、竜王の本拠地。

7 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:15:21 ID:tCYCiG520

魔物の猛追を振り切り、やっと安全そうな場所に身をおけた。

あの虹の橋を渡り、ここまで到達するまでの魔物との戦闘でついた傷跡に、
薬草を交えながら包帯を巻いていく。

しっかりと、しっかりと。

戦友(とも)の死を、覚悟を。心に刻み付ける様に。

かじかむ程の冷気の中で、白く大きく息を吐きながら。

(メ  ω )

(メ  ω ) 「モララー・・・」

8 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:16:26 ID:tCYCiG520

ブーンはこの魔島に辿り着いてから、
少しずつ少しずつ、潜伏するように、竜王の城まで近づいていった。

時折響く鳥獣の鳴き声が、ブーンの神経を鋭敏にする。

茂みや岩場が多く、気配を殺しながら隠れ進むには良い。
到島してからの戦闘は、ほぼ無かった。

リムルダールのショボン医師に貰った聖水の効果で、
人特有の気配を上手く消せているのかもしれない。

あの巨大な城までは、おそらくあと一里もない程の距離だろう。

10 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:17:35 ID:tCYCiG520

(メ  ω )

(メ ^ω^)

心が逸る。だがしばし待て。

夜は、魔物の魔力を増幅させる。
竜王討ちをかけるのは、明日。

夜が明けてからだ。

11 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:18:22 ID:tCYCiG520

(メ ^ω^)

(メ ^ω^)) ブルッ

(メ ^ω^)) ブルブル

(メ ^ω^)) ガシッ

(メ;^ω^)

12 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:19:12 ID:tCYCiG520

武者震い。
体を掴み、震えを止める。

(メ  ω )「ふー・・・・・・」

(メ -ω-)

とうとうここまでやってきた。

明日、すべてが決着する。

これまで自分が歩んできた、全ての事柄が清算される。

何もかも、終わる。

いや。

13 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:20:06 ID:tCYCiG520

(メ -ω-) (・・・違うお)

(メ ^ω^) (始まるんだお。これから)

(メ ^ω^) (竜王を倒して――――――人々の幸せが・・・自分の幸せが)

(メ ^ω^) (平和が、この世界に訪れるんだお)

14 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:21:11 ID:tCYCiG520

ブーンは、この冷たい風の中で、想いを馳せる。

陽射しを浴びて綻ぶ、人々の笑顔。

爽やかな風。青々とした木々花々。

どこまでも広がる、蒼穹の空に。

がむしゃらに、ただひたぶるに明日の平和を追い続けてきた戦士。

この夜空に浮かぶ満月に、明日の青空の美しさをみる。

16 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:22:11 ID:tCYCiG520

そうして、夜が明けた。

17 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:23:03 ID:tCYCiG520

(メ ^ω^)

ブーンは向かい風を一身に受けゆく。

岩場をくぐり、毒の地を抜け、砂の丘陵を越え、
竜王の城とは、もはや目と鼻の先まで。

前夜は、眠れなかった。

魔物に襲われる可能性も危惧したというのもあるが、
何より決戦を前に、高揚し寝付けなかったのだ。

19 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:24:47 ID:tCYCiG520

(メ ^ω^)

しかしそれでも、目は冴え、思考は明確。
体の調子もすこぶる良い。

自分自身でも、驚くほど体力が充実している。

揺るぎのない覚悟を決める事で、ブーンの戦士としての肉体は精神と同調し、
これ以上ない程の、完全な状態に仕上がりつつあるのだった。

そして、今。

21 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:25:47 ID:tCYCiG520

(メ ^ω^)「・・・・・・」

(メ ^ω^)「ついたお」

天に突き立つが如く遠大な敵の牙城の、目の前に立つ。
正門に、扉は無かった。

ただとてつもなく大きく、闇を構えて口を開けている。

魔物が通る際に扉があっては邪魔なのか、
ここまで人間が辿り着く事を想定していないのか。
あるいはそれとも、いかなる侵入者をも迎えたとしても、なんら問題は無いという自信の表れか。

拒みはせぬ。入らずんば、とって喰らう。
そういう意味にもとらえられる。

22 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:27:41 ID:tCYCiG520

(メ ^ω^)

