第37話

405 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:03:14 ID:Adp3CZ6Y0

第37話

407 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:05:55 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)「おいで、ドクオ。遊んであげる」

川 ゚ -゚)「私を、楽しませてくれよ――――――」

川 ゚ -゚)《 くくく・・・・・・ 》ボボボボボボ

(‘A`;)「!?」

女性の周りに、幾つもの光り輝く炎の塊が浮かび上がる。

光は部屋の中を反射し、青白く染め上げる。

ドクオの蒼白の顔をも。

408 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:06:50 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A`;)(これは・・・ひとつひとつが別個のギラ・・・・・・!)

(‘A`;)(・・・・・・複数呪文同時発動・・・だと・・・!?)

川 ゚ -゚)「さぁドクオ。良い子だから――――」

川 ゚ -゚)「私を失望させないでくれよ」

川 ゚ -゚)《くらえ――――――》

炎熱の光弾が、流星のようにドクオに向かって弾け飛んでゆく。

410 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:08:19 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A`#)「ぐうぅっ・・・《ルーラ!!》

ドクオの体を光が包み、瞬発的に高速で横方へ飛ぶ。

熱弾はドクオに当たる事なく、その奥の壁を破壊する。
飛び上がったドクオは、移動した先の壁に叩き付けられた。

((( A #)))「!!ッッ・・・」ドカッ

川 ゚ -゚)「ほう・・・“ルーラ”を瞬間回避として利用するか。やるな」

(‘A`;)「は・・・ はァ・・・」

(‘A`;)《ギラ・・・

413 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:10:06 ID:Adp3CZ6Y0

((川 ゚川 ゚ -川 ゚ -゚) ゚ -゚))-゚)))

(゚A゚;)「!!」

突然、視界がぐにゃりと波のようにぶれる。

感覚が揺らぎ、強烈な倦怠感と、痛みにも近い程の眠気がドクオを襲う。

倒れ伏しそうになるが、すんでで堪えた。

414 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:11:04 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A ;)(ぐぅっ・・・!)

(‘A ;)(これは・・・“ラリホー”・・・!?)

半ば虚ろ、混濁した意識の中で必死に思考する。

まずい。
このまま正気が沈めば、確実に殺される。

よろけながら、走った。
一所に留まっていては危険だ。やみくもながらも、移動する。

((‘A`#)「くぅお・・・ おおッッ!」ジャキッ

咄嗟に、義手からナイフを切り出し、自分の腿を挿した。
足に奔(はし)る痛覚によって、瞬時ドクオの意識が現実に引き戻される。

415 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:12:12 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A`;)「は・・・」

我に帰る。

目に映るものは、青。
肌にひりつくは、熱。

(‘A`;))「!! ハッ!?」

すぐさま顔面を腕で庇い、体勢を変えローブで体を覆った。
丹に魔力を込め、覚悟を決めて備える。

ドクオは蒼炎に包まれ、風圧で後方に体ごと舞い上げられ、転がされた。

416 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:12:57 ID:Adp3CZ6Y0

((((#A ;)))))) 「ああああああッッ!!」バシュッ!!

衣をばたばたと振り払い、火を消す。

( A ;)「は・・・ぅ ッ」

川 ゚ -゚)「催眠から逃れたか。いい判断だ」

川 ゚ -゚)「もし糸ほども遅れをとれば、直撃し、あのまま火だるまだったろう」

(‘A ;)

417 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:14:34 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)「そして私の魔術を喰らってなお、消し炭にならないとは」

川 ゚ -゚)「有している魔力防壁が強靭な事の証明・・・ククク」

川 ゚ -゚)「そうでなくてはな。さすがあの王族の血の者だけはある」

川 ゚ -゚)「それでこそ・・・“取り入れる”価値がある。クックック・・・」

(‘A ;)「・・・・・・」

川 ゚ -゚)「お前の一族は、豊富な魔力と、類い稀なる呪文の技術を持っていたが為に、
我が魔軍に狙われた。反抗勢力としての脅威にならないようにな」

川 ゚ -゚)「その懸念は正しかったよ」

川 ゚ -゚)「中でもとりわけお前は・・・宝石のように優秀だ。美しくすらある」

(‘A ;)「だ・・・まれ・・・ッッ」

418 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:15:56 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)「だが、まだだ――――――」

