第35話

119 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:04:12 ID:nvfrfWVc0

第35話

122 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:06:30 ID:nvfrfWVc0

薄暗い広間で、対峙する二者の隔たりには、

かつてこれまでに無いほど凍り付いた――――――

緊迫した空気が張りつめていた。

(メ;゜ω゜)

( ゚∀゚)

124 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:07:49 ID:nvfrfWVc0

(メ;゜ω゜)「な・・・何を言ってるんだお・・・?ジョルジュ」

(メ;゜ω゜)「ジョルジュは人間、で・・・ブーンを助けて・・・」

(メ;゜ω゜)「じょ、ジョルジュは人間だお!そうだお人間じゃないかお!」

( ゚∀゚)「いつかお前に話した事があったな」

( ゚∀゚)「“竜族は、人間の身に姿を変えられる様に進化した”」

( ゚∀゚)「といっても、上位の竜族のみだがな・・・」

(メ;゜ω゜)

125 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:09:19 ID:nvfrfWVc0

(メ;゜ω゜)「違うお。だってジョルジュは、ブーンを守るために・・・
魔物を倒して・・・撃退してくれたお・・・同じ魔族なら」

( ゚∀゚)「確かに同じ魔族だが、誇りは共有しねえぜ。
俺は属するのは、竜族のみ。それ以外は同類なんて思っちゃいねえ」

( ゚∀゚)「それに、俺に対して牙を剥いて来る奴に、拳を向けねえ理由もねえからな」

(メ;゜ω゜)「・・・・・・」

(メ;゜ω゜)「馬鹿な・・・う う、嘘だお・・・!」

( ゚∀゚)「ブーン・・・今のお前になら解る筈だろう・・・」

( ゚∀゚)「この俺から放たれる殺気が、“人”のものか“魔”のものか・・・な」

(メ;゜ω゜)

126 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:10:38 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「信じたくねえって気持ちは解るがよ」

(( ゚∀゚)「ここはお前の敵の本拠地だぜ。薄ら惚けていると―――」スッ

(メ;゜ω゜)「ッッ・・・!!」

(((♯゚∀゚)「ズアッ!!」ドリュッ!

((メ;゜ω゜))「く、くおお!!?」ズドンッ!

間合いに踏み込まれ、正拳を喰らう。
腕で受けたものの、反動で後方に数歩下がらせられる。

しかし追撃は止まない。

127 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:12:14 ID:nvfrfWVc0

((♯゚∀゚)「ケエエイイッ!!」ビュシャオッ!

((♯; ω )))) 「がハァ!っぐ!」ドガァ!!

上中段の拳連撃。
加えて鋭い足刀蹴りが、ブーンの腹部に押し込まれる。
途轍も無い速度で吹っ飛び、部屋の石柱に叩き付けられた。

(メ#; ω )「か・・・げほッ・・・」

( ゚∀゚)「本気の俺の拳を受けて、なお動けるだけでもお前は強ええ」

( ゚∀゚)「普通の人間なら、ただの一撃で即死しててもおかしくない。
鍛え上げたな、ブーン」

128 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:13:25 ID:nvfrfWVc0

震え起き、剣先を向けて牽制しながら立ち上がる。

岩をも砕く武闘家の攻撃をまともに受けた。
凄まじい衝撃がその身に痛みをもたらす。

だが、衝撃が伝ったのは、ブーンの肉体だけにあらず。

(メ# ω )「・・・・・・どう、してだお、ジョルジュ・・・」

( ゚∀゚)「・・・・・・」

(メ# ω )「どうして・・・ブーンを、助けたんだお・・・!」

(メ# ω )「いつでも殺せるって・・・ちっぽけな人間は脅威にはならないって・・・!」

(メ#゜ω゜)「脆弱な人間を掌でただ転がして、遊んでいただけなのかお!!?」

( ゚∀゚)「・・・」

129 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:15:04 ID:nvfrfWVc0

(メ# ω )「答えろお・・・」

(メ#;ω;)「 答えろお、ジョルジュ・・・!! 」

( ゚∀゚)