(メ ^ω^)「!」

近くの岩陰の死角から――――――のそりと大きく何かが動いた。

(メ ^ω^)「・・・・・・」

キースドラゴン「グゥルルルゥ・・・・・・」

23 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:28:29 ID:tCYCiG520

ドラゴンだ。

それはいつかローラ姫を沼地の洞窟から救い出した時にも邂逅した。
あの時の苦戦の記憶が蘇る。

(メ ^ω^)「・・・・・・」

ここまでは順調に来れた。

いくら城に扉がなく入れそうだとはいえ、ここは敵の根城の入り口だ。
厳重に魔物が配置されていない訳がない。

それはもとより覚悟の上。

ここを突破せねば、敵の喉元に食い込む事など出来ぬ。

24 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:29:26 ID:tCYCiG520

キースドラゴン「ゴオオオォォオオォアアアァアアア!!!!」

(メ ^ω^)「・・・ふぅ」

以前は、けたたましい咆哮に気圧された。
およそ生物の頂点に立つであろう魔物の、圧倒的存在感にたじろいでいた。

今は、揺るがぬ。

代わりに滾(たぎ)る。血が滾る。
息吹は熱く、されど落ち着いていく。
毅然と見据え、眼光で敵を斬りつけん。

25 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:30:12 ID:tCYCiG520

(メ  ω )「ふぅ――――・・・」

ブーンは背の鞘から、剣を抜いた。
炎の剣から、陽炎がゆらめく。

(メ#゜ω゜)「・・・・・・ぉおああおッ!!」

そして、駆け出す。

キースドラゴン「ゴガハアアアアッ!!」

26 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:31:32 ID:tCYCiG520

ドラゴンの尾が大きく空を切り、横に薙がれる。

((メ#゜ω゜)「ふあッ!!」ダンッ

ブーンはそれを大きく跳躍して躱す。

竜の尾は、側の岩盤を穿ち砕いた。

そのまま直進し、敵の懐に突っ込む。

キースドラゴン「バアオオオォッ!!」

ドラゴンはするどい爪を繰り出す。

((メ#^ω^)「つぁッッ!!」ビヒュッ

27 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:32:17 ID:tCYCiG520

それを躱さず、剣で応撃。

バキリと音がし、竜の爪指が砕けた。
ブーンの剣が生み出す熱に当てられ、焦げるような臭いも。

キースドラゴン「ゴルガァアアアッッ!?」

((メ#^ω^)「・・・ふぅ・・・ッ!!」

ドラゴンが一瞬怯み、苦しんでいる隙に、二歩で敵の背側に回る。

そして、背後を取るや取らざるやという瞬間・・・
振り向き様に、斬撃一閃。

その硬い皮膚を切り裂き、黒い血液が噴出する。

キースドラゴン「ググウウゥッッ!!」ドゥッ!

28 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:32:59 ID:tCYCiG520

反射的に竜の尾が垂直に跳ね上げられる。
それを躱そうとするが、間に合わない。

(((メ#;゜ω゜))「ぐゴッは・・・!!」

下から振り上げられる強烈な一撃を脇腹に浴び、
ブーンは宙に浮いた。

そして地面に落下。転がりながら、胃液の混じる唾を吐く。
上半身が痺れ、まともな呼吸が中断される。

(メ#;^ω^)「・・・ぐ・・・」

だが意識は、敵から削がれる事は無い。
ドラゴンも、こちらを警戒しているようだ。

29 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:33:50 ID:tCYCiG520

(メ  ω )「ふぅ――――」

沼地のドラゴンは、あの時の自分にとっては、
相見えた事が無謀とも思える程の強敵だった。

今目の前にいるドラゴンは、おそらくあれより格下。
戦ってみて理解できる。

そしてあの頃の自分以上に、ブーンは成長した。

この競り合い、負けぬ。
いや、こんなところ果てる為にやってきた訳ではない。

30 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:34:33 ID:tCYCiG520

ドラゴンを相手取ろうとも、もはやブーンに気後れはない。

ただ、勝つ。ただ進む。

この敵程度などとは、背負っているものの大きさが違うのだ。

その思いが剣撃の重みとなり・・・

今、突進してくる竜と交差のとき――――――首もとを切り裂いた。

31 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:35:44 ID:tCYCiG520

キースドラゴン「グガ・・・カッ・・・・」

ドラゴンはよたりと緩慢によろける。

まさに首の皮一枚で繋がった・・・
いや、竜の首はぶつりと切れ、胴から破断する。

(メ ^ω^)

