エピローグ

103:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:03:51 ID:wCxLOavU0

エピローグ

105:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:05:55 ID:wCxLOavU0

竜王に囚われし勇者モナーが、見事魔の手を振り切り、このラダトームに生還した。

( ´∀`)

その知らせを受け、国中すべての人間が集まり、彼を盛大に迎える。

空を仰ぎながら、竜王討伐を成し得たのかと、人々は問う。
勇者がそれに然りと答え、さらなる歓声と喝采が浴びせられた。

我が子を抱き、笑顔で勇者の偉大さを讃えるもの。

涙をとめず嗚咽しながら、地につきそうなほど頭を下げて、祈りを捧げるもの。

酒瓶を片手に、大声で唄いながら全身で喜びを表すもの。

皆それぞれが出来る、およそ最大限の表現をもって、
伝説の光の勇者の凱旋を歓迎した。

106:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:07:50 ID:wCxLOavU0

「ああ、神様!やっぱり、ロトの光の伝説は本当だったのだわ!」

「流石は我らがロトだ、新たな伝説がまたここに生まれたぞ!」

「貴方様のおかげで、平和がもどりました!」

「この世界の、すべての人々の恩人だ!王様もきっとお喜びでしょう!」

村人「勇者さま、竜王を倒したときの気分はどうでしたか!?」

( ´∀`)「あ、いや・・・たしかに、竜王を倒したのは私だけれど・・・」

村人「いや、最高だ!素晴らしい、素晴らしい!」

( ;´∀`)「ちょ、あの・・・・・・」

村人「ロトの勇者、万歳!!」

「「「「「「「「 万歳!! 」」」」」」」」

109:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:09:34 ID:wCxLOavU0

モナーは流されるように国民に見送られながら、ラダトームの王宮へと向かう。

城内では楽団が素晴らしい音楽を奏で、勇者を迎え入れる。

( ´W`)「おお、モナー!」

( ´W`)「よくぞやった・・・よくぞやってくれた!」

ξ゚⊿゚)ξ「モナー様・・・ご無事で何よりでございます」

( ´∀`)「ありがたきお言葉でございますモナ」

110:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:12:00 ID:wCxLOavU0

( ´W`)「あの竜王を討つとは、ううむ、ううむ!」

( ´∀`)「己の使命を果たしたまで・・・そして・・・」

( ´∀`):o:: 「これが、竜王から取り戻した、“光の玉”でございますモナ」

( ´W`)「おお・・・!」

( ´W`)「“闇の竜つばさ広げる時、ロトの血をひく者来たりて、闇を照らす光とならん”」

( ´W`)「全ては、古い言い伝えのままであった・・・!そなたこそ、真の勇者じゃ!」

( ´∀`)「・・・・・・いえ」

111:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:13:19 ID:wCxLOavU0

( ´∀`)「実は、竜王の最期に剣を与えたのは私ですが・・・・・・」

( ´∀`)「本当の功績者は、私ではありませんモナ」

( ´∀`)「私のまえに、竜王と戦っていた者達が、二人いたのです。
我が剣は、最後の一押しをしたまで・・・」

( ´W`)「ふぅむ・・・ なるほど・・・そうじゃったか・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」