( ゚∀゚)「そうかも、しれねえな・・・」

( ゚∀゚)「どうあれ彼処でお前を助けた事は、今となっちゃあ、お前に対する侮辱かもしれねえ・・・」

( ゚∀゚)「すまなかった」

(メ#;ω;)「・・・・・・ッ!」

( ゚∀゚)「だがな、あの時お前を救って嘲笑おうなんて気持ちは微塵もなかった」

( ゚∀゚)「それだけは真実だ」

(メ#; ω )「ジョル・・・ジュ・・・」

130 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:16:14 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「ブーン」

( ゚∀゚)「俺ぁ、人間が好きだ。」

(メ#; ω )

131 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:18:01 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「俺達は言葉を通じ合える。解り合える」

( ゚∀゚)「その事実があるだけで、救う理由に足る」

( ゚∀゚)「だから、ついお前に情けをかけちまった」

( ゚∀゚)「すまねえ」

(メ#; ω )「・・・」

(メ#; ω )「魔物と人間は敵対関係にあるお・・・」

(メ#; ω )「好きだなんて・・・ 助けるなんて、おかしいお・・・」

( ゚∀゚)「・・・・・・」

( ゚∀゚)「・・・ああ・・・おかしいな」

133 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:18:55 ID:nvfrfWVc0

いつかのラダトーム――――――。

( ゚∀゚) クィッ・・・ ゴクン

( ゚∀゚)『か~~~~っ、うめえ!!酒ってのは、やっぱり良いモンだな』

<ヽ`∀´>『ホルホル。そうだろう、ウチの酒は美味しいニダ』

<ヽ`∀´>『ニダーバー、特製のお酒ニダ』

( ゚∀゚)『こいつを飲んでると、嫌な事も何にもかも忘れちまうぜ』

<ヽ`∀´>『金を落としてくれるのはいいけど、あんまり飲み過ぎないようニダ』

( ゚∀゚)『ああ・・・解ってる、もう一杯』

<ヽ`∀´>『ん?何か、外が騒がしいニダ』

<ヽ`∀´>『・・・・・・? 悲鳴・・・・・・?』

( ゚∀゚)『・・・・・・』グイ・・・チビリ

134 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:20:26 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)『ごちそうさん。勘定ここおいとくぜ』

<ヽ`∀´>『ホルホル、毎度アリニダ』

外に、出る。

( ゚∀゚)『・・・・・・』

135 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:21:44 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)『・・・・・・』

町人『キャァアアーーーー!!』

( ゚∀゚)

町人『う、うわぁあああ!!』

(゚∀゚ )

町人「おかあさあーん!おかあさああん!!」

( ゚∀゚)

_
( ゚∀゚)

136 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:23:00 ID:nvfrfWVc0

・・・・・・何をやっているのだ、お前は。

( ゚∀゚)『気乗りがしねえ。俺くらい居なくても、どうにかなると思ってよ』

馬鹿が。指揮官が居なくなれば統制もとれなくなるのは当然だろう。

137 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:23:41 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)『・・・・・・』

( ゚∀゚)『どうしても、人間を滅ぼさなきゃいけねえのか』

・・・・・・

( ゚∀゚)『昔ぁ、仲良くやってたじゃねえか』

( ゚∀゚)『無理に滅ぼさなくてもいい。共存出来りゃあ越した事はねぇ』

またそれか。どうやらお前は、どうしても人間とやり合いたくないようだな。

138 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:24:22 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)『俺は・・・拳法や言葉や多くを、人間に教わってきた』

( ゚∀゚)『あいつらは、嫌いになれねえよ』

甘い事を抜かすな、ジョルジュ。それでも竜族の一族の長か。

奴らは我ら竜族の力を恐れ、奴らだけの世界を構築し始めおった。

力も無い、数で群れるだけが取り柄の矮小な分際で・・・。

そんな勝手な種族など要らぬ。滅ぼすか服従させるかしてしまえばよい。

全ての頂点に立つは、誇り高き我らが竜族よ。

( ゚∀゚)

139 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:25:54 ID:nvfrfWVc0

我に従わぬものはどうなるか解っているのか、ジョルジュ。

( ゚∀゚)『・・・・・・』

竜族の中でも、人間を滅ぼす事に異を唱えているのはお前くらいのものだ。

同じ竜族といえど派閥はある・・・貴様らの派族を殲滅するだけの力を我はもっているのだぞ。

貴様の我が儘で、一族を皆殺しにしたくはあるまい?