後方で竜が倒れる音を聞いた。

そして今、城の中へと踏み出してゆく。

その暗黒に導かれて――――――今ブーンは、入城してゆく。

32 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:36:36 ID:tCYCiG520

33 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:37:40 ID:tCYCiG520

大きな扉の前に立つ、麗しき女性のような魔族。

髪は真っ白で、身に召すものも純白。肌も透き通るように色が抜けている。
およそ全てが白かった。

川 ゚ -゚)「竜王様」

入るがいい。

川 ゚ -゚)「はい、失礼致します」

34 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:38:59 ID:tCYCiG520

何用だ。

川 ゚ -゚)「はい。ご報告があります」

川 ゚ -゚)「今しがた私の魔力がとらえました・・・」

川 ゚ -゚)「 この城に――――――人間の侵入者が。 」

川 ゚ -゚)「それも、数名。」

ほう・・・ククク。

35 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:40:06 ID:tCYCiG520

川 ゚ -゚)「彼の者どもの存在は、以前より察知しておりましたが・・・」

川 ゚ -゚)「どういう方法を用いてここまで辿り着いたかは解りません」

川 ゚ -゚)「そして数名とも、人間の中では・・・おそらく一、二を争う程の武芸の者かと」

ふっふふ・・・・・・

“勇者”の真似事か。

川 ゚ -゚)「・・・・・・」

36 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:40:53 ID:tCYCiG520

そやつらの臭いは、我も感じていた。

だが、問題あるまい。

のう、クー。

川 ゚ -゚)「は」

ネズミどもの刃は、我のもとには届かぬ。

たかが人間・・・

貴様ら精鋭――――“四天王”が、それを阻むのは、必定の事よの。

川 ゚ -゚)「ふ・・・もちろんでございます」

37 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:41:53 ID:tCYCiG520

ククク・・・頼もしいな。

いいか。奴らの瞳を絶望を染めよ。その顔を苦痛に歪めよ。

愚かにもこの竜王に牙を向ける事の無謀さを、存分に知らしめてやれ。

川 ゚ -゚)「かしこまりました」

クー。

川 ゚ -゚)「はっ」

38 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:42:39 ID:tCYCiG520

なにやら機嫌が良さそうだな。

川 ゚ -゚)「・・・いえ」

隠さんでもよい。久々に人間と交える事が嬉しいのか。

どのような意味でもな・・・ククク。

川 ゚ -゚)「・・・・・・」

39 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:43:28 ID:tCYCiG520

ゆけ・・・わが愛しき子らよ。

我に忠誠をみせよ。

人間の希望を喰らい、我らは生きるのだ。

川 ゚ -゚)「――――――は・・・・・・!」

40 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:44:29 ID:tCYCiG520

(メ; ω )「はぁおッッ!!」ザシュッ

ドロルメイジ「ギャアアグワアアオオ!!・・・」ドバァッ

41 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:45:32 ID:tCYCiG520

(メ;-ω )、「ハァッ、ハアッ・・・」

ブーンは、大型のナメクジのような魔物から剣を引き抜く。
魔物の体液がぱたぱたと剣から滴り落ちる。

(メ;^ω^)「ふぅ・・・」

みちみち何度も魔物に遭遇した。

そしてやはり、今まで野戦で相手どってきた魔物とはレベルが違う。
一瞬たりとも気は抜けない。

凄まじい緊張感と、この城全体が放つ禍々しい邪気に当てられ、
ブーンの呼吸は荒くなり、汗も流るる。

43 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:46:40 ID:tCYCiG520

(メ;^ω^)(進むに連れて、段々暗くなってきたお)

(メ;^ω^)(たいまつを灯した方がいいかお・・・?)