( ´W`)「いやしかし、そなたが竜王を倒したと言うのは事実じゃろう。
そなたが偉大な功績を残した事には違いないものだ」

( ´W`)「民草も皆、“ロトの伝説”に酔いしれ、またそれを望んでおる」

( ´∀`)「はい・・・」

112:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:14:54 ID:wCxLOavU0

( ´W`)「そして、光のロトの勇者モナーよ」

( ´W`)「この世界に平和を取り戻したそなたこそ、この世界を治めるに相応しい者・・・」

( ´W`)「わしに代わって王位を継ぎ、この国を治めてくれはしまいか?」

( ´W`)「そなたなら、立派に人を導ける。ついてゆかぬ者など、誰一人としておるまい」

( ´W`)「そしてどうか・・・わが娘、ローラをもらってやってはくれまいか」

ξ゚⊿゚)ξ

( ´∀`)「身に余るほど光栄なお話。ですが・・・・・・」

( ´∀`)「もし私の治める国というものがあるとするならば・・・」

( ´∀`)「それは私自身で探したいのですモナ」

( ´∀`)「また、さすらいの旅にでも出ましょう。
そうして、自分の手で、見つけ出しますモナ」

114:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:18:05 ID:wCxLOavU0

( ´W`)「ふぅむ・・・どうしても駄目か?」

( ´∀`)「決意はかたくございますモナ」

( ´W`)「そうか・・・無理に引き止めるわけにもいかぬ」

( ´W`)「惜しいものだが、そなたがそう言うのであれば、何も言えぬ。
しかし、素晴らしき伝説のあった事を、きっと皆が忘れまい・・・」

( ´W`)「皆よ、笛を吹け、太鼓をならせ!」

( ´W`)「この若者の未来に、大きな祝福を与えん!」

( ´∀`)  ワ-ワ- パチパチパチパチ キャー

ξ゚⊿゚)ξ  ドンドン パパパパー パパパパッパパー

115:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:19:45 ID:wCxLOavU0

モナーは、ひとしきり歓迎の宴でもてはやされた後。

喧噪を離れ、一人城の屋上へと佇んでいた。

( ´∀`)

そうして、酒の杯を片手に、風に吹かれながら空を眺める。

116:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:22:10 ID:wCxLOavU0

( ´∀`)

ξ゚⊿゚)ξ「モナー様」

( ´∀`)「・・・おや。ローラ姫様」

ξ゚⊿゚)ξ「ここにおられたのですね。皆が、貴方を探しておりました」

( ´∀`)「はは・・・いや。あまり大仰にもてはやされるのは、性分でもありませんで・・・」

( ´∀`)「それにしても、よく私の居場所がわかりましたモナね」

ξ゚⊿゚)ξ「はい・・・なんとなく」

ξ゚⊿゚)ξ「ここにいるような気がして・・・」

117:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:23:20 ID:wCxLOavU0

モナーとローラ姫は、ともに空を仰いだ。

( ´∀`)

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「・・・モナー様」

( ´∀`)「はい」

ξ゚⊿゚)ξ「モナー様の前に、竜王と戦っていた二人とは・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「どのような者達だったのでしょうか・・・名前などは・・・」

119:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:24:50 ID:wCxLOavU0

( ´∀`)

( ´∀`)「一人は柔和な顔の体格のいい戦士・・・一人は痩せ形の黒衣の魔術師・・・」

ξ゚⊿゚)ξ(・・・・・・!)

( ´∀`)「残念ながら、彼等の名前を知る事は、叶わなかったモナ。けれど・・・」

( ´∀`)「彼らの死に際の顔は・・・なんというか・・・」

( ´∀`)「気高く・・・尊いものだったモナ」

ξ゚⊿゚)ξ

122:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:26:31 ID:wCxLOavU0

( ´∀`)

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「・・・モナー様」

( ´∀`)「はい」

ξ゚⊿゚)ξ「モナー様は、旅に出るのでございましょう。でしたらわたしを・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「わたしを、一緒に連れて行ってはくれませんか」

( ´∀`)「姫様を、旅に?」

ξ゚⊿゚)ξ「はい」

( ´∀`)「・・・魔の恐怖が無くなったとはいえ、旅路とは辛いものですモナ」

( ´∀`)「過酷なものでございます。それに、姫様は一国の王女・・・」

124:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:27:45 ID:wCxLOavU0

( ´∀`)「危険な冒険に、連れ出すわけには・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「旅なら、多少の心得はございますわ」

ξ゚⊿゚)ξ「ぜひ、お供しとうございます。連れて行ってくださいますわね?」

( ´∀`)「いえいえ・・・お父上も心配されますし・・・それに」

ξ゚⊿゚)ξ「ぜひ、お供しとうございます。連れて行ってくださいますわね?」

( ´∀`)「いや・・・でも・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「ぜひ、お供しとうございます。連れて行ってくださいますわね?」

( ;´∀`)「・・・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ

130:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:30:36 ID:wCxLOavU0

ξ゚⊿゚)ξ「モナー様・・・私は見たいのです。自分の目で、確かめたいのです」

ξ゚⊿゚)ξ「光に満ちあふれ、生まれかわった、このアレフガルドを・・・」

( ´∀`)「姫様・・・」

ξ゚⊿゚)ξ(ブーン・・・・・・)