( ゚∀゚)『ちっ・・・』

我とて昔から共に連れ添ったお前を殺したくはない。

お前の強さも認めておるのだぞ。なればこそ、四天王という地位においているのだ。

140 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:26:50 ID:nvfrfWVc0

いいか・・・この竜王に逆らうものは誰とて容赦はせぬ。

それが例え、同胞のお前でもな・・・

失望させてくれるな。

ジョルジュよ。

( ゚∀゚)(・・・・・・――――――)

141 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:27:36 ID:nvfrfWVc0

142 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:29:10 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「確かに俺は竜族だ。魔族だ」

( ゚∀゚)「だが、人と共に生きてきたのもまた俺の真実なんだ」

( ゚∀゚)「竜王の軍が結成されてから後・・・」

( ゚∀゚)「滅ぼす為に、人間の村に邪魔する事もあった。それでも・・・」

( ゚∀゚)「あいつらの幸せそうな顔を見ると、その気も失せちまうんだ」

( ゚∀゚)「中途半端な野郎だろう、俺は」

(メ;゜ω゜)「・・・だったら!侵略なんてやめたらいいお!」

( ゚∀゚)「そういう訳にもいかねえんさ・・・」

( ゚∀゚)「どうあれ俺の立ち位置は、魔族」

( ゚∀゚)「血の仲間を裏切る事はできねえ」

143 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:30:03 ID:nvfrfWVc0

(メ;゜ω゜)「ジョルジュ・・・ッ」

(メ゜ω゜) ハッ

(メ゜ω゜)

(メ゜ω゜)「ジョルジュ・・・一つ聞くお・・・」

( ゚∀゚)

(メ ω )「ラダトームに・・・ リカントを連れて、けしかけにきた事はあるかお・・・」

( ゚∀゚)「・・・・・・」

144 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:30:57 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「――――――ああ」

( ゚∀゚)「ある」

(((メ#゜ω゜)つ「うわぁああああ!!!!」ブンッ

( ゚∀゚)))「ふっ!」シュッ

145 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:31:40 ID:nvfrfWVc0

(((メ#゜ω゜))「ジョルジュうううう!!」

( ゚∀゚)))「ブーン・・・動揺して剣が」

((( ゚∀゚))つ「乱れているぜッッ!!」バギィッ!

(メ#; ω )))「がはッっ!!」

(メ#; ω )「ジョル・・・ジュ・・・」

(メ#; ω )「どうして・・・どうして!」

(メ#; ω )「くあああああッッ!!!」

146 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:34:27 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「この姿じゃやりにくいってか、ブーン」

( ゚∀゚)「なら、俺の本当の姿を見せてやるぜ」

( ゚∀゚)「お前の本当の力を引き出す為にな・・・」

((♯゚∀゚))「ぐぅンっ!!」ビギッ

((((♯゚∀゚)))「はああアッ」バキバキ

ジョルジュの肉体が、隆起し変化してゆく。

(メ#; ω )

147 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:35:10 ID:nvfrfWVc0

( ;^ω^)『はぁ・・・疲れたお。もう一歩も動けん・・・お』

( ゚∀゚)『こんぐらいで音を上げるとは基礎体力がなってねえな』

( ;^ω^)『いくらなんでも、組み手終わりからの腕立て800回は地獄すぎるお』

( ゚∀゚)『へへ。明日からどんどん増やしてくぜ』

( ;´ω`)『おー・・・』

148 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:35:53 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)『ブーン』