川 ゚ -゚)「現段階では、私のほうが上のようだな」

川 ゚ -゚)「催眠効果など、個体の生理に影響を及ぼす魔法の類いは」

川 ゚ -゚)「使用する術者の格によって成功するかが決まる」

川 ゚ -゚)「やはりお前は、私には及ばない。私こそが、真の“魔導士”なのだ」

(‘A ;)「ふ・・・」

(‘A ;)「それはどうかな・・・」

ドクン

川 ゚ -゚)「虚勢か。哀れな・・・」

川 ゚ -゚)《ベギラマ――――――

419 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:17:01 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)「!?」

魔女の腕に纏われる魔力の光が分散してゆく。

川 ゚ -゚)「これは――――」

川; ゚ -゚)「魔封の呪文――――“マホトーン”・・・・・・!?」

(‘A`#)《 ・・・ベギラマ!! 》シュドゥッ

((((川;;;; – )))))))「・・・!!」ボボゥッ

ドクオの放つ炎が、魔女の純白を包み込む。

余波で周囲の空気が陽炎により揺らぐ。

422 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:18:30 ID:Adp3CZ6Y0

川# -゚)「く・・・・・・」シュウゥ…

魔女の纏う衣類の袖が焼かれ、白い肌の一部が露出した。

(‘A`)「・・・どうやら、そこまでの差があるってもんでも無さそうだな」

(‘A`)「とはいえ効果は一瞬しか保たなかったようだがな」

川  -゚)

川 ゚ -゚)「く・・・フフ」

川 ゚ -゚)「あははははははははははは!!!!おもしろい!!」

川 ゚ -゚)「そうでなくては!こうでなくてはな!!」

424 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:19:38 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)「良いぞドクオ!もっとだ!もっとお前の秘める力を見せてくれ!」

川 ゚ -゚)《ベギラマ!!――――――》

(‘A`#)《――――――ベギラマ!!》

(‘A`#)《くあああ・・・ッッ》バチバチ

川 ゚ -゚)) ズアッ

(‘A`;)「!?ッ」

川 ゚ -゚))「ふん!!」バキィ!!

( A#)「がハッ!?」

425 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:20:38 ID:Adp3CZ6Y0

魔力の衝突の光の狭間から、瞬時現れた。
杖で殴打され、吹っ飛ぶ。

華奢でありながら、まるで大型の獰猛な獣に殴られたかの衝撃。

川 ゚ -゚)《ギラ》

三((((( A#;)))))「うおおおッ・・・!!」バオォッ

ドクン

(‘Aメ;)「う・・・」

:(‘A`;):《ベホイミ!》ヒュウウ

川 ゚ -゚)「ふん・・・」

426 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:22:07 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A ;)《―――レミーラ!!》カッ

川 ゚ – )「・・・むっ」

呪文で刹那光を放射して、視界を奪う。

(‘A`)《ベギラマ!!》

川 ゚ -゚)「ふぅ――――――」

((((川 ゚ -゚)))))「 効かん。 」バシュウ!!

(‘A`;)「!?」

隙をついて放った魔法が、かき消された。

427 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:23:27 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A`;)(ば・・・ばかな・・・内在する魔法耐性のみで打ち消すだと・・・!?)

川 ゚ -゚)《ベギラマ》カッ

((((( A ;メ))))「がはァっっ・・・!!?」ドォン!!