ξ゚⊿゚)ξ(貴方が守り抜いた、広い世界の平和という美しさを・・・)

ξ゚⊿゚)ξ(感じたい)

ξ゚⊿゚)ξ(心から、味わってみたいの――――――)

( ´∀`)「・・・・・・」

132:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:31:59 ID:wCxLOavU0

かくして再び、このアレフガルドに平和の光が訪れる事になる。

そして伝説は紡がれる。

ロトの系譜である勇者モナーが竜王を討ち、この世界に光を取り戻した。

それは、紛れもない事実であり、彼の栄光は確かなものだった。

人々はその伝説を、畏敬と感謝を込めて語り継いでゆくであろう。

また、この世界に闇が訪れる時がくるのかもしれない。

例え仮染めの、束の間の平穏の日々だとしても。

今ここに生きる人々は、確かな安らぎの中で生きてゆけるのだ。

ロトの伝説と、ともに。

133:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:34:26 ID:wCxLOavU0

しかし、知っている。

134:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:35:17 ID:wCxLOavU0

爪゚∀゚) 「あー!極楽じゃ、極楽じゃ!」

爪゚ー゚) 「ふむ、これが温泉と言うものか。いいものだな」

爪゚A゚)「水があったけえ!ぬくい!」

爪゚ー゚)「こうして、賢者の三人が一堂に会する・・・いいものだな」

爪゚∀゚)「そうじゃのう・・・」

爪゚A゚)「ふえぇ・・・」

爪゚ー゚)「中々、気が合いそうだな・・・我々は」

爪゚A゚)「そうだのうお」

爪゚∀゚)「・・・のう。世界も平和になった事じゃし」

爪゚∀゚)「三人で、一緒に暮らさぬか?」

爪゚ー゚)「え?」

135:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:36:08 ID:wCxLOavU0

爪゚∀゚)「どうせ、三人とも身よりもなく孤独じゃろう。老い先も短い。
だから、一緒に寄り添って、仲良く暮らしてみんかね」

爪゚A゚)「おお、賛成・・・!定住するなら、このマイラがいいのう。温泉もあるし」

爪゚ー゚)「・・・ふふ」

爪゚ー゚)「それも、いいか」ニコリ

/ ,’ 3 「あー、ええ湯じゃのう・・・」

从’ー’从「あら、お爺さん方。湯加減どう?」

爪゚ー゚) 爪゚∀゚) 爪゚A゚) / ,’ 3 「「「「 最高!! 」」」」

136:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:37:26 ID:wCxLOavU0

この世界の、一部の人々は知っている。

138:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:38:50 ID:wCxLOavU0

(´・ω・`)「やぁ、この一杯はサービスだからまず飲んで落ち着いて欲しい・・・おや」

(´・ω・`)「君が来てくれるなんてね。
この店のレイアウトは、君のところを参考にさせてもらったよ」

(´・ω・`)「うん。本当に、始めてみてしまったよ」

(´・ω・`)「ちなみにこのお店、昼は病院、夜は酒場営業と分立制なんだ。
斬新だろう、ハハハ・・・」

(´・ω・`)「まぁね。大変だとは思う。でも・・・」

(´・ω・`)「これが僕の、“本当に”やりたい事だったからね」

(´・ω・`)「確かに英断だ。でも、後悔なんてしていないよ」

(´・ω・`)「平和にもなったしね。これも何かの機だと思ったんだ」

(´・ω・`)「うん・・・そうだな。それは・・・」

139:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:40:01 ID:wCxLOavU0

(´・ω・`)「僕に、“希望”を持つ事の素晴らしさを・・・・・・教えてくれた人間がいたんだ」

(´・ω・`)「人は、夢をみずには生きられないからね」

(´・ω・`)「それより、ここは酒場だ。話もいいけれど、お酒も飲んでみたらどうかな」

(´・ω・`)「一応、いいものはとり揃えてあるつもりだよ」

(´・ω・`)「さて、それじゃあ――――――」

(´・ω・`)「注文を聞こうか」

140:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:41:32 ID:wCxLOavU0