( ^ω^)『お?』

( ゚∀゚)『お前は・・・本気で竜王を討つつもりか?』

( ^ω^)『そりゃもちろんそうだお。そうじゃなかったら、
こんな血反吐はいて地獄の特訓なんてしやしねえお』

( ゚∀゚)『そーか』

( ^ω^)『魔物のいない、安らかな世界は、このアレフガルドの人間すべての願いだお』

( ^ω^)『・・・それに、友との誓いだお』

( ゚∀゚)『・・・ふぅン』

150 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:36:50 ID:nvfrfWVc0

( ;´ω`)『あー・・・腹減ったお。でも食糧を取りにいくほど元気が残ってないお・・・』

( ゚∀゚)『あんだよだらしねえな。じゃあ、あの鳥とって食おうぜ』

( ^ω^)『鳥?弓もないお』

( ゚∀゚)『いや石投げてぶつけて獲れるよ』

( ^ω^)『やっぱバケモンだお、お前!』

( ゚∀゚)『あんだとぉ。このヤロ!よし、もう一本組み手だ!』

( ;゜ω゜)『くぁwせdrftgyふじこlp;』

152 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:39:11 ID:nvfrfWVc0

「グルルルルルゥ・・・これが」

ミミ≧ ゚々゚彡「これが俺の、竜族としての本当の姿だ」

(メ#; ω )

153 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:40:01 ID:nvfrfWVc0

ミミ≧ ゚々゚彡「本気で・・・全力でかかってこい、ブーン。じゃねえと俺に勝つ事は無理だ」

ミミ≧ ゚々゚彡「その心乱れて、震えた剣じゃあな」

ミミ≧ ゚々゚彡「恨みっこなしとは言わねえ。だが全力を出し切らねえと――――――」

ミミ≧ ゚々゚彡「後悔するぜ」

「  グルォオオオオォォオオオォオオオオオオ!!!!  」

(メ#; ω )

155 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:42:19 ID:nvfrfWVc0

その咆哮は、ブーンの心に響いた。

重く、重く、重く。

ブーンの胸中にあらゆる感情がないまぜになり、一挙に流れ込む。

怒りも悲しみも、切なさも痛みすらも内包して。

157 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:43:45 ID:nvfrfWVc0

母と友の死を紡いだ仇でもある魔物。

自分に武を教えてくれた師匠。

この世界に暗黒をもたらす人間の敵。

ロトの勇者と並び、いつしか自分の目標ですらあった、ジョルジュ。

拳と友情を分かち合えた者と、これから始めねばならない。

どちらかが死に、どちらかが生き残る――――――

過酷な、生命のやり取りを。

159 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:45:09 ID:nvfrfWVc0

ミミ≧ ゚々゚彡「グゴォオオオォォオオ!!!!」ブォン!!

(((メ; ω )「くウッ」バッ

ドゴォンッ!!パラパラ

(メ;゜ω゜)「・・・・・・!」

瞬時避けたジョルジュの長い尾の攻撃は、幾本の石柱を軽々と砕く。
それをまともに身にもらえば、間違いなく一撃で戦闘不能になるだろう。

160 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:46:10 ID:nvfrfWVc0

ミミ≧ ゚々゚彡「ガァアアるアアアア!!!!」

((メ#^ω^)「・・・はっ!」ギャリッ

((メ#; ω ))))) 「ぐぅぅうううう!!」ズザザザッ

噛み砕こうとしてくる牙を剣撃で返すが、御しきれない。

ミミ≧ ゚々゚彡瓜 「ヴルロォアァアアッ」ヒュガッ!

((メ#゜ω゜))))「ッッぼがハアッ!!?」

前足の鋭い爪の攻撃を腹部に受けて、吹っ飛ぶ。

161 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:47:16 ID:nvfrfWVc0

ミミ≧ ゚々゚彡「ふうぅ――――――」

(メ;゜ω゜)「!!」

ジョルジュの口元の空気がゆらりと揺れる。

ミミ≧ ゚々゚彡「ゴハァアアアアァアアア!!!!」

炎熱の息吹が波のようにうねり放射される。

(メ;゜ω゜)「うおおおおおおおお!!」

ブーンはよたよたと走る、走る。しかし炎はブーンを追う。

石柱の影に身を隠し、熱から逃れようとする。
が――――――

162 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:48:08 ID:nvfrfWVc0

ミミミミ≧ ゚々゚彡「バオオオォオオオォッッ」ドゴガァッ!!