ドクン

( A ;メ)(・・・馬鹿な・・・俺の魔術が)

( A ;メ)(ここまで簡単に・・・ あしらわれるなんて――――)

428 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:24:41 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)「どうした。そんなものか?もう終わりか、ドクオよ」

川 ゚ -゚)「せっかく私が力を与えてやったと言うのにな」

( A ;メ)「・・・・・・」

ドクン

川 ゚ -゚)「なかなかのものだが、やはりここまでか」

川 ゚ -゚)「これが人間の限界か」

川 ゚ -゚)「・・・・・・」

:川 ゚ -゚):「もういい・・・」 ズズズ・・

((( A ;メ)))「!! は・・・ぐ・・・!?」

429 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:25:59 ID:Adp3CZ6Y0

ドクオの体が、ゆるりと宙に浮いた。

体をギシギシと締め付ける様な圧迫感。

何かに潰されそうな感覚で、呼吸もままならない。

(((( A ;メ)))) (こ・・・れは・・・) ギシギシ

(((( A ;メ)))) (呪文じゃない・・・単純に質量を伴うほど凝縮された魔力――――) ギシバキ

(((( A ;メ)))) (溢れ出す濃密なエナジーの圧力のみで・・・!?) ギシ ギリ

(((( A ;メ)))) (な・・・なんて・・・ パワー・・・!!) バキビキ

ドクン――――――

430 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:28:13 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)「くっくっくく・・・」

川 ゚ -゚)「お前はこれまで、自分一人の力でそこまでの魔力を
発揮していると思っていたのだろうが・・・」

川 ゚ -゚)「それは、私が与えた魔力の片鱗を有しているからに過ぎない」

川 ゚ -゚)「この勝負を面白くするために、お前に植え付けた私の魔力をな」

((( A ;メ)))「が・・・! あぐ・・・!」ビシビシ

川 ゚ -゚)《そして・・・与えられた強過ぎる力の代償を》

川 ゚ -゚)《――――――支払わねばならない》

ド ク ン !!

431 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:28:59 ID:Adp3CZ6Y0

((( A ;メ)))「うあああぁああああああああああああぁ!!!」

ドクオの首もとの肉腫が腫れ上がり、
胸、肩、顔にまで浸食してゆく。

ツタが根を這うように。

川 ゚ -゚)《お前も薄々気付いていただろう》

川 ゚ -゚)《自分の魔力が、血肉が、少しずつ “魔” に変貌してゆくのをな・・・》

((( A ;メ)))「・・・ッ・・・!!」

432 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:30:26 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)《お前は、魔族になるのだドクオ》

川 ゚ -゚)《人間の記憶も肉体も・・・魂も失って》

川 ゚ -゚)《お前は優れた魔族になるだろう。その資質を充分に秘めている》

川 ゚ -゚)《お前ならば、四天王という地位につく事も可能の筈だ》

((( A ;メ)))「・・・ッ・・・!!」

川 ゚ -゚)《お前が魔族である私に恋情を抱くというなら、それもよかろう》

川 ゚ -゚)《私とて、お前のその魔の力の輝き・・・嫌いではない》

((( A ;メ))) 「や・・・めろ・・・ !!」

433 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:32:21 ID:Adp3CZ6Y0

川 ゚ -゚)《さぁ、ドクオ。人間としての自分の“殺す”のだ》

川 ゚ -゚)《共に歩もう――――――共に生きよう!》

川 ゚ -゚)《  我らが “眷属(けんぞく)” として、共に永遠を生きるのだ!!ドクオ!!  》グォオ

((( A ;メ))) (――――――・・・・・・)

意識が、薄れてゆく。

435 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:34:29 ID:Adp3CZ6Y0

俺が魔族に。

魔だと。くそったれ。

それもいいか。

確かに俺はいつも、 “魔” と共にあった。

脳が、肉が、心が。

魔に飲まれ、喰われてゆく。

落ちる。 堕ちる。

もう、何も考えられない――――――

437 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:36:02 ID:Adp3CZ6Y0

( A メ)

(゚、゚トソン

( A メ)

( ^ω^)

( A メ)

438 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:36:57 ID:Adp3CZ6Y0

(*゚∀゚)

439 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:37:43 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A メ)

いや

終われない

ここで終わるわけには   いかない

442 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:39:15 ID:Adp3CZ6Y0

((川 ゚ -゚))) 《!!?》 ビギッ

((( A メ))) 《・・・めだ・・・》

((( A メ))) 《 ・・・れは・・・ まだ・・・・・・ 》

((川; ゚ -゚))) (こいつ・・・この状態で、わたしの魔力を押し返して・・・!?)