今、甘受するこの幸せが。

決して、ロトの勇者一人の手によって齎(もたら)されたものでは無いという事を。

142:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:43:27 ID:wCxLOavU0

( ´_ゝ`)「ほう。ここが、噂の宿屋か」

(´<_` )「何でも、素晴らしい按摩(あんま)のサービスつきとか」

(´<_` )「至高の癒しを味わえるとの事で、大絶賛を浴びているらしい」

(´<_` )「ほうぼうで有名になってる。観光客も多いそうだ」

( ´_ゝ`)「ここんとこかなり忙しかったからな・・・たまの慰安じゃー」

(´<_` )「そうだな・・・ところでアニジャ、炎の剣の銘なんだが・・・
あれ、今からでも変えたり出来ないかな?」

( ´_ゝ`)「よし、いくぞ!」

(´<_` )「無視すんなゴルァ」

146:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:44:36 ID:wCxLOavU0

( ´_ゝ`)「なるほどな・・・結構大きい家だのう」

(´<_` )「最近になって大幅に改築したらしいな。なんと主人は年端もいかぬ少女だとか」

( ´_ゝ`)「幼女!?」

(´<_` )「アニジャ、落ち着け。ま、早速入ってみよう」

l从・∀・ノ!リ人「楽しみなのじゃ!!」

( ´_ゝ`)「おお、イモジャ。ていうかいたんだ、そんなの」

(´<_` )「今更出てきても、もう出番ないからな」

l从・∀・ノ!リ人「ほんとはもっと早くでる予定だったのじゃ!忘られてたのじゃ!うわぁあん!」

150:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:46:40 ID:wCxLOavU0

そう、知っている。

自分達の安寧を、確かに守り抜いた人間達がいたという事を。

そして何の恐怖も存在しない、このアレフガルドで。平和の光のもとで。

それぞれの人生を、揚々と謳歌(おうか)していくのだ。

153:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:48:07 ID:wCxLOavU0

((*゚∀゚)っ 《ほっほっほいみ、ほいみっみぃー》ホワワ~

川*д川「ふわぁ~そこそこ、きもちいわぁ~・・・」

(  ゚∀゚ )「女将さん、客室の掃除おわりましたぁー」

(‘e’)「夕飯の食事の準備もできておりまーす」

(*゚∀゚)「ほいほい!」

(#゚;;-゚)「そうしたら、次はお客さんの衣類の洗濯をお願いね。溜まってるから」

(  ゚∀゚ )(‘e’) 「「うぃーっす」」

((*゚∀゚)っ《せっせ、うんしょ、ほいみほいみ》ホヨヨ

川*д川「あ~そこそこふぁ~、ぶるすこふぁ~・・・」

157:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:51:19 ID:wCxLOavU0

((*゚∀゚)っ(お師匠・・・ウチの宿屋も、こんなに繁盛するようになりました)

((*゚∀゚)っ(どんなに混んでも、お師匠の部屋だけは、いつでも空けておきます)

((*゚∀゚)っ(いつでも帰ってきて下さい。そしてまた僕に・・・)

((*゚∀゚)っ(“魔法”を、教えて下さい)

((*゚∀゚)っ(お師匠さま。いつでも、いつまでも)

((*゚∀゚)っ  「――――――まってます。」

川*д川「ほ、ほああ!ほああぁ~~~~っ!」ビクンビクン

160:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:53:12 ID:wCxLOavU0

これは・・・・・・歴史には記録されない、刻まれる事の無い――――――

勇敢に戦った、とある戦士達の物語。

161:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:54:31 ID:wCxLOavU0

ξ-⊿-)ξ

( ´∀`)(・・・・・・)

( ´∀`)(あのとき、私が彼処に辿り着く前に戦っていた、二人の戦士・・・)

( ´∀`)(彼らが竜王をあそこまで追いつめていなければ・・・
きっと竜王を討ち果たす事は出来なかったモナ)

( ´∀`)(彼らこそが真の英雄モナ。 彼らこそが、本当の――――――)

162:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:56:09 ID:wCxLOavU0

――――――“伝説の勇者”達だったんだモナ――――――。

163:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:56:59 ID:wCxLOavU0

164:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 22:57:50 ID:wCxLOavU0

(((((;=゚゚ω゚゚))))) 「ぃょょょょょよ~~~~う!!!!」

166:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:00:21 ID:wCxLOavU0

――――――ガライの街 『磯料理、タカオカ亭』

「ねえ、こっち酒2つ追加ーー」ワイワイ

「帆立のすり身と鰈の揚げ物!!」ガヤガヤ

「すいませんけど、ちょっと拭くもの下さい!」ガッチャーン

「タコと芋のスープに、海老のサンド頂戴~~」ワイガヤ

「おーい酒注いでくれーーー」ガヤワイ

(((;=゚ω゚)ノノ 「は、は、はいただいま~~~~っっ」バタバタ

((;=゚ω゚))「くわぁああ、なんなんだようこの忙しさはょぅ!」

((;=゚ω゚))「平和になったからって、みんなお酒飲み過ぎだょぅ!」

((;=゚ω゚))「多忙すぎて、目が回るょぅ!」

167:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:02:13 ID:wCxLOavU0

从;゚∀从「あーしんど・・・ ちょっと外いって、きゅーけいしてくるわ」

(((;=゚ω゚)))「ええ~~~ッ!? ハインさんがいなくなったら、誰が料理をつくるんですかょぅ!」

从;゚∀从「いーんだよ・・・ちょっとくらい待たしとけ」

从;゚∀从「それとも、お前つくってみるか」

(((;=゚ω゚)))「ぼぼぼ僕には無理ですょぅ!」

(((;=゚ω゚)))「っていうか、ハインさんのその体で、通常営業してること自体おかしいんですょぅ!!」

「ちょっと、こっちにお酒マダーーーー?!」チンチンドコドコ!!

(((((;=゚゚ω゚゚))))) 「ががががょょょょょょ

171:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:03:47 ID:wCxLOavU0

ハインは、店の裏口から外に出た。

从 ゚∀从「・・・ふぅ」

顔に伝う汗を、ぐっと拭った。

海が見える。

心地のいい潮風が吹き抜けて、彼女の柔らかな茶髪を靡かせてゆく。

穏やかな潮騒の中で、暖かな陽射しを帯びながら。

176:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:05:06 ID:wCxLOavU0

从 ゚∀从「あ、蹴った」

ハインはそっと、新たな生命を宿し、大きくふくらんだ腹を優しく撫でた。

その躍動に、思わず微笑ませられて。

从 ゚∀从 「はやくかえってこいよ」

从 ゚∀从 「ブーン」

179:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:06:40 ID:wCxLOavU0

从 ゚∀从

ハインは、空を見上げる。

彼女の美しい蒼い海のように澄んだ、その瞳に映るものもまた――――――

182:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:07:50 ID:wCxLOavU0

一点の汚れもない――――――どこまでも遠く澄みきった、紺碧の “青空” だった。

184:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:10:20 ID:wCxLOavU0

185:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:13:37 ID:wCxLOavU0

( ^ω^)ドラゴンクエストのようです(‘A`)

186:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:15:26 ID:wCxLOavU0

As a mark of respect for SQUARE ENIX and Dragon Quest.
(スクエアエニックス、そしてドラゴンクエストという偉大な作品に、敬意を評して)

( ^ω^)                (‘A`)

And, to all the readers concerned with this tale.
(……この物語に関わった、すべて読者に対しても)

187:名も無きAAのようです:2012/03/30(金) 23:16:43 ID:wCxLOavU0

 /\ー―、_                                        _/|>7~~>
<   >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、,―-、  ___           __ __ __ ,― ̄)/ ̄ _    / /
 \∠/ヽ ヽ~\ヽヽ D ) | _ |/|~ ┌__ll’ ̄’l「| |~| l’ ̄’l| || ||// /7__//~//\)/ /
   ヽ  ヽ ヽ ヽヽ、  ´、| || | | | (~l| .∩|| `’ | |∩|| ∥ || l二(_´ ̄)、ヽ///  |\/
    ヽ  ヽ ヽ_」 ヽ、 |~| || ” | | U || U || |.、 | |U|l、  || l二’,-:ニ/ / / メ,/   |
    ヽ/ヽ    _/ヽ | |__||__|~|__| `―-.^゙,ニフl.ニl、ロ b ∠、二’L_/(__/ | / /\|
    <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'   `―``―、__ノ|/   /      ヽ∠― ̄                                    \_/                 ( ^ω^)ドラゴンクエストのようです('A`)                         THE END......!!!! .