((((メ#゜ω゜)))「あがっぐあぁああッッ!!!」ドガァッ

石柱を体当たりで砕きながら、ジョルジュが突進してくる。

(メ# ω )「あ・・・ガほッ・・・ッ」

吐瀉物を吐き散らして横転しながら、距離をとり後方に逃げた。

163 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:49:01 ID:nvfrfWVc0

(メ# ω )(つ――――つよい)

(メ# ω )(これが魔物としての本来のジョルジュの力・・・)

(メ# ω )(ぐ・・・ あ・・・)

先の攻撃で、鉄で出来た鎧の一部が切り裂かれる。
内蔵を直に抉られこそしなかったものの、
凄まじい衝撃はブーンの体全体に水の波紋の如くダメージを残す。

しかし、痛みに打ちひしがれ、すぐには起き上がれない。

意識が、揺れる。

165 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:51:09 ID:nvfrfWVc0

(メ# ω )「うぐ・・・」

『ほれほれ、いつまで寝てんだ?』

(メ;゜ω゜)(はっ)

ミミ≧ ゚々゚彡「グゥオオアアアア!」ドスドス

『命のやり取りの実戦じゃあ、敵は待ってくれねえぜ。倒れたら、すぐ起きる』
『そして、すぐに周囲の状況を確認するんだ』

(メ; ω )「ハッ・・・!」

すぐに気をやり、突進してきたジョルジュの踏みつぶしを、躱す。

167 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:52:13 ID:nvfrfWVc0

『もし相手が自分よりも巨体なら、小手先の立ち回りの分はお前にある』
『近接の戦闘に持ち込まれた場合、相手の懐に飛び込んで、足で掻き回し隙をつくんだ』

(((メ#゜ω゜)「ふぅおおッッ!」ザンッ

ミミ≧ ゚々゚彡「グゥルルふふ・・・ッ」

ブーンは、ジョルジュの股の間を転がり通り抜ける。
その隙に、足腿を斬りつけてゆく。竜の鳴き声が響く。

そうして、背後をとる。

168 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:53:30 ID:nvfrfWVc0

『相手の先を取ったとしても、浮かれちゃならねえ』
『常にその状況に応じてどんな攻撃が飛び出してくるか、それをすぐに見極めろ』

(メ#゜ω゜)「うあああ!!」ドカッ

ブーンは、その長い尻尾に剣を突き立てる。
背後をとれば、尻尾の攻撃がくるからだ。
先制し、釘を打つ。

ミミ≧# ゚々゚彡 「ギャオオオオオオ!!」

そうしてまた距離をとる。

169 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:55:17 ID:nvfrfWVc0

(メ# ω )「はぁ・・・はっ・・・、はっ・・・!!」

いつも闘いのさなかに、ジョルジュの教えがあった。

心に息づいている彼の教えが、ブーンを死の窮地から救い出してきた。

そして、今も。

彼との修練にあけくれた日々があったからこそ、今ここで剣を振るう事ができる。

171 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:58:29 ID:nvfrfWVc0

(メ ω )「やられて・・・たまるかお」

(メ ω )「例え・・・相手がジョルジュであっても・・・」

(メ ω )「ブーンには・・・守ると誓ったものがあるんだお・・・!」

――――――――――――――――――

从 ゚∀从

――――――――――――――――――

(メ ω )「負けられないんだお・・・」

(メ ω )「負けられないお。 誰にも。 何にも! ジョルジュにも!!」

ミミ≧ ゚々゚彡

172 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 22:59:51 ID:nvfrfWVc0

(メ ω )「倒してみせるお、ジョルジュ」

(メ^ω^)「すべてのために。ここで君を――――――」

(メ^ω^)「超えてゆくお」

ミミ≧ ゚々゚彡「ふ・・・」

((((ミミ≧ ゚々゚彡))「グゥっ・・・!」バキバキ!