(((‘A メ)))《俺には・・・帰るべき場所が・・ある・・・》

(((‘A メ))) 《あいつの・・・ために・・・》

(((‘A メ)))《人間の・・・・・・希望のもとへ――――――》

(((‘A#メ))) 《  約束の場所へ・・・! 俺は・・・ 帰る・・・!!  》

444 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:40:42 ID:Adp3CZ6Y0

((川; ゚ -゚))) 《くぅっっ・・・》

((川 ゚ -゚))) 《しゃらくさい!魔力を強めて、このまま暗黒へと突き落としてくれる!》

(((‘A メ))) 《お・・・ れは・・・今まで・・・3つの魔術を・・・研究・・・してきた・・・》

(((‘A メ))) 《一つは・・・自分の生命力を・・・魔力に還元する方法・・・》

(((‘A メ))) 《一つ・・・は・・・ここまで辿り着くため・・・移動する秘術・・・》

川 ゚ -゚) 《何をごちゃごちゃ言っている――――――》

(((‘A メ))) 《そして・・・3つ目は・・・》

(((‘A メ))) 《古代魔術を 復活させた・・・・・・》

(((‘A メ))) 《強大な敵を――――――討ち倒すための、力・・・!!》

445 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:42:12 ID:Adp3CZ6Y0

((( A メ))) 《ベ・・・ ギ・・・・・・!!》

(((‘A`#メ))) 《    ベ  ギ  ラ  ゴ  ン  ! ! ! !    》

ドクオの腕から、竜巻のような絶大の爆熱が放たれる。

((川#゚ -゚))) 《く・・・ ぬ・・・ッッ 》

((川#゚ -゚))) 《・・・・・・ぬううぅぅぅぅううううううううううん!!!!》

448 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:43:50 ID:Adp3CZ6Y0

炎は、龍牙の勢いで白魔女を飲み込む。

が、焼かれ尽きはしない。

同じく魔力の放出で、耐える。

阿修羅の如き力のぶつかり合いは、凄まじい衝撃を生んだ。
それは、この城全体を揺るがし――――――

ここで無い別の空間にまでも、大きな揺れを生じさせた。

450 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:45:13 ID:Adp3CZ6Y0

((川#゚ -゚))) 《くおおおぉ ぉぉおぉぉおおぉお おおお!!》

チリチリとその身が灼かれていく。

激烈の熱風の中、その白い髪が靡いて。

光の輝きに、純白がとけてゆく。

453 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:46:45 ID:Adp3CZ6Y0

((川#゚ -゚))) 《わ・・・ わたしが・・・ こんな程度で・・・!!》

(((‘A`#メ))) 《うおぉおおおおぉおあああああ!!!!》

((川#゚ -゚))) 《くぉ・・・ くおおお・・・・・・!!

(((‘A`#メ))) 《くおあぁあああぁあああああぁぁあああぁああああああああ!!!!》

((川#゚ -゚))) 《ぐあああぁああああああああぁああぁぁああああああああああ!!!!》

閃光が、白をすべて飲み込んだ。

454 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:47:37 ID:Adp3CZ6Y0

455 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:49:38 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A メ)

川メ - )

女性の白い長髪が、黒く染まってゆく。

やがて、美しい黒髪に変わった。

肌は火傷を帯びながらも、血色のいい肌へ。

瞳の凛とした青色は、依然そのままに。

457 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:50:35 ID:Adp3CZ6Y0

川メ - )

(‘A メ)

川メ - )「う・・・」

(‘A メ)

川メ - )「ドクオ・・ いるか・・・」

(‘A メ)