奥に進む程暗くなり、次第に視界が悪くなる。
炎の剣を振り、明かり代わりに。

城に侵入して数刻が経過する。

広い迷宮だ。一体あとどれだけ進めば、竜王のいる最奥に到達するのか。

まだまだ自分はやれる。

だが、疲労は確実に自分の身に蓄積してきている。

疲れや傷は心を蝕み浸食し、精神を侵す。

終わりの掴めぬ焦燥が湧き立ち始める。

44 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:47:56 ID:tCYCiG520

:(メ -ω-):「スゥ――・・・はぁ」

ブーンの体を仄かな光が包む。

着込む鎧は、魔法の鎧。
メルキドの『流石屋』で調達した防具だ。

鎧としての性能は言うまでもなく、編み込まれた魔法の力が、
ブーンの体の傷をほんの僅かずつだが癒す。
呼吸を整え、その恩恵を浴びる。

45 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:49:00 ID:tCYCiG520

(メ^ω^)「!」

大きな扉があった。

(メ^ω^)「・・・・・・」

(メ^ω^)(竜王の間・・・かお・・・?)

唾を呑む。
これまでの道程では、扉に当たりはしなかった。

この先に竜王がいるのかは解らない。
もしかしたら、何かの罠が待ち受けているかもしれぬ。

47 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:50:09 ID:tCYCiG520

(メ -ω-)

(メ ω )「ふぅ・・・・・・」

いずれにせよ、心身に気合いを込める。
剣を握る力を強め、その扉に手をかけた。

そして力を入れ、押す。
重々しい音を立てて、扉は開く。

(メ^ω^)

(メ^ω^)「・・・・・・」

暗い。

49 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:51:01 ID:tCYCiG520

(メ^ω^)

(メ^ω^)

(メ^ω^)「!!ッ?」

前方に、気配。
ブーンは身構える。

(;;;;;;;;;;;;)

(メ^ω^)「・・・!」

51 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:52:21 ID:tCYCiG520

(;;;;;;;;;;;;)

(;;;;;; ∀)

( ゚∀゚)

(メ;^ω^)「じょ・・・・・・」

(メ;゜ω゜)「  ジョルジュ!!!?  」

53 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:54:32 ID:tCYCiG520

( ゚∀゚)

(メ;^ω^)「ジョルジュ・・・き、君もこの城に辿り着いていたのかお!?」

( ゚∀゚)「ブーン」

(メ*^ω^)「や・・・やったお!ジョルジュがいれば、百人力だお!!」

(メ*^ω^)「まさかここにきてジョルジュに会えるなんて・・・!」

( ゚∀゚)「ブーン・・・・・・」

(メ^ω^)「あれ?でもどうやって・・・マジで泳いだのかお!」

55 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:56:18 ID:tCYCiG520

( ゚∀゚)「とうとうここまで・・・ 辿りついちまったか・・・」

(メ ^ω^)「お・・・?」

((♯゚∀゚)「・・・・・・カァッ!!」ボヒュッ

(メ;゜ω゜)))「う、うわぁお!!」シャッ

ジョルジュの繰り出す上段蹴りを、瞬時身を引いて躱した。

いや、それは頬をかすめ、じわりと血が滲む。

57 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 21:57:29 ID:tCYCiG520

(メ;^ω^)「な、なにするんだお、ジョルジュ!」

( ゚∀゚)「咄嗟の反応・・・このタイミングでよく躱したな」

(メ#^ω^)「どういうつもりだお!ここでふざけるのも・・・」

( ゚∀゚)「ふざけちゃいねえさ・・・」

ジョルジュの放つ、気配が変わる。

空気が、ぎり、と冷たくなる。

(メ;゜ω゜)「お・・・」

59 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 22:00:00 ID:tCYCiG520

( ゚∀゚)「俺ァ・・・お前の敵だ。ブーン」

(メ;゜ω゜)

(メ;゜ω゜)「・・・は・・・・・・?」

( ゚∀゚)「俺は魔族・・・・・・竜王直属配下」

( ゚∀゚)「 ――――――四天王・・・・・・ “ ダースドラゴン ” ジョルジュだ。 」

(メ;゜ω゜)

to be continued…!!

67 名前:名も無きAAのようです:2012/01/24(火) 22:04:36 ID:tCYCiG520

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV24

ほのおのつるぎ
まほうのよろい
みかがみのたて

今回登場した敵

キースドラゴン:竜族の中でも、中位に位置するドラゴン。
炎の息吹などは吐いて来ないが、それでも他の種族に比べれば圧倒的な強さを誇る。
洞窟のドラゴンよりは下位種である。

ドロルメイジ:大きなナメクジの化け物。凄まじい粘性を帯びており、
その粘膜で獲物を捕らえ、血肉を喰らう。
人間数人食らい込む程の大きさがある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。