(メ^ω^)「!!」

173 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:01:24 ID:nvfrfWVc0

ジョルジュの体が、ばきばきと凝縮し、鱗が消え小さくなってゆく。

( ゚∀゚)

(メ^ω^)

174 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:02:21 ID:nvfrfWVc0

(メ^ω^)「・・・どうして人間の姿に戻ったんだお」

(メ^ω^)「動揺を誘うためかお。それとも」

( ゚∀゚)「いや・・・違う」

( ゚∀゚)「俺は武術を・・・拳法を人間に教わった」

( ゚∀゚)「自分の持てる力を、この“人”の身で練り上げてきた」

( ゚∀゚)「一番俺の全力を発揮出来る・・・
いわば、これが俺の真の “最終形態” なんだ」

(メ^ω^)「・・・・・・」

175 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:04:00 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「ブーン」

(メ^ω^)

( ゚∀゚)「いい面構えになったな」

(メ^ω^)

( ゚∀゚)「人間じゃねえ俺だが・・・理解はできる」

( ゚∀゚)「お前のその目に宿る、人間の強い“意志”って奴をよ」

(メ^ω^)

177 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:05:21 ID:nvfrfWVc0

( ゚∀゚)「さぁ」

( ゚∀゚)「最高の勝負をしようぜ――――――」

( ゚∀゚)「ブーン」

(メ#^ω^)「はぁッ!!」

ブーンは鋭い剣突きを放つ。

(♯゚∀゚)「せいあッッ!!」

ジョルジュはそれを紙一枚で躱す。
そして横から剣を腕の内側で弾き、逆突きで崩拳一撃。

178 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:06:19 ID:nvfrfWVc0

((((メ#^ω^)))「グッ!!」ドンッ!

しかしそれを察知していたかのように盾で弾いて押し返す。
どうん、と大きい音と衝撃。

(♯゚∀゚))「ぐっ・・・!?」ヨロ

(メ#^ω^)「ふっ・・・!!」

ジョルジュの体勢がよろけた。
間隙をついて、斜からの斬撃。

(♯゚∀゚)「ずあッ!!」

地を蹴り、躱そうとするが、剣はジョルジュの右肩をなで斬る。
表面を斬っただけだ。致命傷には至らず。

人のものとは違う、黒い血が散った。

179 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:08:02 ID:nvfrfWVc0

(♯゚∀゚)「ぐ・・・熱・・・!?」

(((メ#^ω^)「おおッッ!!」ヒュッ

もう一閃。剣の熱に気をとられた隙に、首もとを狙う。
それもすんでで躱される。
ジョルジュの頬肉を血で泣かせたのみ。

(((♯゚∀゚)「しゃあらあッッ!!」

ジョルジュの強烈な前蹴りが、ブーンの盾を弾いて飛ばす。

(メ;゜ω゜)「しまっ・・・

(♯゚∀゚)「けえええいりゃあああっ」

180 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:08:58 ID:nvfrfWVc0

ジョルジュの手刀が、ブーンの左腕を切り裂いた。

(メ;^ω^)「ぐっ・・・つッ」

(メ゚∀゚)「くっく・・・本気の俺の手刀は、岩をも切り裂く」

(メ゚∀゚)「なまじそこらのなまくら刀なんぞより、よっぽど切れるぜ」

(メ^ω^)「・・・」

(メ゚∀゚)「ふぅーー・・・・・・」

181 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:10:03 ID:nvfrfWVc0

間合いをとり、二人はゆっくりと弧を描きながら移動する。

(メ゚∀゚)

(メ^ω^)

あの頃は、いつもジョルジュの強さを見上げていた。

だが近い。今は、ジョルジュに限りなく近づいてきている。

182 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:10:51 ID:nvfrfWVc0

確かにブーンは、ジョルジュとの修行によって鍛え上げらた。

それは間違いない。

だが、本当に彼を戦士として円熟させていったもの――――――

(メ^ω^)

それは、あくなき “冒険” だった。

183 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:12:16 ID:nvfrfWVc0

荒涼の吹き荒ぶ突風が、ブーンを強くした。

超えてきた死線の数々が、ブーンを強くした。

旅の中で拾い集めてきた人々との誓いが、ブーンを強くした。

(メ^ω^)

己の力ひとつでくぐり抜けてきた孤独なる冒険があったからこそ、

ブーンの力量は今まさに、かつての師と比肩し得る程に成長を遂げたのだ。

184 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:13:37 ID:nvfrfWVc0

(メ゚∀゚)