川メ - )「さすがだ・・・ ドクオ・・・ そして・・・許してほしい・・・」

川メ - )「お・・・まえに・・・“呪い”を与えた・・・こと・・・」

(‘A メ)

460 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:51:48 ID:Adp3CZ6Y0

川メ - )「わ・・・わたしも・・・ もとは 人間だった・・・」

川メ - )「お前の境遇と同じように・・・魔族に 国を滅ぼされ・・・」

(‘A メ)

川メ - )「だが・・・竜王は・・・わたしの一族のもつ高い魔力に目をつけた・・・」

(‘A メ)

川メ - )「・・・そして一番魔力の高いこのわたしが・・・選ばれた・・・」

(‘A メ)

川メ - )「魂を・・・“魔”に奪われたんだ・・・・・・」

(‘A メ)

461 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:53:26 ID:Adp3CZ6Y0

川メ - )「魔に侵されたとはいえ・・・ ひとびとの死をみるのは・・・つらかった」

(‘A メ)

川メ - )「だ・・・だが・・・こうしてわたしのいのちが失われようとしている今・・・」

(‘A メ)

川メ - )「どうやら竜王のまりょくも、このわたしを見限ったようだ・・・」

(‘A メ)

川メ - )「わたしは・・・ こころのどこかで、こうなることを・・・望んでいたのかもしれないな・・・」

(‘A メ)

川メ - )「かふっ・・・!  」

(‘A メ)

462 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:54:15 ID:Adp3CZ6Y0

川メ - )「ド・・・ドク オ・・・ こ・・・ここへ」

(‘A メ)「・・・」

少女の震える指が、ドクオの首元に触れた。
肉腫がとれて、尋常の肌へ戻っていった。

その首には、美しい装飾の首飾りだけが残る。

川メ - )「それは・・・ 本来、わたしの家系に代々伝わる・・・聖具・・・」

川メ - )「お前に・・・託す・・・ その秘められたまりょくが・・・
お・・・ おまえのたすけに・・・なるだろう・・・」

463 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:55:09 ID:Adp3CZ6Y0

川メ - )「ドクオ・・・ ほんとうに・・・ すまなかった・・・」

(‘A メ)

川メ - )「・・・・・・」

川メ - )「こ・・・ このへやのさきに・・・ りゅうおうが・・・ いる・・・」

川メ - )「・・・む・・・むしのいい・・・ はなしかも・・・ しれないが・・・」

川メ - )「せかいに・・・ 平和を・・・  りゅ りゅうおうを――――――」

464 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:56:35 ID:Adp3CZ6Y0

川メ; -;) 「   竜王を・・・・・・  たお・・・  して・・・・・・   」

(‘A メ)

465 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 22:57:40 ID:Adp3CZ6Y0

川メ - )

(‘A メ)

少女は、息絶えた。

ドクオはそっと、少女の綺麗なその目を閉じさせる。

名も知らぬ少女の、汚れなき深い青の瞳を。

467 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 23:04:27 ID:Adp3CZ6Y0

(メ ‘A)「 “ついで” じゃあ―――――― 」

(メ ‘A)「――――――なくなっちまったみたいだな」

ドクオは、灼け爛(ただ)れたローブを羽織り直し行く先の階段に向かう。

そして悲しみは決意に変わる。

首元の首飾りが揺れた。

ドクオの命をかけた、本当の――――――正義の為の “冒険” が、今始まる。

to be continued…!!

471 名前:名も無きAAのようです:2012/02/11(土) 23:08:08 ID:Adp3CZ6Y0

(‘A`)ドクオの今のステータス

LV25

こんぼう
くろのろーぶ
くーのくびかざり

今回登場した敵

川 ゚ -゚):“だいまどう” クー。竜王直属の配下、四天王が一人。
ドクオに呪いを植え付けた、因縁の魔導士。
圧倒的なまでの膨大な魔力を有し、多彩な呪文を操る。
もとは人間だったが、ドクオの手により、死の間際その呪縛から解放された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。