(メ゚∀゚)「ブーン」

(メ゚∀゚)「お前を救い、闘いを教えた理由は・・・自分自身でもよく解らなかった」

(メ^ω^)

(メ゚∀゚)「俺がどう思っているにしろ、敵同士だ」

(メ゚∀゚)「お前に教えを乞われた瞬間から、なんであんなもん受けちまったのか・・・
今の今まで、ずっと考えてきた」

185 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:16:18 ID:nvfrfWVc0

(メ゚∀゚)「だがこうしてお前と凌ぎを削っていると、思うぜ」

(メ゚∀゚)「俺は求めていたのかもしれねえ」

(メ゚∀゚)「自分の最高の力をぶつけられる―――――」

(メ゚∀゚)「  最高の“好敵手”って奴をよ。  」

(メ^ω^)「ジョルジュ」

186 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:18:25 ID:nvfrfWVc0

(メ゚∀゚)「ブーン。お前がその冒険で培ったものの全てを・・・俺にぶつけてこい」

(メ゚∀゚)「どちらが勝つにせよ負けるにせよ・・・俺をただの敵の魔族として斬ってくれるな」

(メ゚∀゚)「武人(もののふ)として・・・誇りをかけて・・・尋常に、手合わせ願う」

(メ^ω^)「ジョルジュ」

(メ^ω^)「アンタはいつも・・・」

(メ^ω^)「ブーンの、目標だったお」

(メ゚∀゚)「くっく・・・」

187 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:19:50 ID:nvfrfWVc0

もはや恨みも悲しみも、敵同士の怨嗟すらもそこには無かった。

純粋に、力と力を。互いの血と誇りをぶつけ合う。

相手よりもほんの少しだけ、高みに到達するための。

武人達が――――――今、雌雄を決する。

一握の勝利を手にするのは一体、どちらか。

188 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:21:53 ID:nvfrfWVc0

(メ^ω^)

(メ゚∀゚)

(メ^ω^)

(メ゚∀゚)

(((メ#^ω^)「はぁッ!」

(((♯゚∀゚)「つぁおッ!!」

ブーンが仕掛けた。

一の太刀は空を斬る。

ジョルジュの掌底がブーンの盾を撃つ。

ブーンの二の太刀がジョルジュの脇腹をかすめ斬った。

ジョルジュの回し蹴りがブーンの横腹部に炸裂。

189 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:24:13 ID:nvfrfWVc0

((((メ#゜ω゜)))「ぐうぅッッ」

(((♯゚∀゚)「今!くぁありゃああッッッッ!!」

ジョルジュが、渾身の順蹴りを放つ。

その時。凄まじい揺れが起きた。地震か。いや。

何やらここでない場所で、途轍も無い力の衝突があったような。

凄まじい爆発音と揺れによって、ジョルジュの蹴りの軌道を正鵠からずらされる。

191 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:26:15 ID:nvfrfWVc0

(((メ;゚∀゚)))「くおッッ!?」

(メ#゜ω゜)「・・・今だお!!」

ブーンは、盾を構えて、体当たりをかました。
後方に吹っ飛ばされ、ジョルジュの体勢が崩れた。

そして、ブーンはなお追撃する。

(メ#゜ω゜)づ「おおおおッッ!」

(メ;゚∀゚)「く・・・!?」

刹那、ジョルジュの思考――――――

192 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:28:16 ID:nvfrfWVc0

(メ;゚∀゚)(しまった。虚ををつかれた)

(メ;゚∀゚)(俺の体勢がまともじゃねえ。この状態でどう迎撃する)

(メ;゚∀゚)(拳で迎え撃つか――――いや、奴を懐に迎え入れては)

(メ;゚∀゚)(今の奴の剣を、確実に捌ききれる自信はねえ)

(メ;゚∀゚)(・・・意表をついて喰らわせられる)

(メ;゚∀゚)(この人間状態でも使える・・・炎の息吹で!!)

((メ#゚∀゚),、゛;、;゛ 「  ゴバハァアアアアアア!!  」

(メ;゜ω゜)「!!ッッ」

(メ#゜ω゜)「っく――――――」

(メ#゜ω゜)「クオオオオオオオオおッッっ!!!!」

193 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:30:16 ID:nvfrfWVc0

ブーンは、炎を斬った。

いや、燃え盛る炎の息吹を、ブーンの炎の剣が吸収してゆく。

(メ;゚∀゚)「なにィッ!!?」

(メ#゜ω゜)「うおおおおおおおおおおあああああああああッッ」

炎を纏うその剣で――――――ブーンの太刀が、ジョルジュを芯に捉えた。

194 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:31:50 ID:nvfrfWVc0

195 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:38:32 ID:nvfrfWVc0

倒れる拳士の傍らに、剣士が立つ。

(メ゚∀゚)

(メ^ω^)

(メ゚∀゚)「やられたぜ、ブーン」

(メ゚∀゚)「あのとき竜の力に頼らねえで・・・拳で迎え撃っていれば・・・」

(メ゚∀゚)「俺の敗因は、最後の最後で、自分の拳を信じられなかった事・・・か」

(メ^ω^)

196 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:40:36 ID:nvfrfWVc0

(メ゚∀゚)「ブーン、強くなったなぁ」

(メ^ω^)

(メ^ω^)「ジョルジュのおかげで強くなれたお。ジョルジュのおかげで――――――」

(メ^ω^)「ブーンは、ジョルジュを超えられたんだお」

(メ^ω^)「ジョルジュ」

(メ^ω^)「ありがとうだお」

((メ゚∀゚))「へへ・・・へ」

(((メ゚∀゚))本望だぜ」パキパキ

ジョルジュの体が、本来の竜の姿へと変わってゆく。

199 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:47:08 ID:nvfrfWVc0

ミミ≧メ -々-彡「ぐ・・・ブーン・・・こいつを・・・もってけ」

(メ^ω^)「・・・・・・」

ジョルジュは、自分の黒光りする鱗を一枚剥いで渡した。

ミミ≧メ -々-彡「俺の鱗だ・・・なんでも人間様には・・・ご利益があるとかなんとか・・・へへ」

ミミ≧メ -々-彡「もってってくれよ」

ミミ≧メ -々-彡「俺とお前の・・・絆として・・・」

(メ^ω^)「ジョルジュ・・・」

201 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:50:23 ID:nvfrfWVc0

ミミ≧メ -々-彡「ブーン・・・頑張れよ・・・あの馬鹿野郎の目・・・覚まさして・・・やって・・・く・・・れ・・・」

ミミ≧メ -々-彡「お前に出会えて・・・俺は・・・」

ミミ≧メ -々-彡「・・・れ・・・は・・・・・・――――――」

(メ ω )

ミミ≧メ -々-彡

203 名前:名も無きAAのようです:2012/01/30(月) 23:54:31 ID:nvfrfWVc0

(メ ω )「ジョルジュ」

(メ ω )「君から・・・いろいろなものを受け継いだお」

(メ ω )「本当に――――――」

ミミ≧メ -々-彡

(メ ω )「ありがとうだお」

ブーンは、頬の血を拭う。

剣を立て、祈りを捧げた。

目の前の戦士に、敬意を表して。

204 名前:名も無きAAのようです:2012/01/31(火) 00:01:19 ID:tRwN00mg0

そして、進むべき道へ向き直る。切なさと誇りと、強さを抱いて。

自分たちの決別に、涙など要らない。

剣と拳で・・・語り合えたのだから。

目指すは竜王のもとへ。

そう、竜王のもとへ。

(メ ω )

竜王の、もとへ――――――!!

to be continued…!!

207 名前:名も無きAAのようです:2012/01/31(火) 00:06:20 ID:tRwN00mg0

( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV25

ほのおのつるぎ
まほうのよろい
みかがみのたて
りゅうのうろこ

今回登場した敵

( ゚∀゚):“ダースドラゴン” ジョルジュ。竜王直属の配下、四天王が一人。
ブーンの闘いの師でもある。竜の姿と、人の姿の二身を使い分ける。
拳法の武術に優れ、その拳はあらゆるものを打ち壊す。
技を教えたブーンとの闘いに破れ、永眠。誇り高き竜族の長であった。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。